三者三様とは?十人十色との違いは?詳しい意味や類語、英語表現からアニメまで徹底解説!

三者三様は「それぞれ違う」!

新人

部長、先輩、僕、3人とも違う人間なので物事ひとつとっても捉え方は異なるんです
それを三者三様というんだけれど…

先輩

上司

会議の内容が理解できなかった言い訳にしないでほしいな…
“三者三様(さんしゃさんよう)”という言葉を聞いたことはあるでしょうか。アニメや漫画好きの方であれば『三者三葉』を思い浮かべるかもしれませんが、今回は慣用句の“三者三様”について詳しく解説。

“三者三様”は冒頭の会話にもあるように、3人いれば、それぞれ考え方、やり方、行動、性格、特徴などに違いが表れることを意味します。作品の『三者三葉』にも触れているのでお楽しみに。

三者三様の意味

「三者」は3人または3つの物事を意味し、「三様」は3つの様子や状態などを意味します。人だけではなく、商品や案など物事にも使用できることがポイント。「三者三様に特色のある商品」「三者三様に魅力的な案」などというように使えます。

三人三様との違い

似た言葉に「三人三様(さんにんさんよう)」があります。“三者三様”と「三人三様」は微妙に違うという説(三人三様は人に対してだけ等)もありますが、日常で使うのであれば、同じ意味として好きな方を使っていいでしょう。

2人や4人の場合は使えないの?

「二者二様」や「四者四様」という言葉はありませんよね。“三者三様”は3人や3つ以外の場合は使えないのでしょうか。3人・3つ以外の場合には使えないという説もありますが、基本的に3人・3つ前後であれば柔軟に使ってOK

数が10や100など増えた場合は後述する他の言い回しを使ってください。

三者三様の類語

“三者三様”の意味がわかったところで、“三者三様”の類語も見ていきましょう。

・十人十色
・百人百様
・千差万別

十人十色

「十人十色(じゅうにんといろ)」。「十色」は10通りの考え方や好みなどを表しています。“三者三様”の10人バージョンと考えていいでしょう。人以外にはあまり使わないかも。

百人百様

あまり聞き覚えがないかもしれませんが、「百人百様(ひゃくにんひゃくよう)」という言葉もあります。“三者三様”の100人規模バージョン。「十人十色」と同様、人にのみ使われます。

千差万別

「千差万別(せんさばんべつ)」は、違いや種類などが非常に多いことを意味する言葉。人だけではなく、物事に対しても使用できます。

三者三様の英語表現

“三者三様”は英語ではどのように表現するのでしょうか。直訳すると「each of the three being different from the other two」や「each of the three having his (her) own way」ということができます。

もっとスマートにいいたいのであれば、「No snowflakes fall in the same spot(雪片は同じ場所に降ることはない)」がおすすめ。数えきれない雪片が空から降ったとしても、まったく同じ場所には落ちないように、人もそれぞれ違うことを意味しています。また、シンプルに「everyone is different(みんな異なる)」でもOK。

三者三様の関連語

“三者三様”の関連語もチェック。

三者三葉

『三者三葉(さんしゃさんよう)』は3人の女子高生を中心にした4コマ漫画作品。アニメ化もされました。まさに“三者三様”に3人の性格が違うことに加え、それぞれ名前に「葉」の字が入っていることがタイトルの由来です。ちなみに英語版のタイトルは『Three Leaves, Three Colors』。

三者三様の使い方例文

慣用句である“三者三様”はどのように会話の中で使うのでしょうか。使い方例文をいくつか見ていきましょう。

例文①
我々は三者三様、性格も考え方も違うが、チームワークは抜群だ
例文②
三者三様に優れたプレゼン内容だったが、その中から採用案を選ぶ
例文③
アニメ『三者三葉』は三者三様、性格の違うキャラクターたちも魅力的だけど、OP曲がまたよくてねぇ

 

三者三様を忘れずに

“三者三様”はそれぞれ個性的で異なる人や物事に対して使用されます。仕事において考え方や方針の違いから、対立してしまうこともあるでしょう。そんなときは、「人は三者三様異なる」ということを思い出すと解決策が見えてくるかも。会社の規模によっては、「十人十色」や「百人百様」かもしれませんが。