「必須」の意味とは?「必要」との違いは?その他類語や英語表現も

「必須」とは「欠かせない」という意味

「必須」「必需」「必要」ってどれも似たような意味じゃないですか?一つにまとめちゃった方が混乱せずに済みますよ

その話って…絶対になくてはならない書類を忘れたことと関係ある?

 コミュニケーション能力はビジネスでは必須である

社内外を問わず、ちょっとしたトラブル程度ならコミュニケーション能力で乗り切ることができますよね。またそれができる人は尊敬されます。面接で学生が「自分は潤滑油です」とアピールするのも頷けますね。

「必須」とは「欠かせない」という意味です。「あった方がいい」ではなくて、「なくてはならない」。ビジネスではコミュニケーション能力がないと生き残れないぞーと厳しいことを言っています。

「必須」と「必要」の違い

「必須」と似たような表現に「必要」があります。「必要」は「必ずいる」という意味なので、「必須」とほぼ同じ意味。

あえて違いを挙げるとすれば、「必須」の方が「必要」よりも意味合いが強い表現。絶対に「必要」というニュアンスが「必須」にはあります。

・雨の日は傘が必要(ないと困るくらいのニュアンス)

・試験には受験票が必須(なくてはだめ)

「必須」のその他の類語

「必須」の類語

・必需(ひつじゅ)

・不可欠(ふかけつ)

・マスト

「必要」だけではなく、「必需」や「不可欠」も「必須」の言い換え表現として使うことができます。

また、カタカナ語では「マスト」も類語として挙げられます。

マストとはどんな意味?ビジネスで使える例文、ベターやベストとの違い、英語や類語を徹底解説

「必須」の使い方・例文

「必須」を使った例文

・世の中の動きに敏感でいることは必須です

・決勝に進むには後2勝することが必須条件

・表示名は入力必須項目です

必須アミノ酸と必須脂肪酸は体内で合成できない

必須ではないとされたサービスが規制された

「必須条件」「必須項目」のように他の名詞と組み合わせて使われることも多いです。

「必須」を英語で

「必須」を英語で

Working in our office is required 

⇒オフィスでの勤務が必須です

「required」で「必須」を表現しています。「必要」と訳すこともできます。

「mandatory」や「compulsory」は「required」よりも強い意味の表現に。「mandatory」は規則や法律について、「compulsory」は義務や規定について使用します。

「必須」を見逃さないように

「必須条件」や「必須事項」のように書かれてなくても「必須」なものは社会にはたくさんありますよね。それらを欠かすことないようにしていきたいものです。

あの人はうちの会社に「必須」と言われるようなビジネスパーソンを目指しましょう