「ご活躍」とは?目上に人に使える?ご活躍とご健勝の違いは何?例文や英語表現を徹底解説!

「ご活躍」は個人に対して使えるフレーズ

「ご活躍」は、誰に対してもどんな場面でも使える失礼のない言葉のように感じますが、実は個人に対してのみ使われるフレーズ。「仕事や活動に対する称賛」の言葉として、日常会話やビジネスシーンでも幅広く使用されています。

「ご活躍」は個人に対して使用できる言葉であって、会社や組織に対して使用すると違和感が生じます。会社や組織の成長を願う際には「ご活躍」ではなく「ご発展」を使用しましょう。

「ご活躍」の言い換え(類語)表現と例文
「飛躍・躍進」
⇒「○○様のさらなる飛躍(躍進)をお祈り申し上げます。」

「ご隆昌」
⇒「ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます」

「ご隆盛」
⇒「ますますのご隆盛をお祈りいたしております。」

「ご活躍」の意味

そもそも「ご活躍」とは、物事の活動において目覚ましい働きを見せることを意味します。個人に使うことで「活躍」を「願う」「期待する」という意味合いを持ち、相手に対して励ましやエールを送る言葉としても頻繁に使われます。

「ご活躍」は目上の人にも使える?

接頭語の「ご」をつけて敬語として用いることで相手を敬った「ご活躍」は目上の人に対しても使えるフレーズです。ご活躍の前後の表現を尊敬語や謙譲語を用いることでより丁寧な表現で使うことが可能です。

「一層のご活躍を心より応援させていただきます。」
「影ながら応援させていただきます。」
「ますますのご活躍をお祈り申し上げます。」

「ご活躍」の使い方

一般的に使われる「ご活躍」とは、相手の分野において第一線で活躍している人を称える挨拶の言葉として用いられます。また、ビジネス文書などの締めの言葉や転勤や異動など、別れの挨拶としても使用されます。

使用上の注意点

「ご活躍」を使用した例文は多々ありますが、「ご活躍ください」は相手に「活躍を強制している」ようにも受け取られることがあるため使用は避けたほうが無難です。目上の人や上司、クライアントに対してのこれから取り上げる表現やt例文を活用するようにしましょう。

「ご活躍」の例文

挨拶として使われる「ご活躍」とは、文字通り相手の活躍を「祈る」「期待する」という意味で使われます。部下や親しい相手、上司、取引先など、相手との関係性によっては失礼に受け取られる場合があるので使用には注意が必要です。

ここでは様々な場面で使われる「ご活躍」の使い方についてシチュエーションごとに例文とともにご紹介します。

目上の人にも使える「ご活躍をお祈り申し上げます」

「より一層のご活躍をお祈り申し上げます。」

「活躍を期待しています」という意味で使える敬語表現です。相手に対して低姿勢を保ちつつ「活躍を期待しています」と伝える言葉です。目上の人に対して「期待しています」とストレートに伝えると失礼にあたるため、使用する際は丁寧な表現を心がけましょう

エールを伝える「ご活躍を応援しております/ご活躍を陰ながら応援しております」

「〇〇様のご活躍を応援しております。」
「僭越ながら、ご活躍を影ながら応援しております。」

相手に対してエールを送る言葉としてどちらも同じ意味となりますが、上の2つの例はそれぞれニュアンスが少し異なります。

「ご活躍を応援しております。」は隠すことなく応援する意思を表現していますが、「影ながら~」は「密かに」との意味を含んだ表現です。

「力になれませんが、応援だけでもさせていただきます」という奥ゆかしい表現としても使えます。ただし、相手によっては「表立って応援してくれない」と受けとられるケースも考えられます。

使い分ける場合には相手との関係性を考慮し、どちらか判断がつかない場合は「ご活躍を応援しております。」を使う方が無難と言えるでしょう。

現在の活躍を称える「ご活躍を拝見いたしております」

「いつもご活躍を拝見いたしております。」

「見る」ことをへりくだって表現する「拝見」が使用されている例文です。

相手の活躍を「見ております」「聞いております」という意味になります。「拝見」は「見る」との意味を同じですが、この場合、実際に見て無くても便宜上「聞き及んでいる」という意味で使用されます。

「ご活躍されている」は敬語表現のようにも聞こえるが正しくない!

日常会話でもよく使われる「されている」は、本来受け身の言葉になります。「活躍」とは、仕事や組織の中心として目覚ましく活動することを指し、「活躍されている」では不自然に感じてしまいます。相手の活躍を称える場合は謙譲語の「おられる」に言い換えると最適です。

「活躍しておられるのを聞き及んでいます。」
「別の場所でも活躍しておられるようです。」

しかし、「おられる」は解釈が異なる場合があり、尊敬語と謙譲語で二重敬語として捉えられるケースもあります。場合によっては「おられる」の別の表現である「いらっしゃる」と使い分けると良いでしょう。

ご活躍とご健勝の違い

「ご健勝(けんしょう)」とは「健康がすぐれて元気なこと」や「すこやか」を意味する言葉です。相手を称えたりエールの意味を持つ「ご活躍」に対して、相手の体調や健康を願う挨拶の言葉としてビジネスシーンで使われます。

どちらの意味も相手の状態に対してニュアンスを変えた言葉なので、目上の人やビジネス文書などでも挨拶として使用できます。

注意点としては体調を気遣う言葉なので、怪我の人や病気の人に使用するのは避けましょう。

「ご健勝」を使用した例文

「ご健勝のこととお慶び申し上げます。」
「ご健勝のことと存じます。」

結婚式のスピーチやめでたい席などの挨拶でも使われることが多い例文です。「ご活躍」と合わせて「ご活躍、ご健勝をお祈り申し上げます。」などの使い方も可能です。

「ご活躍」の類語

相手の活躍を表現する言葉に「飛躍・躍進」「ご隆昌」「ご隆盛」の類語があります。「ご活躍」以外に使える類語を使用した例文をご紹介します。

飛躍(躍進)をお祈り申し上げます。

「〇〇様のさらなる飛躍(躍進)をお祈り申し上げます。」

「活躍」を「飛躍(躍進)」に置き換えた表現方法です。転勤や異動など、別の場所でも変わらない活躍を相手に期待していることを伝える言葉として使用できます。

「ご隆昌の段お慶び申し上げます。」

「ますますのご隆昌の段、お慶び申し上げます。」

「隆昌」とは「勢いが盛ん」「非常に栄える」との意味を持ち、もともとは中国・南北朝時代の年号から引用された言葉です。主に家や組織に対して使われ、個人よりも取引先の繁栄や状態を称える言葉として使用されます。

相手の組織の状態によっては適切ではないケースがあるので、使用の際には注意しましょう。

「ご隆盛のこととお喜び申し上げます。」

「勢いが盛ん」という意味の「ご隆盛」は「ご隆昌」と同じ意味を持つ言葉です。メール冒頭などで季節の挨拶として使われます。

「拝啓 ますますのご隆盛のことと、お喜び申し上げます。」

「ご隆昌」から置き換えた使い方で問題なく、相手の状況によって使い分ける注意点も同じです。

「ご活躍」の英語表現

「ご活躍」の英語表現も覚えておくと安心です

「ご活躍」は英語で

Your (successful) activity.

となります。例文もご紹介していきます。

「ご活躍をお祈り申し上げます」の英語表現

ご活躍をお祈り申し上げます」を英語で表現すると

I am praying for you to have a successful activity.

となります。

「ご活躍を応援しています」の英語表現

ご活躍を応援しています」を英語で表現すると

I am supporting you activity.

となります。

「ご活躍を期待しています」の英語表現

ご活躍を期待しています」を英語で表現すると

I have expectations regarding your activity.

となります。

「ご活躍」を正しく使い、活躍が期待されるビジネスパーソンになろう!

ビジネスシーンでもよく使われる「ご活躍」という挨拶は文字通り「活躍を期待する」という意味で用いられます。「ご活躍」を正しく使いこなし、社会人として称賛・期待されるビジネスパーソンを目指しましょう!