転職活動を成功させるために必要な準備とは

転職では準備期間の使い方によってその後の活動の進み方に差が出ることがあります。転職を始めようとしている人は準備の重要性を知り、準備の方法やポイントをチェックしておきましょう。準備不足ではうまく行くはずのものもうまく行かなくなる恐れがあるのです。

転職の準備期間って必要?

転職しようと思ったら、まずは何をしますか?いきなり企業に応募したり退職届を出したりする人はいないでしょうが、具体的に何をしたら良いか知らない人も多いようです。転職を考えたら、まずは準備が必要です。準備期間に転職活動中に必要となる情報を集めたり整理したり、転職計画を立てたりすることで、よりスムーズに転職活動が進められます。

転職活動の準備の目的

目的をはっきりさせ迷いを減らす

転職活動の目的を明確化にすることは、情報収集の前にやっておきたいことです。まずはこれから進むべき方向をはっきりさせておきましょう。目的がはっきりしていれば、転職先選びや職種選びで迷いにくくなります。

情報収集の手間を省く

実際に転職活動を始めてみると思いの他時間が無いことに気づきます。あらかじめ基本的な情報を集めておけば、忙しい中でも情報収集の手間を省けて効率良く活動できるでしょう。急にオファーが来た、面接日まで時間が無い、そんな時でも受けるか否かを素早く判断し、自信を持って面接に挑めます

自分の市場価値を高める

自分の市場価値を高めるためには、資格取得のように新たに価値を生み出すことと、今持っているものから価値のあるものを掘り出すことが必要です。特にすぐに転職したい人は時間をかけて資格を取ることはできないため、これまでのキャリアの中からスキルを抽出することで価値を高めます。

転職の準備はいつからいつまで?

砂時計

転職の準備は「転職しようかな」と思った時から始めます。準備期間は意外とやることが多いので、スケジュールに従って無駄なく動きましょう。準備期間とは概ね、実際に転職のための行動を起こすまでの期間となります。

転職の準備期間は1か月程度で終える

転職準備の期間は、あまり短いと準備不足になりますし、だからと言って長すぎると中だるみします。前もって準備期間はここまでと定め、それ以上長引かせないようにします。一般的には準備期間の長さは1か月程度です。長くても2か月以上かからないようにしましょう。

期間中に準備すること

準備期間中には、以下のことを行っておきます。

  • 転職目的と将来像の明確化
  • 転職活動のスケジュール
  • 自己分析(キャリア棚卸)
  • 企業の絞り込み
  • 情報収集

転職目的と将来像の設定と転職のスケジュール作りはまず最初に行っておき、その後の準備を滞らせないようにしましょう。

やっておきたい転職準備の手順を紹介

山積みの書類

転職準備で重要となる内容をフェーズごとに紹介します。並行していくつも行っても良いですが、必ずタスクを目で見てわかるようにし、確実に終わらせましょう。

転職の目的となりたい自分を考える

新しい転職先に妥協したり間違った方向に行ったりしないために、目的と自分の将来像を明らかにしておきましょう。転職を考えた原因や理由を深掘りして、不満があれば解消するための転職条件を、目指すものがあるならばそのためのステップや必要なポジションを具体化します。

たくさんある場合にはすべて書き出してみて、優先順位も付けておきましょう。目的達成のための条件に順位をつけておくことで自分の希望に合った企業を絞り込みやすくなります。

転職スケジュールを立てる

転職のスケジュールが曖昧だと、転職活動の期間が長期化する恐れがあります。いつ頃までに転職したいか大体の設定をしておき、入社予定から逆算してスケジュールを決めます。面接や退職交渉などは相手のあるものなので正確に計画を守ることはできませんが、目安の予定を立てることで動きやすくなります。

転職活動開始から大体3か月程度で入社を目指すのが妥当と言えそうです。それ以上長引くと応募先企業から不審に思われることもあります。ただし、働きながらの転職活動では現職の繁忙期は避けるのがルールです。

また、長引くのは希望と自分の能力などが合っていない可能性があるため、その時点で対策を見直す必要もあるでしょう。

自己分析とキャリアの棚卸

自己分析とキャリアの棚卸によって自分の持っているスキルや実績を明らかにし、適性を追究します。これまでの経験や身に着けたスキルとともに「何をしていると楽しいか」「何にやりがいを感じるか」を探ることで自分に合う仕事を知ることができるでしょう。知識や技術だけでなく協調性、ストレス耐性なども重要なスキルです。

また、自分だけで考えるのではなく第三者からの意見を求めるのもおすすめです。近親者や知人などから自分はどんな人間だと思われているか、尋ねてみましょう。

これは応募先企業や職種の絞り込みだけでなく、面接対策にも結び付く準備です。面接官の前で自分の持ち味や実績をコンパクトにまとめて答えるためにも役立ちます。

希望する企業や職種の絞り込み

自己分析をもとに希望する企業や職種を絞り込みます。具体的に面接対策や書類作成を行うためにも早くやっておくと安心です。まだこの時点では応募はしませんが、実際にどれくらいの求人があるか、正社員として働けるか、給料は十分かなどの調査のために求人情報をチェックしてみると良いでしょう。

・大手転職サイトで検索してみても

「マイナビ転職」は日本最大級とされ、常時約8,000件以上の転職・求人情報を掲載する転職サイトです。登録する前に求人検索できます。

マイナビ転職のサイトを見てみる

情報収集

希望の転職先のトレンドや人材のニーズを知ることで、自己分析によって見えてきた自分の適性とのすり合わせもできるようになります。企業とのマッチングにも生かせますし、面接対策にも役立ちます。希望する業種や企業の基礎知識として、扱う商品・製品ラインナップ、競合他社の情報など、揃えておきましょう。

また、刻一刻と状況は変化している社会において、常に情報の刷新も必要です。情報収集とともに情報を集められる手段も確保しておくことをおすすめします。例えば、利便性の高いニュースサイトやアプリ、ビジネス系のSNSグループなどを押さえておくと常に最新情報が手に入れられます。

準備不足で起こるリスクとは?

転職準備はいろいろとやることが多く、面倒に感じられるかも知れません。サッサと転職したい人は準備に時間をかけたくないと思うでしょう。しかし、転職準備をおざなりにすると次のステップで様々な弊害が出る可能性があります。

方向が定まらず希望とは違う転職先に

転職準備で目的を明確にせずに進めてしまうと、方向が定まらずに転職活動が迷走する可能性があります。優先順位や妥協しどころも分からず、企業選びで間違った選択をしてしまい、希望と違う転職先を選んでしまうことも考えられます。また、目的意識があいまいなので、転職活動の些細なつまずきで挫折してしまうかも知れません。

転職期間が長期化

スケジュールが決まっていないため、今何をしたら良いか分からず、ズルズルと活動を長期化させる恐れがあります。転職活動や無職の期間が長引くと企業からも敬遠されがちですし、転職サイトやエージェントのオファーなども減ってきます。

面接で上手くアピールできない

自己分析や情報収集が十分にできないと、面接でしどろもどろになる可能性があります。自分のスキルや経験をしっかりと棚卸できてないためにアピールにも自信が持てません。

すぐに転職しない人は長期スパンで準備を

今すぐではないけど、いつかは転職を・・・と考えている人には長期スパンで考えて、準備してほしいことがあります。働きながら準備を進めて、自分の進みたい道を目指します。

現状で全力を尽くす

今すぐに辞めたいわけではないという場合、転職を迷っているような人には、まずは現職の仕事をやり切ったと思えるくらいまで全力で取り組んでみることをおすすめします。今のポストや職場ですべきことや目指せる目標がなくなったら、次の道を転職で探しましょう。他人の目から見ても、何かをやり遂げた人は途中で挫折した人よりも魅力的に映るものです。「もう前の会社ではやることがない!」と胸を張って転職活動できたら、採用担当者からも「できる人材」と見てもらえそうです。

資格を取得する

すぐに転職しないけど希望はしているという場合には、転職先で使える資格の取得も考えてみましょう。次の職種が決まっている人はより専門的な資格を、決まっていない人は汎用性の高い資格を目指すと良さそうです。

時間がある人はスクールに入ったり通信講座を使ったりして集中して資格取得を目指してみるのもおすすめです。

・講座が充実のスクール

通学や通信で利用でき、就職や転職で使える資格の講座が充実しているスクールです。サイトからは会計・経営・労務関係、金融関係、パソコン関係など、ジャンルごとに資格が探せます。

資格の学校「TAC」の公式サイトを見てみる

転職準備を入念にして活動をスムーズに

スタートラインのビジネスマン

転職準備はその後に続く転職活動をよりスムーズに快適にするためのものです。時間をかけて行うことも大切ですが、かけ過ぎると中だるみします。適切な期間に絞り込んで行い、必要な情報や知識を揃えましょう。準備をするのとしないのでは一見何も変わらないように感じますが、怠ると活動中の重要な段階でミスする可能性もあります。