アメニティとはどんな言葉?ビジネスやホテルでの意味や使い方を解説

アメニティとは「快適さ」のこと

先輩

出張で使うホテルは、なるべくアメニティがいいところを予約してね。
アメニティってそんなに重要ですか?

新人

先輩

もちろん重要よ!ビジネスにもプライベートにも関係がある言葉なんだから、甘くみちゃいけないわ!

アメニティは「快適さ」を意味するカタカナ語です。

アメニティと聞いたらホテルを連想する人も多いでしょうが、アメニティが使われるのはホテルばかりではありません。

どのようなところで、どんな意味でアメニティが登場するのかみていきましょう。

英語のアメニティ(amenity)の意味は?

アメニティは英語表記すると「amenity」。

「愛する」という意味のラテン語「amare」が語源です。そこから「快適さ」という意味のラテン語が生まれ、英語の「amenity」につながっています。

「amenity」の意味を確認しましょう。

amenity
・好ましさ
・感じのよさ
・心地よさ
・快適環境
・快適な設備
・娯楽
・恩恵
・特典
・魅力
・楽しみ
・礼儀

「amenity」にはいろいろな意味がありますね。これらには「人を喜ばせるもの」であるという共通点があります。

「amenity」の語源の「amare」は英語だと「to love」。「amenity」の意味が暗記しにくかったら「love」から、気になる相手に好意をもってもらうにはどうしたらいいか、想像して意味を考えると覚えやすくなるかもしれません。

カタカナ語のアメニティの意味は?

カタカナ語のアメニティには、次のような意味があります。

アメニティ

・ホテルなどの施設につけられている設備や調度、備品の総称
・快適さ、好ましさ
・居住環境の快適性、住み心地のよさ
・生活を快適にする文化施設

アメニティは、産業革命のために環境が悪化してしまったイギリスで、環境の悪さを改善しようと生まれた言葉です。

そのため、生活の快適性を表すことがもともとの使い方になっています。

しかし、日本語でアメニティというと、ホテルなどに用意されている使い捨ての備品を指すケースが大半。日常会話では、快適性という意味のアメニティはあまり登場しません。

ビジネスで登場するアメニティの意味

カタカナ語でアメニティというと備品を意味するケースが大半ですが、ビジネスではこの意味にならない場合もありえます。

意味を勘違いしないように、しっかり覚えておきましょう。

オフィスレイアウトのアメニティ

オフィスレイアウトにおけるアメニティは「快適性」の意味になります。次のようなものが職場でのアメニティです。

・快適な温度や湿度
・採光
・静けさ
・きれいな空気
・清潔感
・BGMやBGV(バックグラウンドビデオ)
・集中しやすく、コミュニケーションもとりやすいデスク類の配置
・植物やユニークな内装などの程よいインテリア
・リフレッシュルームなど、従業員の頭をすっきりさせ刺激を与えるための設備 など

以前は、そこで働く人が不快に感じるものを取り除いていくというスタンスが主流でした。しかし、最近ではより積極的に、社員が気持ちよく働くためには何があったらいいかが考えられています。

商業施設のアメニティ

商業施設でのアメニティは、施設や店舗に来てくれたお客様が感じる快適さ。次のようなものが挙げられます。

・店舗内外の清掃
・騒音カット
・快適な温度や湿度の維持
・外観や内部のデザインやインテリア
・心地よく感じるにおい
・BGM
・照明
・営業時間
・待ち時間
・混み具合
・従業員の接客態度
・デザインリーフレットやPOP など

商業施設のアメニティは、お客様に「居心地がいいな」「この雰囲気好きだ」と感じてもらうために必要とされるものです。

消費者のニーズが多様化していることもあり、サービス向上のためアメニティの範囲は拡大される傾向があります

ホテルや飛行機におけるアメニティの意味と種類

ビジネスでのアメニティの意味が押さえられたら、次は定番のホテルや飛行機でのアメニティを確認しましょう。

定番のアメニティグッズは?

ホテルでは、次のような使い捨てアイテムが定番のアメニティグッズになっています。

・レザー(髭剃り)
・綿棒やコットン
・歯ブラシセット
・クシ
・ミニサイズのシャンプーやボディーソープ
・ボディタオル

格安ビジネスホテルでも、このくらいは用意してあるところが大半。宿泊に必要な荷物が減らせるので助かりますね。

飛行機では、次のようなアメニティグッズが提供されています。

・歯ブラシセット
・マウスリフレッシュ
・フェイス&ボディシート
・アイマスク
・イヤプラグ
・フェイス&ハンドクリーム
・マスク
・クシ

ただし、飛行機のアメニティグッズは、路線や距離、クラスによって種類が変わってくるので注意。ファーストクラスならもっと豪華なアイテムが用意されますし、格安飛行機ならアメニティグッズはありません。

もっと広い意味でアメニティが使われる場合も

日本でアメニティといえばアメニティグッズを意味するケースが大半です。

しかし、海外では備品だけでなく、設備についてもアメニティという場合もあるので注意してください。

こんな場面でも使う!分野別にみるアメニティ

快適性を意味するアメニティは、次のような場面でも使われています。社会人の雑学として覚えておきましょう。

医療でのアメニティの意味は「療養環境の快適性」

病院など、医療業界でのアメニティは「療養環境の快適性」という意味です。次のようなものがアメニティになります。

・差額ベッド
・予約診療
・時間外診療
・談話室や娯楽室
・病室に置かれたインターネットが使えるテレビや豪華なソファー
・シャワー室
・病棟や病室のインテリア など

環境でのアメニティの意味は「快適環境」

環境に関する話題でのアメニティは、そこで生活する人を取り巻く全体的な環境の快適さのこと。次のようなポイントがアメニティです。

・緑豊かな自然やきれいな空気
・静けさ
・清らかな水辺
・美しい町並み
・手入れされた歴史的建築物 など

アメニティの使い方・例文

ビジネスでのアメニティは「快適性」という意味で使われるのが一般的でしたね。ビジネス会話でのアメニティの使い方を例文でイメージしてみましょう。

例文1

上司

窓を開けて1年中快適にドライブを楽しめるオープンカーを作ろう!
アメニティのレベルを高めたので、冬でも寒くなくなりましたよ。でも、真夏は厳しいと思います。

新人

上司

冬の寒さは暖房でなんとかなっても、真夏の直射日光は屋根がないと防げないかぁ。
例文2

先輩

うちの部署は、片付けできない人が多すぎるわ!
そうですか?手の届くところに必要なものが全部あるから、僕は理にかなった配置だと思うんですけど・・・。

新人

先輩

そういうのはものぐさっていうのよ。アメニティに力を入れて、仕事の効率が上がるオフィスに変身させましょう!

アメニティはホテル限定の用語ではない

日本語でアメニティといった場合、ホテルや飛行機などで提供されるアメニティグッズをイメージする人が大半ですよね。

しかし、ビジネスシーンでアメニティが登場するときには「快適性」という意味になるのが一般的。また、医療や環境の分野でも「快適性」という意味のアメニティは使われます。

それぞれの分野での意味を理解し、使いこなせるようになりましょう。