「当方」の意味とは?「当社」との使い分けは?使用シーンから使い方・例文・類語まで

「当方」とは「私たち」という意味

当方が責任をもって仕上げておきますよ

同じ会社、同じ部署の私に「当方」を使うのはおかしくない?

えぇ!「当方」って「私」の丁寧な言い方じゃないんですか?

当方に異存はありません

「当方」という言葉を目にしたことはあっても、使ったことがない人は多いのではないでしょうか。「いや、よく使うけど」という人はメルカリ等のネットショッピングを頻繁に利用しているのかも。

「当方(とうほう)」とは「こちら側」という意味。転じて「私たち」を指す言葉として使われています。

「当方」はビジネスでは使わない?

「当方」は他者に向けての「私たち」なので、身内や自社内で使うことはしません

社内でも、他部署の人であれば使えないこともないですが、違和感があります。他人行儀な感じがするので積極的に使うのはおすすめしません。意見が対立しているようなときに使うにはいいかも。

「当方」とは他者に向けての「私たち」だと説明しましたが、実際にお客さんや他社の人など外部の人に向けて使ったことはあるでしょうか。ビジネスシーンで登場することはほとんどありません。

外部には「弊社」がよく使われる

というのも、「弊社」や「私ども」のようにへりくだった意味を持つ便利な表現があるからです。「当方」は一応丁寧表現とされていますが、謙譲の意味はなし。

謙譲の意味を持たない「自分が所属している会社」を指す呼称であれば「当社」が一般的です。あえて「当方」を使う必要は感じられません。

「当社」はいつ使う?

ビジネスシーンでは、何かとへりくだった(自分を下にして相手を立てる)表現をすることが多いですよね。

しかし、いつでもどこでもへりくだる必要はありません。例えば、社内で自分の会社を呼称する際に「弊社」と言ったらおかしいですよね。そんなときに「当社」を使います。

他にも「当社(とうしゃ)」を使うようなシチュエーションをまとめました。

・社内で自分の会社を呼称するとき

・会社や商品、サービス等を宣伝するとき

・抗議や交渉するとき

・論文や報告書などへりくだる必要がないとき

自信満々にアピールしたいときや抗議や交渉で強気に出たいときは「弊社」ではなく「当社」を使います。

「当社」の例文

当社と他社を比較した資料を作成しました

当社はA社に対して抗議文を送りました

「当方」が使われるシーン

ビジネスシーンにおいて、「当方」に比べて「当社」は使う機会が多々あることはわかりました。では、「当方」は全く使わないのでしょうか。

メルカリ等のネットショッピングをやっている人であれば、「当方」という言葉をよく目にするかもしれません。ビジネスシーンでもあえて使うことがあります。また、「オタク」と言われる人たちが使うことも。

「当方」の例文

当方の担当者から改めてご連絡いたします

当方メルカリでの出品は数回ですが他サイトでの経験はありますのでご安心ください

当方オタクの女子高生です

ビジネスシーンで「当方」を使う

「弊社」も「当社」も使えないシーンで「当方」を使うことがあります。つまり、へりくだった表現をしたいが「弊社」と表現するには抵抗がある、できない場合です。

・連携している複数の会社の中の一社として発言・対応するとき

・会社の総意ではないと匂わせたいとき

数社が連携している際に「弊社」と言うと全体ではなく、自分の会社だけを指す表現になってしまいます。そんなときに「当方」は使えます。「私ども」と言っても構いません。

また、一部署、一チームとして発言や対応するようなときに「弊社」としてしまうと、会社の総意として認識されてしまいます。

こんなときにも「当方」は使えます。具体的には社の方針がまだ固まっていないときや、クレーム対応で総意として断言するのがためらわれるとき。

前述したように、社内で対立しているようなときにも他部署に向けて「当方」を使うことがあるかもしれません。

ネットショッピングで「当方」を使う

「当方」は「私たち」なので個人が使うのは違和感があります。しかし、個人事業主等、一人でビジネスをしている人は「当方」=「私」ですよね。

ビジネスシーンでも「私」を使って全く問題はないのですが、日常会話でも広く使われる呼称です。ビジネスとプライベートの区切りをつけるような意味合いで「当方」を使う人がいるようです。

そう考える人がネットショッピングで「当方」を使っていたのが広まり、現在のように多くの人が使うようになりました。

とはいえ、この使い方に違和感を持つ人もいるようなので積極的に使う必要はないでしょう。

オタクの人が「当方」を使う

「当方」=「オタク」というイメージを持っている人もいるようです。オタクの人はグッズのやり取りを個人間で(もしくはビジネスとして)していることが多いため、上記の理由で「当方」を使うことが多かったのかもしれません。

「当方」「当社」の類語

「当方」や「当社」のように「私たち」、「自分の会社」などを呼称する表現は他にもあります。

「当方」・「当社」の類語

・弊社⇒謙譲

・私ども⇒謙譲

・小社⇒謙譲

・自社⇒謙譲の意味なし

・わが社⇒謙譲の意味なし

この中で「弊社」、「私ども」、「自社」は比較的使われます。謙譲表現かそうでないかだけでも確認しておきましょう。

使い分けをしっかり

「当方」はビジネスでは使うシーンが限られおり、積極的に使う表現ではありません。一方、「当社」はよく使うので「弊社」と「当社」の使い分けができるようにしておいてください。