崇高の意味とは?英語表現や荘厳との違いなどわかりやすく解説

崇高とは『非常に気高く尊いこと』

新人

先輩の家の玄関に飾ってある絵画、崇高なイメージで凄いですよね。いくらしたんですか?
あら、案外お目が高いのね。あれは美術品コレクターだった祖父が残してくれた素晴らしい遺品なのよ。

先輩

新人

僕、美術館とかへ行くの、どうも苦手なんですよねぇ。なんか退屈になると言うか。
あらあら。たまには極上なアートに触れてみるのも良い気分転換になるものよ。そうだ、今度、ため息が出るほど崇高な美術展に連れて行ってあげるわ!

先輩

『崇高』は、崇高美などという言葉と共に主に美術品やアートを評する際に使われる言葉の1つです。また恐れたじろぐほどの畏怖の念を抱く場合にも使われています。

日常的にさほど頻繁に使う言葉ではありませんが、いざという時に正しく使えると便利でしょう。

この記事では、崇高について具体例を紹介しながらわかりやすく解説します。この機会に、ぜひ正しい使い方をマスターしてください。

崇高の意味をチェック

崇高とは、『非常に気高く尊いこと』を指します。

また、畏怖の念を抱かせるほどに、気高い、尊いという意味合いまで持ち合わせる言葉です。

では崇高について、さらにくわしく深堀りしてみていきましょう。

崇高という漢字の成り立ちについて

崇高はどのような漢字と語源からなる言葉でしょうか。

崇高は、気高い、尊ぶ、あがめるという意味を持つ漢字である「崇」という文字と、位置や背が高い、程度や位が高い、気高い、優れているという意味を持つ漢字である「高」という2つの漢字を組み合わせた言葉です。すなわち、より尊い高い位であるという意味になります。

崇高の類義語は?

崇高の類義語には「荘厳」「高貴」「高邁」「高潔」などが挙げられます。

それぞれの意味を紹介します。

荘厳(そうごん)
おごそかで、重々しいさまを示す言葉です。
高貴(こうき)
すぐれて価値があり、敬うべきさまであることを意味しています。
高邁(こうまい)
精神的に、非常にぬきん出ているさまに使われる言葉です。
高潔(こうけつ)
清らかで汚れていないことを意味します。

崇高の英語表記

崇高を英語で表記する場合、複数の表現が考えられ、以下の単語を用いて表現します。

『loftiness』
『noble』
『sublime』
『sublimity』

ではこれらを使った例文をみてみましょう。

例文1
Everyone caught their breath at the loftiness of his ambition.
彼の野望の崇高さに皆が息をのんだ。
例文2
She is noble-minded.
彼女は崇高な精神の持ち主だ。
例文3
a monument on a noble scale
崇高な規模の記念碑
例文4
the sublime beauty of the night
夜の崇高な美しさ
例文5
from the sublime to the ridiculous
崇高から滑稽へ
例文6
The sublimity is above conception.
その崇高さは想像をも超えている。
例文7
The vistas of nature satisfy a desire for grandeur and sublimity.
自然の景色は、壮大さと崇高さへの欲求を満たします。

崇高と荘厳との違い

『崇高』は、非常に気高く尊いことを指す言葉です。「荘厳」は、重々しくおごそかなこと。おごそかで立派なこと。また、そのさまを示しています。

崇高は、気高いと書き表せるように気品や空気が尊く感じるような気高さという意味合いが大きいです。

一方で、荘厳はおごそかにきちんと整えるという意味を持ちます。空気感よりも、見た目で立派であることが重視される言葉です。

このように、それぞれの言葉が持つニュアンスに微妙な違いがあります。

崇高の使い方・例文

それでは、崇高の例文を見てみましょう。

例文1

新人

部長、社長ってどんな方なんですか?
社長かい?あの方は、崇高な精神で常に高い理想を追い求めて努力を続ける人だよ。

上司

例文2

新人

部長、このあいだの先輩のプレゼン、社内外からそりゃもう大好評でしたよ!
ああ、聞いたよ。堂々とした彼女のプレゼン姿は崇高ともいえる美しさだったってね。

上司

崇高の深い意味を理解してきちんと使えるようにしよう

この記事では『崇高』の正しい意味や類義語、英語表現などを紹介しました。類義語である荘厳とのニュアンスの違いも理解いただけたでしょうか。しっかりと意味を理解して、いざと言う時に恥をかかないよう、正しい知識を身に付けておきましょう。

この記事を参考に、正しい意味や使い方を学んでみてください。