転職したいと思ったらどうする?慌てて退職する前にやりたいこと

転職したいと思うことは、社会人歴を重ねていれば誰でも一度や二度はあるものです。しかし、実際にその気持ちを実行に移す人とそうではない人がいて、それぞれにうまく行くケースや行かないケースがあります。転職したいと思ったら、その判断が正しいかどうかを考えてみましょう。

転職したいと思ったら

転職したいと思ったらまずは焦らずに自分の気持ちや現状を分析してみましょう。すぐに転職活動を始めたり、退職したりといった行動に出るのは失敗の原因になります。早く転職したいと思っていても、慎重に一歩ずつ進めることが大切です。

転職したい原因を振り返ろう

転職したくなるには、何かしらの原因があるものです。転職したいと思った原因や理由があいまいでは、目標もブレやすく転職がうまく進みません。まずは原因は何か振り返ってみましょう。これは実際に転職活動を始めるにあたって必要な自己分析にも使える大切なことです。

原因が転職で解消されるか分析しよう

転職したいと思った原因をはっきりさせたら、それが本当に転職によって解消されるのか考えてみます。転職すればすべてうまく行くような気分になることもありますが、冷静に考えてみると転職が解決策でないことも多いものです。転職で解決できないならそれ以外の解決手段を考えた方が良いでしょう。

また、転職で「しか」解消されないかどうかも検討が必要です。転職「以外にも」解決策がある場合には、まずそちらの策を試してみて、転職は最終手段にしましょう。一度会社を辞めたら戻るのは困難なので、優先的に転職を選ぶことはおすすめできません。

前職場では、どれだけ自分が大切にされていたか。

そんな有難い職場を仇で返すかのように退職し、本当に申し訳ない気持ちと後悔で一杯です。
今さら、後戻りもできず、ただただ現状に身を任せ、償いの気持ちと後悔の気持ちでいます。
でも、いつかまた戻り、これまでの愚行をやり直したいと思っています。

参照元:yahoo知恵袋

転職市場での自分の価値を理解しよう

転職したいと思っても、転職先がなければ希望を叶えることはできません。また、自分の需要がなければ希望する仕事に就くことは難しくなります。そのため、転職したいと思ったら、転職市場における自分の需要や転職先の有無などを見極めることも必要です。業種や職種によっては求人自体が少ないこともありますし、年齢で難しくなることもあります。

転職準備を始めよう

転職が必要であり、さらに希望する仕事に求人もあるという場合、転職の道を選ぶこととなりますが、すぐに転職活動をしてはいけません。まずは転職活動に向けた準備を行います。

実際に求人に応募したり面接を受けたりする前にやるべきことはたくさんあります。スキルや実績の棚卸、資格取得、転職サイトや転職エージェントの比較・登録など準備を整えてから活動をスタートすることで、より効率的に進められるでしょう。

転職したい原因別・転職で起こりえるリスク

検討

転職理由によっては転職しない選択肢の方が正解のこともあります。転職したくても、失敗するリスクが高い場合は踏みとどまることも必要です。転職で成功する理由とそうではない理由を見極めて、転職活動を始めるかどうか冷静に判断しましょう。

給料・待遇の問題

会社の経営状態や不当な評価によって待遇が悪い場合には、転職を考えても良さそうです。待遇に問題があるだけで仕事内容に不満がないのであれば、同業他社に経験者として応募できます。ただし、自分では給料が低いと思っていても、実際には適正ということもあるため、まずは同業他社の給料水準や待遇をチェックして比較してみましょう。

人間関係の問題

人間関係は転職したいと思う理由として多く見られますが、部署を変えるなど転職以外で解決できることも多いものです。部署を変えることが可能であれば、人事や上司に相談してみましょう。ただし、上司に不当な扱いを受けていて相談もできない、異動できる部署がない場合には転職を考えた方が良いかも知れません。

仕事内容の問題

仕事内容の不満はやる気を削ぎ、やりがいを失わせます。転職したい理由としても正当であり、この理由を昇華させることで前向きな転職理由として面接で話すこともできます。

ただし、他の職種への転職では給料が下がるリスクもあります。また、新人として年下の上司の指示に従うこともあるでしょう。自分のスキルや適性に合わない、やりがい第一で仕事したいなら、リスクも考えた上で転職しなければいけません。

給料など他の部分でやりがいを得ることで納得できるなら、あえてリスクを冒さず踏みとどまることも正解かも知れません。

転職したい企業と求人の傾向・自分のアドバンテージの有無

転職では、自分がどれだけ需要があるか、どこを狙えばスムーズに採用までこぎつけられるか考えることが必要です。特に転職したい業種や職種があるなら、その仕事の中途採用の求人の量や質を見極めることが必要です。求人数が少ないだけでなく、スキルや年齢でマイナス評価を受けることもあるので、自分のスペックと比較しながら求人傾向を確認してみましょう。

専門職なら30代まで・一般職なら中小企業狙いが有利

職種によっては年齢で需要が変わることもあります。専門職のプレイヤーになりたいなら一般的に30代までが有利な傾向です。全く未経験の職種に就こうという場合にはできるだけ若い方が有利で、30代から難しくなるとされています。プレーヤーにこだわる場合や未経験職種への転職では、どちらかと言えば若い方が有利です。

また、中小企業では一般職・事務系でも正社員雇用が期待できますが、大企業での一般職は契約社員などが多い傾向です。一般職で正社員にこだわるならば、中小企業を狙っていくと良いでしょう。

大手はライバル多め・中小企業はライバル少なめで実力主義

企業規模によって集まる人の数も違い、採用の厳しさや求められる能力が変わることがあります。大企業の求人は魅力を感じる人が多いため、ライバルも多く優秀な人が集まりやすい傾向です。

一方、ベンチャーやニッチな商品サービスの会社は知名度が低いため、若干ライバルも少なくなります。ただしベンチャーは実力主義な傾向が高く、スキルや実績を満たしていないと応募が難しい求人もあります。十分なスキルと経験がある人ならば業績の良いベンチャーで力試しをしてみるのも良さそうです。

業種による求人傾向の違い

業種によっては転職が一般的で求人も多いものとそうではないものがあります。IT、医療福祉、販売などは求人数も転職者も多めで、仕事を広い選択肢から選べそうです。反対に中途採用が少ないのは製造業となります。職種にもよりますが、未経験で製造業界に転職するのは厳しい傾向です。

・転職市場をチェックしたい人におすすめ

転職サイトは転職市場の傾向を反映しており、転職市場の流れをチェックするためにも使えます。特に大手で求人数の多いDODAなら、流れも読みやすそうです。
転職サイトDODAをチェックしてみる

「転職したいけど動けない」そんな時に考えたいこと

カレンダー

転職したいと思っても決断するのは難しく、なかなか行動に移せない人が多いものです。人生の一大事なので慎重に考えて対応することは必要ですが、悩んでいるだけでは前には進みません。まずは転職への自分の悩みや不安を冷静に分析してみましょう。

転職したいけどできない気がする

転職したいけど自信がない、スキルや資格、実績などが足りなさそうという時は、不足しているものを補う努力が必要です。時間をかけて働きながら資格取得やキャリア構築を目指すのも良いでしょう。中途採用は即戦力として活躍できるスキルがモノを言うため、自分に何ができるかを明確にしておく、役立つスキルを蓄積しておくことが重要となります。

転職はしたいけどしたいことがわからない

今の会社に不満や不安があって転職したいけれど本当にしたいことが分からないという人もいます。その場合には転職するかどうか以前に自分の資質や適性を知りたいものです。今の仕事で「やっていて楽しかったこと」「向いていると感じたこと」を書き出してみて、自分の適性を見つめ直してみましょう。

転職はしたいけどしたいことがない

転職してみたいと思う人は多いものです。近年では「転職でキャリアアップ」の流れが注目を浴び、転職がさらに魅力的に見えることもあるようです。しかし、転職には一定のリスクがつきものなので、したい仕事がないのに無理に転職する必要はありません

特にしたいことがあるわけではなく収入も安定している場合には、今の職場でやりがいを見つけてみても良いでしょう。また、会社の外に楽しみを見つけて仕事は収入の手段と割り切ることも一つの生き方です。目標なき転職は失敗しやすいので、流行に踊らされることなく自分にとっての転職の必要性を考えてみることが大切です。

・転職活動前に相談してみたい人におすすめ
転職に迷いや悩みがある人には、丁寧な対応で相談もしやすい転職エージェントで相談してみることをおすすめします。質の高い転職相談で自分の転職への思いを整理できそうです。また、自分では気づかない適性や強みの発掘にも役立ちます。
リクルートエージェントはこちらからチェック

転職したい時に必要な準備と計画

転職を決めたら、まずは十分に準備をして計画的に進めることが必要です。転職活動は準備が重要なポイントになり、準備不足で失敗することもあります。実際に動く前にやるべきことを紹介します。

転職スケジュールを立てる

まず最初にやりたいことは、転職のスケジュール作りです。大体2週間から1か月程度は準備期間に当て、転職活動でかけたい期間のトータルは大体3か月程度が目安となります。入社希望日から逆算して計画を立てておくことで、活動中に焦ることもだらけることもなく計画的に動けます。

自己分析とスキルの棚卸

自分のこれまでの実績を書き出し、見つめ直すことで向いている仕事やスキルを分析します。実績の中から自分が強く興味を持つものを抽出し、適性と向いている仕事を探ります。また、将来どうなりたいかを考え、そのためにはどんな転職を目指す必要があるか実現に向けた行動の方針を立てます。

転職先に求めることをまとめる

目指す転職のイメージが固まったら、転職先として求める現実的な条件を書き出してみます。譲れない条件と欲しいけれど譲っても良い条件といった具合に優先順位をつけて、実際の求人選びで絞り込みに使えるようにまとめましょう。「転職したい理由を解消する」と考えると条件を挙げやすくなります。

必要であれば資格取得や知識の習得を

資格取得を目指すのも転職準備の一つです。転職するのが未経験であれば特に、経験者でも必要に応じて能力や知識の証明として取っておくと有利です。独学が難しい人は資格の学校を利用して学習すると良いでしょう。働きながら通学するのは大変なので、通信講座がおすすめです。これも目標と計画を立てて実行し、学習が中途半端にならないようにしましょう。

・転職前に資格取得したい人におすすめ
キャリアカレッジはビジネス系資格を通信講座で学べる資格の学校です。豊富な講座の中から学びたいものを選べます。マナー講座やコミュニケーションスキルを磨く講座もあるため、面接対策などにも使えそうです。

キャリアカレッジはこちらからチェック

転職したいと思ったら論理的かつ計画的に動く

レジュメ

転職したいと思う人は多いけれど、実際に希望した結果が得られるとは限りません。転職したいと思ったら、まずは論理的に自分の気持ちを分析し、転職が必要ならば計画的に冷静に活動を進めていくことが必要です。転職にはリスクも伴うため、安易に気持ちのままに動くことはおすすめできません。転職したいと思っても思いとどまった方が良いケースもあります。