一世一代とはどんな意味?「一世一代の告白」はあり?読み方や「一世一代の勝負」の使い方、類語、英語も解説!

一世一代とはどんな言葉?

新人

いっせいいちだいですよね。これはさすがに勉強しなくても知ってますよ。
ぶっぶー!一世一代は、いっせいいちだいではありません!

先輩

新人

え~!?どういうことですか?解説お願いします。

一世一代は、有名な四字熟語のひとつ。でも、間違って覚えている新人君のような人も珍しくありません。自信を持って誤用していたら恥ずかしいですね。

知っているようで実は知らないことも多い一世一代について学び、周囲に差をつけましょう!

一世一代の意味とは?「一世一代の告白」はあり?

一世一代は「一生に一度だけ」というニュアンスをもつ言葉。具体的には、次のようなニュアンスです。

一世一代
一生に一度だけしかないこと。特に、晴れがましいことを一世一代という

この意味から「好きな子に一世一代の告白をする」というと、ちょっと変だと感じる人もでてきます。「好きです。付き合ってください」の告白なら、一生に何度もありそうじゃないかというのがその理由です。

しかし、長年片思いしている幼馴染に一生分の勇気を奮い立たせて告白をするという場合ならどうでしょう?その人にとってはそれが一生に一度しかない特別な告白になる可能性もありますよね。

一世一代は一生に一度というのが基本ですが、何が一世一代になるかはその人によるということもおさえておきましょう。

一世一代の語源・由来

一世一代は歌舞伎に由来する言葉といわれています。

昔の歌舞伎役者は、引退を覚悟してのぞむ最後の舞台で、最も得意とする芸を演じていました。この最初で最後の引退舞台が「一世一代」です。

「一世」と「一代」は両方とも「一生」を意味します。「一世一代」は、同じ意味の言葉を重ねて強調したもの。

もともとは「一世一度」という言葉であったのが変化して「一世一代」といわれるようになったとも考えられています。

一世一代の読み方は「いっせいちだい」

一世一代の読み方は「いっせいちだい」です。「いっせいいちだい」ではないので注意しましょう。

一世一代の語源のところで紹介した「一世一度」も「いっせいちど」と読みます。

「一世一代」の使い方・例文

ビジネスでの一世一代は、人だけでなく企業に対して使う場合もあるので注意。企業の一世一代は、会社の歴史で一度きりのというニュアンスだと思ってください。

一世一代の使い方を例文でイメージしてみましょう。

例文1

上司

アメリカでラーメンブームが到来してしているよ。うちもアメリカ進出して一世一代の勝負に出るべきだろうか?
我が社にとって一世一代のチャンスですね。社長に提案してみましょう!

先輩

例文2

新人

脱サラしてホストの頂点を目指すか、このまま無難にサラリーマンしてるか、人生を左右する一世一代の選択だ。
例文3

新人

先輩、明日から産休ですよね。元気な赤ちゃんが生まれるようにお祈りしてます!
ありがとう。一世一代の大仕事だから、気張っていくわ!

先輩

一世一代の類語

一生に一度あるかないかというレアなことを表す言葉は、一世一代のほかにもあります。一世一代の類語もあわせて勉強しておきましょう。

一世一度(いっせいちど):一生にたった一度だけ
後生一生(ごしょういっしょう):現世と来世をあわせた中でも一度しかない
乾坤一擲(けんこんいってき):自分の運命をかけて大勝負すること
千載一遇(せんさいいちぐう):千年に一度くらいしか訪れない偶然の好機

また、結婚業界では「一生一代」という言葉も用いられています。「一生一代」は、結婚する2人がその先の一生を共に過ごしていくところにかけて一世一代を変化させたワードです。

結婚の話でしか使えない語句なので、一般的なシチュエーションでは登場しません。間違えて「一生一代」といわないように注意しましょう。

一世一代の英語表現は「once in a lifetime」

一世一代を英語で表現するときには「once in a lifetime」を使えばOKです。

単語の意味を確認してみましょう。

once:一度
lifetime:一生涯

「once in a lifetime」の意味は、これをつなげて「一生涯に一度」となります。

そのまま一世一代のニュアンスになるのでわかりやすいですね。

一世一代のチャンスをつかみ取ろう!

ビジネスに絡むさまざまな事柄の状況は日々変化するもの。わかりやすいところだと、消費者のニーズがありますが、ブームはあっという間に移り変わっていきますよね。

ビジネスチャンスをつかむためには、好機と判断したらすぐに動き出さないといけません。もたもたしていると、動き出すころにはすでに時代遅れなんて残念な結果になるケースも。

一世一代のチャンスを逃さないように広くアンテナを張り、情報をいち早くゲットできるように準備しておきましょう。