ベクトルとはどんな意味の言葉?ビジネス会話での使い方を例文で解説

ベクトルとは「方向と勢い」という意味

新人

ベクトルって、数学とか物理とかで出てくるやつですよね?僕、理系科目は大の苦手なので、説明されてもたぶん理解できませんよ。
大丈夫。この記事では理系関係の意味でのベクトルには深入りしないから。ビジネスや日常生活で登場するベクトルが理解できればOKだよ!

上司

新人

ビジネスでのベクトルをくわしく教えてもらえるんですね。安心しました!

ベクトルとは、簡単に説明すると「方向と勢い」のこと。

理系の科目が苦手な人は「ベクトルをみるだけで拒否反応が出てしまう」とげんなりしているかもしれませんね。

でも、ベクトルは理系科目の中だけに登場する言葉というわけではありませんよ。日常の会話でもちょくちょく使われるワードです。

そして、日常会話のベクトルは、数学や物理のベクトルと違ってわかりやすい意味の単語になっています。

だから、そんなに身構えなくても大丈夫!

ビジネス会話にも役立つ「日常の会話のベクトル」を習得し、社会人としてレベルアップしましょう。

数学や物理のベクトルって何?わかりやすく説明!

数学や物理のベクトルは「大きさと向きをもつ量」という意味です。

ベクトルは、A地点からB地点に最短距離で移動するためには「どの方向にどれだけ進めばいいか」を表したものです。

A地点とB地点を結ぶ矢印がベクトルになります。

日常会話で使うベクトルの意味は「方向と勢い」

一般的な会話に登場するベクトルは、数学や物理のベクトルを比喩として用いた言葉です。

日常生活の会話でベクトルが出てきたら、次のような意味になりますよ。

一般的な会話に登場するベクトル
・向き
・方向
物事の向かう方向と勢い

数学や物理のベクトルの説明で登場した矢印を思い浮かべてみてください。矢印を使うと、どの向きにどのくらい進むのかがひと目でわかるようになりますよね。日常的な会話の中では、物事が進む方向やその勢いをイメージしやすくなる言葉としてベクトルが使われます。

ビジネス会話におけるベクトルの意味と使い方

ビジネスでのベクトルの意味 は、主に次のようなニュアンスで使われます。

・方向性
・考え方
目標

ビジネス会話でのベクトルが、日常会話に登場するベクトルの「方向」や「向き」などの意味で登場する場合もあるので注意しましょう。

ベクトルを使った例文

ビジネスでは、ベクトルという言葉を会議や打ち合わせなど、実務に関する方向性を社員同士で共有するときに用います。ミーティングなどの〆言葉で「このベクトルで進めましょう」のようにいわれた経験はありませんか?

また、「ベクトルを一致させるため、研修を欠かさない」などのように、社員の目標や心構えを統一するという意味合いでもベクトルは使われます

ベクトルが向く

例文

新人

会議のベクトルが急に僕に向いたので、蛇に睨まれた蛙のような気持ちで終わりまで過ごしていましたよ。
新人君がいい思いつきをしてくれたからね。あとは、思いつきで終わらないように、自分でも詳細を詰められるように頑張ろう!

上司

この場合の「ベクトルが向く」は、周囲の意識が新人君に向けられて視線が集中したというニュアンスで使われています。

ベクトルが一致

例文

新人

今度の研修は2日もかけてやるんですね。どんなことをするんですか?
ビジネスで起こりそうな問題を設定してディスカッションするの。社員のベクトルが一致するまで、ひたすら延々討論が続くわよ。

先輩

先輩がいっている「ベクトルが一致」とは、社員が食い違いなく同じ考え方ができるようになることを意味しています。

ベクトルを合わせる

例文

新人

僕と先輩とでは、仕事に対する考え方が違うみたいです。
チーム作業なんだから、ベクトルを合わせておかないとダメだよ。意見のすり合わせの場を設けよう。

上司

この例文での「ベクトルを合わせる」は、違う考え方をしている新人君と先輩が同じ考え方ができるように、2人の意見を近づけていくという意味です。

ベクトルを最大化

例文

先輩

社長から、かなり難しいノルマを課せられちゃいましたね。大丈夫でしょうか?
社長は、無理なことは要求しないよ。今回もチームのベクトルを最大化すればなんとかなる、ギリギリのところを攻めてきてる。期待に応えられるように頑張ろう!

上司

上司さんがいう「ベクトルを最大化」とは、チームが一致団結して最大の力で目標に向かって突き進むというニュアンスです。

同じベクトル

例文

新人

大変です!ライバルの〇〇工業もうちと同じベクトルの新商品を開発しているっていう情報をつかみました。
〇〇工業の開発段階ほうがうちよりだいぶ先をいっているようだ。後追いで同じベクトルの商品を発表するのは分が悪いね。急いで対策を考えなければ。

上司

ここでの「同じベクトル」は、同じ方向性という意味です。後追いでライバルと似たような商品を発表したら、せっかくの新商品なのにインパクトが薄れてしまいますね。

ベクトルが違う

例文

新人

なんで僕の企画書は没なんですか?
新人君の企画は、なんか似たようなアイディアばっかりなんだよね。今度は、ベクトルが違うものを考えてきてくれよ。

上司

この例文での「ベクトルが違う」は方向性が違うという意味です。

ベクトルは英語だと?意味は?

ベクトルは、ドイツ語の「vektor」からカタカナ語になりました。

カタカナ語のベクトルは、英語に訳すと「vector」というスペルになり「ヴェクター」と発音します。

英語の「vector」とドイツ語の「vektor」はつづりが似ていますよね。それもそのはず、どちらも「運ぶ者」という意味の同じラテン語から生まれた兄弟のような言葉なんです。

英語の「vector」は、次のような意味で使われていますよ。

vector
方向量
・動径
・方向
・進路(方位)
・媒介動物
・保菌生物

英語の「vector」には「媒介動物」や「保菌生物」など、カタカナ語のベクトルにはない意味もあります。

ベクトルは意味不明?いやいや、日常的に使う意味は難しくないよ!

数学や物理など理系科目に出てくるベクトルは「大きさと向きをもつ量」という意味です。高校で勉強しますが、ややこしいので苦手な人も多いですよね。

しかし、ビジネスやプライベートの会話に登場するベクトルは「方向」や「考え方」「目標」などわかりやすい意味で使われます。

日常的な使い方をするベクトルは、理系科目用語のベクトルと違って難しくありません。身構えずに会話に取り入れてみましょう!