泰然自若とはどんな意味?座右の銘にも使える?使い方例文、類語、対義語、英語も解説!

泰然自若とはどんな言葉?

新人

泰然自若?なんですかそれ?
泰然と自若っていう言葉があってね・・・。

上司

新人

すみません。泰然と自若も初耳です。

泰然自若は「泰然」「自若」という2つの言葉を組み合わせて作られた四字熟語

しかし「泰然」も「自若」も若い人はあまり使わない言葉なので、字面をみても泰然自若の意味を予想できないという人は多いですよね。

泰然自若について学び、社会人として恥ずかしくない国語力を身につけましょう。

泰然自若の意味とは「落ち着いていて動じない」

泰然自若は、どちらかというと年配の人に対して使いやすい意味をもつ言葉です。年上とも話す機会の多いビジネスマンなら覚えておいて損はありませんよ。

泰然自若
ゆったりと落ち着いていて、まったくものごとに動じない様子

周囲が大騒ぎしているような状況や、大抵の人が緊張して震えてしまう場面でも取り乱すことなく、堂々としていられるのが泰然自若になります。

何事もない平穏無事な状況で落ち着いていても、泰然自若とはいわないので気をつけてください。

泰然自若の語源・由来

泰然自若は、漢字が難しいので中国の書物が由来になっていると思う方もいるかもしれませんが、もとになった故事はありません。「泰然」と「自若」の語源を組み合わせたものが、そのまま泰然自若の由来になります。

泰然の語源

泰然の「泰」は「穏やか」「落ち着いている」。

「然」の意味は「そのとおり」。そのほかに、状態を表す言葉の後にくっついて「〇〇な状態である」という意味を表す場合もあります。

泰然の意味は「泰」+「然」で「落ち着いている状態である」

自若の語源

自若の「自」の意味は「自ら」や「自然に」。

「若」は「従う」「~のようである」というニュアンスになります。

「自」+「若」で作れる意味合いは「自らに従う」「自然のようである」。自分に従い自然のままであるとは、言い換えると「ほかに惑わされず平常と変わらないこと」となりますね。

「泰然」と「自若」を組み合わせて泰然自若の意味を考えてみましょう。泰然自若は「ほかに惑わされることなく落ち着いていて、平常と変わらないこと」となります。

泰然自若の読み方は「たいぜんじじゃく」

泰然自若の読み方は「たいぜんじじゃく」です。

「若」の読み方が少し難しく「たいぜんじにゃく」と読んでしまう人もいるので気をつけてください。

泰然自若の使い方・例文

泰然自若はさまざまな経験を積んでいて、ちょっとやそっとのことでは驚かない肝が太い人に使うのが一般的になります。

また、自分の目標として泰然自若を掲げるという使用法もありです。

例文1

新人

社運を賭けた大きな取引になりますね。
泰然自若で臨むのが大切だよ。変に身構えず、いつもどおりいこう。

上司

例文2

先輩

想定外の緊急事態にも、社長だけは泰然自若と構えていたわ。さすが社長。
例文3

新人

僕も社長のように泰然自若な人になりたいです。

泰然自若の類語

泰然自若の類語には、次の言葉があります。

泰然自若の類語
冷静沈着:慌てず落ち着いていて動揺しない様子
余裕綽綽(よゆうしゃくしゃく):ゆったり落ち着いていて焦らないこと
鷹揚自若(おうようじじゃく):ゆったりと落ち着いていて、どんなことにも動揺しない様子
神色自若(しんしょくじじゃく):非常事態に直面しても顔色を変えずに平然と落ち着いている様子
意気自如(いきじじょ):ものごとに驚いたり恐れたりせず、気持ちがいつもと変わらず平静な様子

冷静沈着や余裕綽綽は、日常会話でも用いられる馴染みのある表現。また、鷹揚自若と神色自若は、泰然自若と同じ自若という語が使われているので覚えやすいですよ。

一度にすべて頭に入れるのが難しいという人は、このあたりから挑戦してみましょう。

泰然自若の対義語

泰然自若の対義語には「右往左往」や「戦々恐々」「周章狼狽」があります。

泰然自若の対義語
右往左往(うおうさおう):混乱してあっちへ行ったりこっちに来たり、うろうろする様子
戦々恐々(せんせんきょうきょう):ものごとを恐れてびくびくしている様子
周章狼狽(しゅうしょうろうばい):思いがけないことが起こって、慌てふためく様子

このうちの右往左往について、くわしくは下記の記事で紹介しています。こちらも読んでみてください。
右往左往の意味は?類語や対義語、英語表現も解説!

泰然自若の英語表現

泰然自若を英訳するときには「keep cool」や「be steady」が使えます。

keep cool:冷静さを保つ
be steady:落ち着く

「Let’s keep cool.」で「落ち着こう」。「Be cool and steady!」で「冷静沈着になれ!」という意味合いにもなります。

泰然自若は座右の銘にもぴったり!

ビジネスでは、予期せぬ事態や緊張が強いられる状況に置かれるケースは珍しくありません。そのたびに慌てふためいていたら、ちっとも成長していないようで社会人としてちょっとどうよと思ってしまいますよね。

泰然自若を座右の銘にして、平常心を保つ訓練をしてみましょう。意識して行動することで、若くてもベテランの貫禄をかもしだせるかもしれませんよ!