「拝聴」の意味とは?「清聴」との違いは?類語から英語表現、使い方まで

「拝聴」とは「聴く」の謙譲表現

「YouTubeの解説動画をいつも拝聴しております」

…って講師の先生に言ってたけど、「拝見」の間違いじゃない?

ながら作業のときに聴いてるだけで映像は見てなかったんでつい…

ご高説を拝聴したく存じます

「ご高説を拝聴したく存じます」は「意見を聞かせてください」を最大限丁寧にした表現。高名な人や専門家に意見をうかがう際などに使うとしっくりきます。

または、挨拶で大勢に向けて発することも。

どちらにせよ、普段使いするにはフォーマルすぎる表現です。

「拝聴(はいちょう)」とは「聴く」の謙譲表現。人の話や演奏など自分が聴くことをへりくだってこのように表現します。

「ご高説を~」は使うシーンを選ぶ表現ですが、「拝聴」は「聞く」にも「聴く」にも使える便利な表現です。

「聞く」と「聴く」の違い

「きく」は「聞く」と「聴く」の二通りの表記の方法がありますよね。通常は「聞く」を使いますが、演奏や講義などより集中して耳を傾ける際は「聴く」

アドバイスや意見も集中して耳を傾けるものではありますが「聞く」を使うのが普通です。「聞く」の場合でも「拝聴」で問題ありません。一応、「拝聞」という表現もあります。

「拝聴」の使い方・例文

「拝聴」の具体的な使い方を例文で確認していきましょう。

「拝聴」の例文

・ご意見を拝聴したく存じます

・講演会を拝聴して新しい自分に気づくことができました

・ご高説を拝聴したく存じます

・ピアノの演奏を拝聴しました

・いつも先生のラジオを拝聴しております

「拝聴」で表すことができるのは意見やアドバイス、講演会、演奏なども。シーンは限られますが、相手がラジオに出ている場合にも使うことができます。

ちなみに、テレビは聴くよりも見るのがメイン。テレビは「拝見」とした方がしっくりきます。

「拝見する」の意味とは?尊敬?謙譲?使い方から類語、英語まで

「拝聴」を使う際の注意点

「拝聴」はこれだけで謙譲の意味を持つ表現。「いたします」や「させていただきます」をつけると二重敬語になってしまいます。二重敬語は過剰表現として避けるべきとされています。

「拝聴いたします」は基本的には間違い。二重敬語でも慣習的に使われている例は多々ありますが、「拝聴」にはその傾向はないようです。

二重敬語にすることなく使いましょう。

「拝聴」の類語

「拝聴」の類語表現にはどのようなものがあるのでしょうか。

「拝聴」の類語

・お聞きする

・拝聞(はいぶん)

・賜る(たまわる)

「お聞きする」も「拝聞」も「聞く」の謙譲表現。つまり、人の意見やアドバイスを聞く際に使用します。演奏等の「聴く」には使えないので注意しましょう。また、「拝聞」は「拝聴」ほど使われている表現とはいえません。

「賜る」は「もらう」の謙譲表現ですが、「ご高説を賜る」といった使い方ができます。

「賜る」の意味とは?ビジネスシーンでの使い方や類語、英語表現を詳しく解説!

相手が「聞く・聴く」場合は?

「拝聴」は自分が聴く際に使う表現なので、相手には使えません。相手には「聞く・聴く」際は以下の表現を使いましょう。

「聞く・聴く」類語

・お聞きになる

・ご清聴

「お聞きになる」は「聞く」の尊敬表現です。謙譲の「お聞きする」と似ているので間違えないようにしてください。

「清聴」は「聴く」の丁寧な表現。「ご清聴」と「ご」をつけて使われることが多いです。

プレゼンやスピーチの終わりに「ご清聴ありがとうございました」と使ったことがあるのではないでしょうか。

演奏や講演会などでも聴いてくれた人に向けてこのように挨拶します。

口頭で言う分には問題ないのですが、スライドで発表をする際に文字にする場合があります。その際に「ご静聴」と書き間違えないようにしてください。

「ご静聴」は静かにしてくださいという意味で「ご静聴願います」と使う表現です。

「拝聴」を英語で

「拝聴」は英語でどのように表現するのでしょうか。

「拝聴」を英語で

to listen to something modestly

拝聴する(つつしんで聴く)

謙譲表現を英語で表現するのは難しいです。単なる「聴く」も「拝聴する」も「listen」

「listen」に「modestly(つつしんで、謙虚に)」をつけることで「拝聴」のニュアンスを表現することもできます。

とはいえ、普段のやりとりでは「listen」で充分です。

両方使える便利な表現

「拝聴」は「聞く」も「聴く」も表現できる便利な言い回しです。意見や講演、スピーチなど人の話から、知り合いの演奏会まで「拝聴」でOK。

「拝聴」に限らず、謙譲表現が正しく使えると一目置かれるはずです。