「拙い」の意味とは?「稚拙」との違いは?使い方から類語、英語まで!

「拙い」とは「下手」という意味

…以上です。拙い説明でしたがご清聴ありがとうございました

(普通は謙遜で使うんだけど、本当に「拙い」説明だったなぁ…)

拙い説明でしたが、ご理解いただけますと幸いです

説明の後にこのように「拙い」を使って締めくくるのは定番ですよね。

「拙い」の意味は「物事が巧みではない様、未熟な様」。つまり「下手」。ビジネスシーンでは謙遜の表現としてよく見聞きしますね。

本当に説明や話が下手な際に謝罪で「拙くてすみません」と言うこともあります。

その他の「拙い」の意味

「拙い」はもっぱら、「下手」という意味で使われますが、実は多くの意味を持つ言葉でもあります。

・運が悪い

・卑しい

・見苦しい

・卑怯

・意気地がない

何やら悪口のオンパレードのようですが、これらは全て「拙い」の意味。「拙くて(運悪く)車に泥水をかけられる」といった使い方も間違いではありませんが、ちょっとピンとこないですよね。

これらの意味は教養で知っておくにとどめて、「下手」の意味のみで使うのが無難です。

「拙い」の使い方・例文

「拙い(下手)」の具体的な使い方を例文を通して確認していきましょう。

「拙い」を使った例文

拙い文章をお許しください

拙い説明を理解していただきありがとうございます

拙い話ではございましたが、お祝いの言葉と代えさせていただきます

拙い意見ですが~

ビジネスシーンでは自分の「説明」や「話」、「文章」を謙遜して「拙い」とすることが多いですね。必ずしも自信がないわけではなく、へりくだってこのように表現しています。

自分以外への「拙い」

・彼の拙い説明のせいで新製品の魅力がさっぱり伝わらなかった

拙い演奏ではあるものの、表現力は素晴らしい

このように、他人の行為について「拙い」を使うこともあります。身内に対して謙遜の意味を持たせる以外では、基本的にはそのまま「下手」という評価を下す使い方です。使う際は慎重に。

「拙い」の類語

「拙い」の言い換え表現にはどのようなものがあるでしょうか。

「拙い」の類語

・不器用(ぶきよう)

・不得手(ふえて)

・稚拙(ちせつ)

「稚拙」は「拙い」の字を含んだ表現です。意味は「幼稚で下手」。下手は下手でも幼稚な下手さ、未熟さからくる下手さを強調しています。

「拙い」の英語表現

「拙い」は英語ではどのように表現できるのでしょうか。

「拙い」を英語で

My English is poor, but thank you for your kindness

拙い英語ですみませんが、よろしくお願いします

「拙い英語」は「my English is poor」「my poor English」で表現します。謙遜というよりも、実際に自信がない場合に使うといいでしょう。

謙遜で使おう

本当に自信がなくて「拙い」を使うよりも、謙遜で「拙い」を使いたいですよね。めちゃめちゃ自信があって内心ドヤ顔なのに、「拙い」を使うのが一流のビジネスパーソンです。