パートナーシップの意味とは?ビジネスで会社同士に使う?英語・使い方・例文をご紹介

パートナーシップとは「協力関係」のこと!

上司

今回はニュースにもよく登場するパートナーシップがテーマだよ。
パートナーシップって同性愛者の結婚のニュースとか、姉妹都市のニュースとかでよく耳にする言葉ですよね。ジャンルに統一感がなくて、いまいち意味がわからないんですよね~

新人

上司

新人君もちゃんとニュースに目を通しているみたいだね。感心感心。パートナーシップはビジネスでも使う用語だからしっかり勉強しようね。
「パートナーシップ」は「協力関係」という意味のカタカナ語です。ビジネスでは企業の枠を超えた協力が必要になることもありますよね。

「パートナーシップ」の意味や使い方などを身につけ、周囲に差をつけちゃいましょう!

パートナーシップの意味をチェック

まずは「パートナーシップ」がもつ言葉の意味をしっかり確認。意味がわかると言葉の使い方をイメージしやすくなりますよ。

パートナーシップの英語は「partnership」

「パートナーシップ」は英語表記すると「partnership」。「partner:仲間、夫婦」に接辞の「ship」をつけて名詞化した単語です。「partnership」には次のような意味があります。

partnership
【名】
・〔パートナー同士の〕結び付き、相互関係
〔仕事の上での〕協調、協力
・《法律》共同経営会社、合名会社
・〔集合的に〕共同経営者
MEMO
カタカナ語の「パートナーシップ」の意味は「協力」「共同」「組合」。「partnership」と似たようなニュアンスで使います。

ビジネス用語としての「パートナーシップ」

ビジネス用語としての「パートナーシップ」は一般的な「パートナーシップ」の意味で使われるだけでなく、「企業同士の協力関係」を意味する言葉としても使用されます。

英国や米国での「パートナーシップ」

英国や米国では個人や法人が複数集まり共同出資し、共同で事業を行っている組織のことを「パートナーシップ」と呼んでいます。

「パートナーシップ」は日本の合資会社や合名会社に似た形態の組織。出資者はパートナーになり、出資の範囲に応じた組織の所有権を得て、相応の責任も負います。

MEMO
合資会社:無限責任社員(会社に負債が発生した場合、負債がなくなるまで私財を投げ打ってでも負担する責任を持つ社員)と、有限責任社員(会社に負債が発生した場合、出資額の上限まで責任を負う社員)から成り立つ会社
合名会社:無限責任社員だけで成り立つ会社

[ビジネス版]]パートナーシップの例文

「パートナーシップ」の意味がわかったら、次は「パートナーシップ」の使い方を例文で勉強してみましょう。シチュエーションを想像しながら読んでみてください。

パートナーシップを結ぶ

例文

上司

CHEWY株式会社とパートナーシップを結ぶことが決まったよ!
やりましたね。これで、我が社の技術を生かした質の高い製品を、よりいいコストパフォーマンスでユーザーに提供できるようになります。

部下

パートナーシップを締結することを「パートナーシップを結ぶ」といいます。

パートナーシップ契約を締結

例文

スポーツメーカーの社長

CHEWY大学とオフィシャルパートナーシップ契約を締結しようと思うんだけど、どうかな。
CHEWY大学の全部活の部員と、OB・OGをはじめとする応援団が我が社の製品を使ってくれるわけですね。箱根駅伝とか六大学野球とかテレビで中継されますし、すごい宣伝効果ですよ!

広報課長

「パートナーシップを結ぶ」を少々堅苦しい言い方でいっているのが、「パートナーシップ契約を締結」です。

パートナーシップを強化

例文

上司

CHEWY株式会社とのパートナーシップを強化する必要があるな。
パートナーシップ強化のためになにが必要か、早急に検討します。

先輩

「パートナーシップを強化」は、パートナーシップ契約によって結ばれている提携関係を強めるという意味です。

シチュエーション別!パートナーシップの意味と使い方

「パートナーシップ」はビジネス以外のシチュエーションでも用いられることがあります。シチュエーション別の「パートナーシップ」の意味や使用法もあわせて学習し、使いこなせるようになりましょう。

恋愛・結婚・夫婦に関するパートナーシップ

恋愛・結婚・夫婦に関するパートナーシップは、パートナーになる2人が対等な立ち位置で2人が幸せになるために協力して築くものです。

義務感で協力するのではなく、パートナーの幸せが自分の幸せであると感じられることが大切。あくまでも、2人で幸せになるためのパートナーシップなので、自己犠牲の感情は排除する必要があります。

同性婚に関するパートナーシップ

日本では同性婚は認められていません。しかし、自治体によってはパートナーシップ制度というものが設けられているところもあります。

パートナーシップ制度はその自治体に住んでいて、住民登録があるカップルだけが申請できる制度で、証明書などをもらうことができます。ただ、引っ越した場合は適用されなくなるので、証明書も返さなければなりません。

パートナーシップ制度は法的根拠のある結婚制度ではありません。携帯会社の家族割など、一般企業のサービスを受けることができるメリットはありますが、戸籍上は他人のままです。

医療・看護に関するパートナーシップ

医療・看護分野でのパートナーシップは、医療者と患者が病気治療という共通目的に向かって協力しあうことを意味します。

パートナーシップは医療者と患者の信頼関係と、患者が自分で考え判断し、行動する主体的な医療参加によって強化されます。医療の質を高め、患者の安全を確保するためにはパートナーシップの強化が必要です。

パートナーシップの関連用語

パートナーシップは特殊な意味で使用されている関連用語がいくつかあります。どんな言葉がどのような意味で使われているのか、あわせて覚えてみましょう。

リミテッドパートナーシップ

リミテッドパートナーシップは金融用語です。日本語に訳すと「投資事業有限責任組合」となります。

「投資事業有限責任組合」は、主に税金がかからない地域(香港やシンガポール、ドバイ、マン島など)に設立された投資組合などのこと。株式会社よりも設立手続きがしやすく、税制上でも利点があります。

「投資事業有限責任組合」はゼネラルパートナー(無限責任組合員:全財産で債務を支払う責任を負う)が発起人。一般投資家としてリミテッドパートナー(有限責任組合員:出資金額に応じた責任を負い、利益の配当を受ける)が参加します。

ゼネラルパートナーシップ

ゼネラルパートナーシップは、ゼネラルパートナーが2名以上集まり組織された共同事業体のこと。アメリカで行われている事業の仕組みのひとつの形態。ゼネラルパートナーが出資金や労力を持ち寄り、共同で事業体を所有します。

パートナーシップという用語を理解しておこう!

「協力関係」を意味する「パートナーシップ」はビジネスでもプライベートでも、重要な事柄。「パートナーシップ」は互いに幸せになるためのものです。勝ち負け、損得にばかりこだわった殺伐とした関係では、幸せという言葉からは縁遠くなってしまいますよね。

パートナシップという用語の本質的な意味をしっかり理解し、正しく使いこなせるようになりましょう。