「警鐘」の読み方と意味とは?使い方や類語・英語例文を紹介

「警鐘」とは危険や良くないことが起こる前に知らせるってこと!

先輩

お昼の時間だけど、仕事まだ残ってるしなぁ…。手早くファストフードで済ませようっと。
先輩、お昼はちゃんと食べないと肥満の元ですよ?現代人は栄養が偏ってると、研究科たちも警鐘を鳴らしているわけですし。

後輩

先輩

いつもファストフードばかり食べてるわけじゃありません!

「警鐘」とは、一般的に危険などの良くないことを事前に知らせる意味をもつ言葉です。例えば緊急事態が発生し、そのことを周囲に知らせる場面などで登場します。

実は「警鐘」には2つの意味があり、現在での使い方が本来よりも広義的な意味で使われるようになりました。そのため、誤用している人も多い言葉なのです。今回は正しく「警鐘」を使いこなすための本来の意味、そして類語について詳しく解説します。

「警鐘」の類語(言い換え表現)
・「警告」
・「警報」
・「警戒」
・「注意喚起」
など

「警鐘」の読み方と意味

「警鐘」について詳しく説明する前に、まずは基本的な読み方と正しい意味について解説します。順を追って読んでいけば、言葉のもつ意味が自然と身に付きます。

「警鐘」の読み方

「警鐘」は「けいしょう」と読みます。「警告の鐘」と書いて「警鐘(けいしょう)」です。漢字を見れば意味は大体理解できるけど、読み方までは知らなかったという人は、この機会に覚えておきましょう。

「警鐘」の意味

「警鐘」は先述の項で説明した「警告の鐘」が元となり、以下の2つの意味を持ち合わせています。

警鐘
1. 災害などの注意喚起を促すために打ち鳴らす鐘
2. 良くないことが起ころうとしていることを知らせること

時代劇や演劇などで、火消しや見張り役が鐘を打ち鳴らすシーンを見たことがあるでしょうか?火事などの災害や、緊急事態を知らせるための「警鐘」が由来です。「警鐘」を打ち鳴らす目的をそのままの意味に、「警鐘を鳴らす」と表現しています。

本来はこのように災害などの危険が迫る事態を伝えるために使われる言葉ですが、現在では程度にかかわらず警告や注意喚起などでも使用されるのが一般的です。

「警鐘」の使い方

「警鐘」の使い方について紹介します。「警鐘」の使い方のなかには、誤用が一般的となってしまっているものも少なくありません。そちらについても詳しく解説するので、例文とあわせてぜひ最後までお読みください。

「警鐘」の例文

一般的によく使われているのが「警鐘を鳴らす」または、「~に警鐘!」などの体言止めです。ほかにも使われているフレーズもありますが、「警鐘を鳴らす」がもっとも一般的な使い方と考えて問題ありません。

体言止めの使い方は、主にキャッチフレーズとしての役割です。こちらもあわせて例文をご紹介します。

例文1

部下

最近やたらに寒くありませんか?なんだか具合悪くなってきたような気がします…。
最近はインフルエンザが流行っているからね。免疫力の低下には十分注意するよう、連日ニュースでも警鐘を鳴らしているね。

上司

例文2

部下

なんだか外部の人が多いようですけど、関係者の方々ですか?
今回のテーマは環境問題に警鐘を鳴らすのが目的だからね。団体の方も多く参加しているんだよ

上司

例文3

後輩

イヤー、昨日は思わずスマホで一日中動画を見ていたから、テンションが上がって寝られませんでした。
『現代人に警鐘!スマホ依存による健康被害』って本があるんだけど、一度読んでみることをおすすめするわ。

先輩

「警鐘」の誤った使い方

「警鐘」を使った以下のようなフレーズを耳にした機会もあるのではないでしょうか?

警鐘する
警鐘を発する
警鐘を促す

これらは「警鐘を鳴らす」とともによく使われているフレーズですが、いずれも不自然な「警鐘」の使い方です。「警鐘」の後に続く動詞は「鳴らす」以外は間違いです。

日本語の文法には、「食事する」などの「名詞」+「する」の表現があります。「警鐘(名詞)」+「する」は、「名詞+する」でも不自然(使えない)なパターンです。

「警鐘を発する」は、「(鐘は)人が鳴らす」ことはできるが「(鐘が)自ら音を発する」ことはできないから使い方として間違いです。

「警鐘を促す」は、似たような言葉の「警戒」を使用した「警戒を促す」の言い間違いと推測されます。

「警鐘」の類語

「警鐘」は「警鐘を鳴らす」以外のフレーズで使用するのは誤りです。別のパターンを使うときは類語を選択する必要があります。ここでは「警鐘」と似たニュアンスの類語を紹介します。

「警告」

良くない事態にならないように注意を知らせる言葉です。「警鐘」よりも使用頻度が高く、シンプルでわかりやすいフレーズです。「警鐘」の誤った使い方を避ける場合、「警告」に置き換えるのが無難です。

例文1

先輩

あれだけいっておいたのにまた忘れ物をしたの!?次は警告じゃ済まされないからね!
ひー!次こそ絶対に気を付けます…。

後輩

例文2

部下

彼は再三の警告を無視したので、反省の意味を兼ねて向こうで頭を冷やしてもらっています。
それで珍しく書類整理なんてやってたのか…。

上司

「警報」

危険が迫っている状況を周囲に伝え、警戒を促す知らせをあらわす言葉です。”危険な状況を伝える知らせ”の意味では「警鐘」に近く、ニュースなどではもっとももよく使われているフレーズです。防災の意味合いでは「注意報」に置き換えられます。

例文1

上司

今日は台風警報も出ているようだし、早めに切り上げて今のうちに帰宅するように
外はまだ天気だというのに、これから台風が来るなんて想像できませんね。

部下

例文2

部下

今日の会議は確か部長もお見えになるんですよね?A君にプレゼンさせて大丈夫なんですか?
すでに頭のなかで警報が鳴り響いているが、彼を信じるしかないだろう…。

上司

「警戒」

悪い出来事が起きないように用心する様子をあらわす言葉です。危険である状況を理解し、備え(てい)る態勢を指します。

例文1

後輩

先輩なんですか、急に呼び出しなんて…。僕またなんかやらかしました・・・?
そんなに警戒しなくても、今回はただの打ち合わせだから安心なさい。

先輩

例文2

部下

ただいま戻りました。特になにもなく、普通に話し合ってきましたよ。
それは良かった!私だと話が合わないと先方に警戒されてしまってね。

上司

「注意喚起」

「喚起」とは呼びかけによって物事を起こす様子をあらわし、周りへの注意を呼び掛けて促す意味の言葉が「注意喚起」です。呼びかける意味で「発する」に置き換えることも可能です。

「喚起」には「促す」の意味が含まれているため、よく使われている「注意喚起を促す」のフレーズは意味の重複で誤用になります。別の言葉にするなら「注意を促す」に言い換えましょう。

例文1

後輩

いきなりの大雨で水浸しになっちゃいました…。床もびしょびしょですよ。
本当ね。来客される方が危ないから、足元への注意喚起をしなきゃ。

先輩

例文2

部下

あれ?課長がマスクをしてくるなんて珍しいですね?風邪ですか?
最近風邪が流行しているからね。注意喚起を兼ねての予防だよ。

課長

「警鐘を鳴らす」の類語

「警鐘を鳴らす」は、周囲に音を鳴らして注意を促して気づかせる意味の言葉です。「警鐘」以外の注意を促すほかの言葉、似たようなニュアンスのフレーズを紹介します。

「釘を刺す」- 間違いや失敗がないよう、前もって念を押すこと
「念を押す」- 何度も重ねて注意すること(より強い意味で「念には念を押す」)
「用心する」- 心を配り、気を付けること(より強い言葉で「警戒する」)

「警鐘」のように物事を例えた表現があり、いずれも気を付けるために心を配り、神経を使っている様子を現しています。

上記とは別に「警笛」の単語があり、「警笛を鳴らす」のフレーズも見受けられます。「警笛」とは警戒を促すために鳴らす笛を指し、一見すると「警鐘」と同じ役割の単語に見えます。

しかし、「警笛」は車や船などの交通機関や警察機関で使われている交通保安用具です。向かってくる乗り物や周囲にこちら側の存在を知らせる行為であるため、促す注意の意味合いが異なる「警鐘を鳴らす」の言い換え言葉にはなりません。

「警鐘」の英語表現

「警鐘」はビジネスシーンでも使われる言葉です。危険やよくないことを伝える場面で意思疎通ができるよう「警鐘」の英語表現を事前に確認しておきましょう。

「警鐘」の英語表現
「警鐘」は英語で・・・
alarm
alert
warning

と表現できます。

「警鐘」の英語表現を使用した例文はこちらです。

例文
・You should be aware of the virus problem, which is being alerted in the news.
⇒ウイルスの問題はニュースで警鐘を鳴らしているから知っておくべきだよ。
・I wanted to ring the alarm, but I’m sorry that it didn’t improve.
警鐘を鳴らしたつもりだけど、改善されなくて残念だ。
・The theme for this time is to raise a warning for environmental problems.
⇒今回のテーマは環境問題に警鐘を鳴らすのが目的だ。
・ I have a book titled “An alarm for modern people!”I recommend reading it.
⇒『現代人に警鐘!』ってタイトルの本があるんだけど、読むことを君におすすめするよ。

意味や使い方を正しく理解し「警鐘」を使いこなそう

ニュアンスだけでなんとなく意味を理解できてしまうため、「警鐘」は誤った使い方が広がってしまった言葉です。「警鐘」の類語は数が多く、いずれもニュアンスだけであいまいな使い方をしてしまう人も多く見受けられます。

言葉を伝えるのは大切なことであり、正しく使うことは説得力を生みだします。正しく意味を理解し、言葉を軽んじることへの警鐘を鳴らすことは、他人だけでなく自分を見直すことにも通じます。みなさんも日本語を正しく使ってくださいね!