マイノリティの意味とは?英語や反対語、ビジネスおける使い方を徹底解説

マイノリティは「少数派」とは限らない

上司

今回扱うカタカナ語は、マイノリティだよ。
マイノリティは少数派って意味ですよね。以前、マイノリティリポートをみて気になったんで、調べたことがあるんです。

新人

上司

目にした言葉を自主的に学ぶのは、いい心がけだね。でも、マイノリティがいつも少数派とは限らないんだよ!

マイノリティは「少数派」という意味をもつカタカナ語です。しかし、いつもいつも「少数派」が、マイノリティになるとは限りません。

マイノリティは近年特に重要になっているため、間違った使い方をしていると恥ずかしいですよ。正しい知識を身につけましょう。

ちなみに、マイノリティリポートはトム・クルーズ主演の近未来SFアクション映画。ネタバレになるのでくわしいあらすじは省きますが、マイノリティというワードが、ストーリー上の重要なキーワードになっています。

マイノリティの意味を解説

ニュースなどで実際に使われているマイノリティのニュアンスは、マイノリティという言葉がもっている本来の意味と、完全にイコールとはならない場合も。

しかし、言葉そのものの意味をしっかり理解しておかないと、マイノリティのニュアンスを読み取れなくなってしまいます。まずは、基本的なマイノリティの意味を確認しましょう。

英語のマイノリティ(minority)はどんな意味?

マイノリティは英語表記すると「minority」。 「minority」には次のような意味があります。

minority
少数
・少数派
・少数政党
・少数民族
・未成年
・未成年期

未成年や未成年期という意味に、「あれ?」と思った方もいたのではないでしょうか。現代の日本は少子高齢化が進んでいるので、大人より子どもの方が少なくなっています。

しかし、時代や国によって人口分布は変わってくるため、未成年がいつも少数派になっているとは限らないですよね。

未成年は「minority」なの?

「minority」は、英語の「minor」からきている単語です。「minor」には、「少数派の」や「小さいほうの」という意味があります。

未成年は、成人よりも小さい人ですよね。体格は個人差があるでしょうが、少なくとも年齢は低くなります。

「minority」という単語を暗記するときには、大人より小さい「未成年」も意味に含まれる。そう解釈すると、覚えやすいですよ。

日本語のマイノリティとは?

日本語のマイノリティは、マイノリティグループと表記される場合もあります。マイノリティは次のような意味をもつ言葉です。

マイノリティ
少数
・少数派
・少数政党
・少数民族

日本語のマイノリティは、英語の「minority」とほぼ同じ意味です。しかし、日本語のマイノリティには、未成年という意味はありません

MEMO
子どもの人数が大人よりも少ない場合、少数派になる未成年をマイノリティとするケースはあります。

知っておきたい!マイノリティに関するあれこれ

マイノリティの語源「minor」には、「大したことのない」や「二流の」という意味もあります。

この意味を受けて、社会的弱者がマイノリティと呼ばれる場合も。少数派でなくとも、社会的弱者がマイノリティになるケースがある点に注意してください。

逆に、権力者や億万長者など絶対的強者は、社会の中で少数派であってもマイノリティにはなりません

マイノリティだからといって、弱いわけではない!

マイノリティだからといって、必ずしも弱いわけではありません。そして、軽んじていい相手でもありません。

特にビジネスでは、マイノリティの意見だからといって、あっさり切り捨てるのはおすすめできません。それは、誰も気づいていない貴重な発見につながる可能性があります。誰の意見でも平等に受け止め、しっかり検討するようにしましょう。

マイノリティは注意が必要な言葉

女性や高齢者、社会的少数派、シングルマザーなどに対してマイノリティという表現が使われるケースがあります。

しかし、当事者は、自分たちがマイノリティと呼ばれるのを嫌がるケースも珍しくありません。

マイノリティは、いわれた相手がどう感じるかをしっかり考慮したうえで、場合によっては使用を避けましょう。

マイノリティの反対語は「マジョリティ」

マイノリティの反対語は、「マジョリティ」です。「マジョリティ」は、「多数派」や「過半数」という意味になります。

権力者や億万長者など、圧倒的な強い力を持つ人は、少数でも「マジョリティ」と呼ばれるケースがあります。

「マジョリティ」について、くわしくは下記の記事で紹介しています。こちらも読んでみてください。
マジョリティの意味とは?英語や対義語「マイノリティ」から「サイレント・マジョリティ」や欅坂46まで徹底解説!

[ビジネス版]マイノリティの使い方・例文

ニュースでしばしば目にするマイノリティですが、ビジネスではどのように使うのでしょうか?

ビジネスシーンでのマイノリティを、例文でイメージしてみましょう。

例文1

新人

地方出身者は、うちの会社だと肩身が狭いですよね。田舎者ってバカにされそうで、会議では自分の意見をいいにくいです。
マイノリティであることは、新人君の強みにもなるはずだよ。東京から出た経験がない人は、思いつきもしないような点にも目が向くんじゃない?

上司

新人

なるほど!マイノリティの強みを活かして、地方出身者の視点で気づいた事柄を提案すればいいんですね。
例文2

先輩

皆と同じ服を着るのってつまらないと思わない?ファッションは、マイノリティの方がかっこいいわ。
確かに。ファッションリーダーと呼ばれている人たちの服装は、皆個性的でほかの人とは違うものになっていますね。

新人

先輩

そこで、来シーズンの新作は、マイノリティのためのファッションを追求してみようと思うのよ!面白いアイディアをどんどん出してちょうだい!

ビジネスで役立つマイノリティの関連語

ビジネスでは、マイノリティだけでなく関連語もよく登場しますよ。重要な意味をもつ言葉なので、しっかり覚えておきましょう。

マイノリティオピニオン

オピニオンは「意見」のこと。マイノリティとくっつけたマイノリティオピニオンは、少数意見という意味になります。

マイノリティ出資

マイノリティ出資は、経営の順調な企業が経営難の中小企業に投資し、「過半数を超えない数の株を取得する」という意味。

過半数を超えないため、中小企業は自社の経営権を手放さずに、投資してくれた会社の支援を受けて経営を続けられます。

多様性の時代、マイノリティはビジネスの幅を広げるヒント

価値観は、人それぞれ異なります。日本人に限ってみたとしても、皆が同じように考えて同様の生き方をするというケースはあまりないですよね。

現代社会は、皆がみんなマイノリティといってもいいのかもしれません。マイノリティに目を向け相手を理解しようとする努力は、そんな多様性の時代に適応するため必要な事柄になっていますよ。

マイノリティの視点を活かした、新たなビジネスを考えてみましょう!