「席巻」の意味とは?「席捲」?由来や使い方から類語、英語表現まで詳しく!

「席巻」とは「ガンガン領土を拡大していく」という意味

この商品は質の良さと価格の安さで市場を席巻しているんですよ

私も愛用しているけど泡立ちがよくて香りも好みだからもう手放せないよ

…そこは「席巻してる、石鹸だけに」って言ってほしかったのに

漫画市場を席巻する

不動の『ONE PIECE』、最近急上昇の『鬼滅の刃』などが漫画市場を席巻した作品と言えます。普段漫画を読まない人にも知られるほど浸透して、アニメ化やグッズ化はもちろん、様々なコラボもされている人気作品ですよね。

『席巻(せっけん)』の意味は「ガンガン領土を拡大していく」。もともとは戦争についてのワードでしたが、現在はもっぱら例えとして使われています。

「席巻」の由来

「席巻」は古代中国の書物、『戦国策』に登場する表現。敵の領地をガンガン攻め落としていく様を敷物を端からクルクル丸めていく様子に例えました。

ちょっと独特な例えですが、敷物が手を離れて勢いよく丸まっていく様は容易に想像できるのではないでしょうか。

「席」は「草や竹で編んだ敷物」を指し、「巻」は文字通り「巻く」こと。「巻」はもともとは「捲」ですが常用外漢字のため、「巻」に改められることが多いです。このページでは「席巻」に統一します。

「席巻」の読み方

「席巻」は知らないと「せきかん」「せっかん」と読んでしまいたくなりますが間違い。「巻」を「けん」とする読み方は一般的ではないため、「席けん」と書かれることもあります。

また、「巻」を「券」に書き間違えてしまうことも。これを機会に読みと漢字をしっかり覚えておきましょう。

「席巻」の使い方・例文

「席巻」の具体的な使い方を例文を通して確認していきましょう。

「席巻」を使った例文

・信長は大胆さと緻密さをもって戦国時代を席巻した

・彼女はアイドル戦国時代を席巻していく逸材と評判だ

・弊社の新商品は業界を席巻していけると自負しております

・過去に市場を席巻した商品を調査したことが新商品開発のヒントに

現在使われる「席巻」の多くは市場や業界で人気・話題という意味。他の物が目に入らないくらいそれ一色に染められる様子を例えています。

とはいえ、本来の戦争での「席巻」も使われないわけではありません。外国の戦争・紛争のニュースで見聞きすることがあります。

また、現在流行している新型コロナウイルス(COVID-19)が猛威を振るう様子を「席巻」で表すことも。

良くも悪くも、ガンガン勢力を伸ばす物事は「席巻」で表すことができます。

「席巻」の類語

「席巻」の言い換え表現を見ていきましょう。

「席巻」の類語

・一世風靡(いっせいふうび)

・時代の寵児(ちょうじ)

「一世風靡」は「ある時代に大流行する」という意味。「風靡」は風が草木をなびかせる様子を表しており、人々が従う様子を例えています。「一世を風靡する」といった使い方もできます。

「一世風靡」を使った例文

・当時、一世風靡した歌を聞いて懐かしくなる

・かつては流行語になるほど一世を風靡した

「時代の寵児」は「ある時代にもてはやされる人」を表す言葉。才能や人気が世間から認められて成功した人のことをこう表現します。人ではなく企業や商品に使うことも。

「時代の寵児」を使った例文

・IT時代の寵児として連日メディアを賑わせた

・倒産したA社はかつては時代の寵児として業界をけん引していた

「席巻」の英語表現

「席巻」は英語ではどのように表現できるのでしょうか。

「席巻」を英語で

Japan’s manufacturing industry dominated the world

⇒日本の製造業はかつて世界を席巻していた

「dominate」は「占領する」という意味ですが、「席巻」のように例えでこのように使うことが可能。「conquer(征服する)」も同じように使うことができます。

ビジネス関連の話題で

「席巻」はビジネス関連の話題でよく使われるワード。「席巻」するような商品・サービスは業界関わらず要チェックですね。