ソフトウェアとは?ハードウェアとの違いって?種類・具体例や勘定科目まで徹底ガイド

ソフトウェアは、パソコンのプログラムのこと!

新人

ソフトウェアって、分かってるようで意味があやふやなんですよね…

ソフトウェアはプログラムのこと。パソコンがあって初めて目に見える情報やデータの集まりね。

先輩

新人

なるほど!ゲームソフトもゲーム機本体があって初めて遊べますもんね!

機械に疎い人は、新人クンのように意味が曖昧なパソコン用語がたくさんあるのではないでしょうか。ソフトウェアとは、プログラムのこと。「それぞれのゲームのプログラムが入っている、ゲーム機本体にさすソフト」をイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

ソフトウェアの意味をチェック

ソフトウェアは、今やプログラミング用語でもなんでもなく、パソコンがある場面ではどこでも聞く言葉です。詳しい意味を理解しておきましょう。

ソフトウェアとは?

ソフトウェアとは、プログラムデータのまとまり。プログラミング言語で記述したものを、コンピューター本体で使えるように変換するものやそのまま使用できるデータとしてプログラミングします。ただ単にソフトと呼ぶこともあります。

ソフトウェアの英語

ソフトウェアの英語は「software」。元は電子計算機やビデオなど特定の機材のプログラムに対して主に使用される言葉でした。コンピュータ関係でも、プログラムと並んでソフトウェアという人も多くいます。

ソフトウェアの使い方・例文

ソフトウェアはIT業界だけでなく、すべての業界または日常的にも使われる言葉です

例文1

「新たなソフトウェアの開発により、危機を乗り越えた。」

例文2

ソフトウェアはコンピュータだけでなく、家電や車、さまざまなところに搭載されています。」

例文3

説明書「こちらのソフトウェアをまず起動してください。」

機械オンチさん「パソコンに入れたらいいんかな?」

説明書「プログラムが正常に動作しませんでした。」

機械オンチさん「なんでやねん!パソコン叩いたら直るかいな?」

ソフトウェアとハードウェアの違い

ソフトウェアと対義語的に使用される「ハードウェア」。どんな違いがあるのでしょうか。ハードウェアとは、パソコン本体やキーボードなど、目に見える機器を指します。

ソフトウェアが目に見えないプログラムやデータ情報のまとまりであるのに対し、ハードウェアは目に見えるものです

ソフトウェアはプログラム(=目に見えない)、ハードウェアはパソコンやキーボードなど(=目に見える)と考えるとわかりやすいですね。

ソフトウェアの種類・具体例を解説

ソフトウェアにはいくつかの種類があります。それぞれ具体例とともにご紹介していきます。

アプリケーションソフトウェア

アプリケーションソフトウェアとは、コンピュータ上で作業したい機能を、直接的に実現するソフトウェア。パソコンでの作業のために購入し、インストールするタイプがほとんどです。

アプリケーションソフトウェアの例

文書作成ソフト、表計算ソフト、会計ソフト、メールソフト、画像編集ソフト、データベースソフト、プレゼンテーションソフト、ゲームソフト、音楽ソフトなど

オペレーティングシステム(OS)

オペレーティングシステムは、アプリケーションソフトに動作環境を提供するソフトウェア。コンピュータの基本的なコントロールを行うものです。

代表的なOS

マイクロソフトのWindows、アップルのMacOSなど

ミドルウェア

オペレーティングシステム上で動作し、アプリケーションソフトに対して具体的な機能を提供するソフトウェア。OSとアプリケーションソフトの中間的な性格を持ち、データベース管理やサーバ管理などに役立ちます。

代表的なミドルウェア

データベース管理システム、Webサーバ、アプリケーションサーバなど

事業用に購入したソフトウェアの勘定科目や耐用年数

自営業の人や会社の経理を任されている人は、「ソフトウェア」をどのように複式簿記に記載すれば良いか悩むことはないでしょうか。ソフトウェアの会計的処理は取得時の金額によります

勘定科目は「消耗品費」でOK

金額が10万円以下の場合、勘定科目は「消耗品費」です。会計ソフトやデータ管理ソフトなど、ほとんどのソフトウェアがこれに当たるでしょう。

10万円を超えたら資産計上・減価償却すべき?

10万円以上の場合には、形がないものでありながら経年により価値が下がる「無形固定資産」として資産計上し、減価償却します

10万円以下なら「消耗品」、10万円以上なら「無形固定資産」で減価償却ね

先輩

ソフトウェアの類語・関連用語

ソフトウェアはコンピュータ用語であるために、類語や関連語が非常に多く存在します。会話の中で出てきても困らないようにチェックしておきましょう。

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアとは、ソフトウェアの設計やプログラミングを行う技術者のこと。IT上の知識だけではなく、コンピュータ本体や電子製品まで幅広い知識が必要です。そのため、平均年収は30代で約440~650万円とエンジニアの中でも高水準です。

ソフトウェアアーキテクチャ

ソフトウェアアーキテクチャとは、ソフトウェア構築スタイル、ソフトウェア構築方式を指す用語。ソフトウェア開発に際し、その開発環境や将来予測される環境の変化を設計時に加味することが目的です。

ソフトウェアアップデート

ソフトウェアアップデートとは、ソフトウェアを最新の状態に更新すること。プログラムを更新することでサイバー攻撃を受けにくくしたり、動作エラーを解消したりできます。

ソフトウェアインターフェイス

ソフトウェアインターフェースとは、情報や信号、データなどをハードウェアとつなぐルールや規格、装置のこと。パソコンのインターフェースといえば、パソコン周辺機器やUSBメモリです。

ソフトウェアデザイン

ソフトウェア デザインとは、技術評論社から出版されている月刊誌。主にパソコンやPCサーバに用いられるソフトウェアの新技術情報や新商品情報を扱います。

アプリケーション

アプリケーションとは、ソフトウェアとほぼ同義ですが、特にスマートフォンやタブレット端末において使われる用語。OS上にインストールして利用するソフトウェア全般のことを指します。

ガジェット

ガジェットとは、便利な小道具のこと。小型の道具だけでなく、パソコンやスマホに入れておくアプリケーションも含まれます。
ガジェットとは何?基本の意味からスマホやパソコンで活用したい便利アイテムまでチェック

ソフトウェアの知識を深めて株を上げよう!

ソフトウェアはコンピュータ関連の会社だけでなく、どんなビジネスマンでも知っておきたい言葉です。ソフトウェアに詳しければ、職場で頼られることも多いので、深く知っておくと良いですね