「ご芳志」とは?読み方や意味を解説!歓送迎会や葬儀での使い方も紹介

「ご芳志」とは他人がくれたお金を指す言葉

部下1

今日は課長によるご芳志での歓迎会となりま~す。皆さんありがたくいただきましょう!
今日はみんな遠慮なく楽しんで良いからね。

課長

部下2

やったー!課長、ごちそうになります!

「ご芳志」は”相手の親切な心遣いや気持ちを敬った表現”と”金銭”のふたつの意味をもつ言葉ですが、ビジネスシーンにおいては「目上の人から提供された金銭」を指す言葉として使われます。

例えばビジネスシーンでおこなわれる歓送迎会や新年会で提供されるお金、葬儀の参列者からの香典を「ご芳志」と言い換えることができます。

「ご芳志」には類語が存在しするため、事前に確認しておきましょう。

「ご芳志」の類語(言い換え表現)
・ご厚志
・寸志
・ご芳情/ご芳心

「ご芳志」の読み方と意味

「ご芳志」は「ごほうし」と読みます。「芳志」に接頭語「ご」をくわえた言葉が今回ご紹介する「ご芳志」となります。

「ご芳志」は上司や主賓から提供された「お金」を意味する言葉ですが、「芳志」のみの場合、相手の親切な心遣いや気持ちを敬った言葉との意味をもちます。

ビジネスシーンにおける「ご芳志」の使い方と例文

ビジネスシーンですぐに使える「ご芳志」の使い方を例文とともにチェックしていきましょう。

「ご芳志」に対するお礼の言葉・メールの書き方

新社会人の場合は歓送迎会など、早い時期で「ご芳志」を使用する機会が出てくると予想されます。ビジネスシーンで目上の人から「ご芳志」をいただいた場合、失礼にならないよう、しっかりとお礼をしなくてはいけません。

口頭でお礼を述べる場合
本日はご芳志 を賜り、誠にありがとうございます。
メールでお礼を述べる場合
先日はご芳志 を頂戴したことを、重ねてお礼申し上げます。

相手から受けた「ご芳志」に感謝し、お礼を伝えることが大切です。目上の相手との関係性に合わせて敬語を使い分け、しっかりと気持ちを伝えましょう。

飲み会では「ご芳志」を紹介することがマナー

歓送迎会や新年会などの飲み会の席では、費用を負担してくれた人へ感謝の気持ちを表すため、「ご芳志」は紹介することがマナーとなっています。

大勢の前で会の挨拶をする場合は「ご芳志」を提供してくれた人の名前を出してお礼しましょう。

【注意点】「ご芳志」を紹介する際は具体的な金額は言わないこと!

注意点として「ご芳志」を紹介する際は具体的な金額を言わないことがマナーです。あくまで「ご芳志」とは相手からの無償の厚意であるため、具体的な金額を出すのは無粋です。絶対に避けましょう。

また、「ご芳志」を皆に紹介するタイミングは”会の前”に行なうのがベストです。誰かの「ご芳志」のおかげで会が開けることを全員に伝えましょう。

例文1
本日の会は部長のご芳志 によって開かれます。この場をお借りしてご報告させていただきます。部長、ありがとうございました。
例文2
会を開く前に一言。 〇〇様からのご芳志 を皆さまに披露させていただきます。〇〇様、ありがとうございました。

葬儀における「ご芳志」の使い方と例文

“死者の霊前にそなえる香に代わる金銭”という意味をもっている香典。「ご芳志」は”他人からの金銭”を意味する香典に代わる言葉としても使用できます。

ご芳志(香典)をくれた人に対するお礼

香典を「ご芳志」に言い換えたお礼の例文を確認してください。

例文1
ご芳志 を賜り、誠にありがたく存じます。
例文2
このたびの葬儀に関しましては、ご芳志 を頂戴しましたこと、厚くお礼申し上げます。

「ご芳志」の類語と使い分け

「ご芳志」は”相手からの厚意”であるため、別の”厚意”や受け取ったものに言い換えて表現できます。ここでは「ご芳志」の類語と使い分けをご紹介します。

「ご厚志」

「ご厚志(こうし)」は「ご芳志」と同じで“目上の人から渡されたお金”を指す言葉です。親切心や心遣いを表す「厚意」のお金を「ご厚志」と表現しています。

「ご芳志」と同じようにふたつの意味をもち、一般的には気遣いや思いやり、ビジネスシーンでは”目上の人からのお金”のこと指します。

例文1
このたびはご厚志を賜り、誠にありがとうございます。
例文2
本日の宴会は〇〇様からのご厚志によるものです。

※「ご厚志」をもっとよく知りたい人はこちらの記事がおすすめです!↓↓
「ご厚志」の意味とは?お礼の言葉・メール例文を紹介!飲み会や葬儀における使い方も解説

「寸志」

相手からの心遣いを「ご芳志/ご厚志」と表現するのに対し、「寸志(すんし)」は”相手に渡す金銭を指す言葉”です。「寸志」の類語に【心ばかり】があるため、へりくだった表現方法として使えます。

「ご芳志/ご厚志」と「寸志」は、気持ちを表す「志(こころざし)」のことですが、目上の人からの贈り物を「寸志」と表現するのはとても失礼にあたります。

「寸志」として贈られたときは、相手の気持ちに敬意を込めて「ご芳志」や「ご厚志」を使ってお礼をするのがマナーです。また、メールなどで贈り物をするときは「寸志」を「心ばかりの品」に言い換えるのが適切です。

例文1
(寸志に対し)このたびは○○様のご芳志を頂戴しましたこと、心より感謝いたします。
例文2
心ばかりの品(寸志)になりますが、どうぞお納めください。

相手に金銭や物品を送る際には”懐に納めてください”という意味で「お納めください」というフレーズで締めるのもよいでしょう。

※「お納めください」をもっとよく知りたい人はこちらの記事がおすすめです!↓↓
「お納めください」とは?読み方・メールでの使い方や返し方・類語・英語・「お納めくださいませ」の意味まで徹底解説!

「ご芳情/ご芳心」

「ご芳情/ご芳心」は、ビジネスシーンにおいて”金銭”の意味として使われる「ご芳志」とはニュアンスが異なりますが、“思いやり”や”気遣い”といった「気持ち」そのものを指す言葉として言い換えることが可能です。

例文
ご芳情(ご芳心)を賜り、深く感謝申し上げます。

「ご芳志」の使い方を身につけよう!

ビジネスシーンでは上司や取引先、主賓などから「ご芳志」を受ける機会が多くなります。相手にしっかりとお礼できるよう、「ご芳志」の使い方を身につけましょう!