タッチアップの意味とは?野球?メイク?塗装?それぞれの意味を詳しくご紹介!

タッチアップは野球用語だけど…他にも!

新人

タッチアップは最高に盛り上がりますよね!
盛り上がる?私この間してもらったけど…

先輩

新人

してもらった?先輩って野球やってたっけ…?

“タッチアップ”と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。「そりゃもちろん野球でしょ!」と言う人もいれば「あれっ?メイクの話じゃないの?」という人もいると思います。また「タッチアップペンで車の傷を直したんだよなぁ」という人もいるでしょう。様々な業界で使われている“タッチアップ”についてそれぞれ詳しく解説していきます。

野球におけるタッチアップ

まずは野球における“タッチアップ”を解説していきます。野球のルールは「投げる」「打つ」「捕る」くらいしか分からないという人にとってはあまり馴染みがないかもしれませんが、少し野球をかじったことがある人であればご存知のはず。ゲームを何倍も面白くしてくれる野球の醍醐味とも言えます。

タッチアップの詳しいルール

“タッチアップ”は進塁戦術(塁に進んで点数に繋げる戦略)の一つ。バッターが打ったフライ(高く上がった球)がキャッチされてしまうとアウトになってしまうので、進塁することはできませんよね。

この際に塁に出ているランナーはリタッチ(一度離れた塁に戻ること)すれば次の塁に進むことができます。これを“タッチアップ”と呼んでいます。アウトになっても“タッチアップ”が成功すればそのまま得点することも多いので盛り上がるシーンなんですね。

リタッチしなければいけない、捕球された後でなければ進塁できない等のルールがあるので、タイミングが難しいとされています。

上司

本来は進塁のためにリタッチすること、またはあらかじめリタッチしておくことをタッチアップと言います。現在は一連の行為全体をタッチアップと呼ぶことが多いですね

本当はタッグアップ

メジャーリーグでは“タッチアップ”のことを「tag up(タッグアップ)」と呼びます。もちろん向こうが本場なので本来はタッグアップと呼ぶのが正解。間違って伝わったのか意図的に変えたのかは定かではありません。
でもリタッチがあるので“タッチアップ”と呼びたい気持ちは分かりますよね。

犠牲フライとの違い

“タッチアップ”の中でも3塁にランナーがいる際に行い、成功して点が入ったものを「犠牲フライ」と呼びます。

盗塁との違い

ピッチャーが投球動作に入ったタイミングでランナーが進塁することを「盗塁」と呼びます。“タッチアップ”との違いは走り出すタイミングです。

最近話題になったタッチアップ

メジャーリーグで大活躍中の大谷翔平選手も“タッチアップ”でガンガン得点をゲットしています。
2018年8月7日の試合では“タッチアップ”と盗塁を連発して積極的に進塁しました。打撃での活躍も申し分なく、所属チームのエンゼルスの大勝に貢献。

メイクにおけるタッチアップ

デパートや百貨店などの化粧品売り場で美容部員にメイクやスキンケアしてもらうことを“タッチアップ”と言います。
部分的なメイクはもちろんのこと、スキンケアからフルメイクまでをやってもらうことができます。もちろん、化粧品を買ってもらうためのサービスですが、“タッチアップ”自体は無料。自分に合った化粧品やメイク方法もアドバイスしてもらうことができるので、メイク初心者やもっと上手にメイクがしたいという方は利用してみてはいかがでしょうか。

ただし、“タッチアップ”に使われる化粧品はデパコス(デパートコスメ)と呼ばれるお値段高めのもの。プチプラ(お手頃価格)で“タッチアップ”してもらうことはできないので注意しましょう。

塗装におけるタッチアップ

壁や車などの塗装に関する用語でも“タッチアップ”はあります。塗装における“タッチアップ”とは塗装後の傷や塗り残しなどを修正塗装すること。“タッチアップ”で部分的に修正塗装することで、全体を塗り直す必要がないため大幅な費用削減をすることができます。

タッチアップペンを使えば自分でも

車にできたちょっとした傷や塗装の剥がれであれば「タッチアップペン」という筆状のカラー塗料を使って自分で修復することが可能。薄め液やさび止めなど他にも用意しなければいけないものはありますが、費用を抑えて気軽に直したいという方におすすめです。

「タッチアップ」のそれぞれの意味を知っておこう!

先輩

こないだ時間があったからタッチアップしてもらっちゃった
私も傷が気になったからタッチアップしてもらってきたよ

上司

先輩

“タッチアップ”は野球用語以外にもメイクや塗装で使う言葉ということが分かりました。このことを知っておけば各々が別の意味で使ったとしても誤解は起こらないはず。

特にメイクと塗装の“タッチアップ”はどちらも「してもらう」ものなので上記の会話のような食い違いが起こる可能性もあります。それぞれの意味を把握して悲しい誤解が起こらないようにしましょう。