「ご一報ください」の意味とは?上司に使える敬語?メール・電話での返信対応や英語表現をチェック!

「ご一報ください」は連絡くださいと同じ意味のフレーズ

「ご一報ください」は、簡単に言うと”連絡ください”との意味を持つフレーズです。

「一報」という言葉は”知らせ”や”知らせること”との意味があり、最初の知らせのことを「第一報」と表現することもあります。

「ご一報ください」には、「知らせ」や「連絡」などの意味で使用できる類語が存在します。ビジネスで起こりうる様々なシーンを想定して、事前に言い換えできる表現も覚えておくとよいでしょう。

「ご一報ください」の類語
・ご連絡ください
・お知らせください
・ご報告ください

「ご一報ください」は上司に使える敬語?

「ご一報ください」の意味に加え、ビジネスパーソンのみなさんが知りたいのは、上司に使えるフレーズであるのか・・・という点ではないでしょうか?

「ご一報ください」は、「一報」に接頭語「ご」がつけられ、依頼する際の丁寧語である「ください」がその後に続きます。その為、敬語表現として正しく、上司に対しても使用可能です。

「ご一報ください」の注意点

「ご一報ください」は敬語表現として正しいのですが、注意点もあります。

「ご一報ください」の「ください」は、「くださる」の命令形です。このフレーズを聞くと命令されていると感じる人がいることも事前に知っておくべきです。

「ご一報ください」に限らず、これまで当り前のように使ってきた言葉でも、使用する前には正しい使い方であるのか?目上の人や上司、クラアントに対して失礼にあたらないのかを一度しっかりと確認しておくことが大切です。

「ご一報ください」の使い方

「ご一報ください」の正しい使い方を確認していきましょう。

「ご一報ください」をビジネスシーンで使用する際、命令されているとの感情を抱かせないよう”クッション言葉”を使用することで、その印象を取り払うことが可能です。

クッション言葉とは・・・?
相手への依頼や断り、異論を唱える場合など、きつくなりがちな言葉の前に添えて使用することで、”クッション”の名の通り、言葉の衝撃をやわらげてくれる働きを持つフレーズのこと。

「ご一報ください」の例文

柔らかな印象を相手に与える”クッション言葉”を使用しながら、連絡を依頼する「ご一報ください」の例文を確認していきましょう。

・お手数ですが、ご一報ください。
・差し支えなければ、ご一報ください。
・大変恐縮ですが、ご一報ください。
・恐れ入りますが、ご一報ください。
・ご多忙中とは存じますが、ご一報ください。
・ご面倒おかけいたしますが、ご一報ください。

さらに丁寧に表現したい場合は、

・ご一報くださいますようお願いいたします。
・ご一報くださいますようお願い申し上げます。

命令表現を和らげたい場合は、

・お手数ですが、ご一報いただけないでしょうか。

など、命令口調ととられる可能性がある「ください」を使用せずに伝えることもできます。

「ご一報ください」に対する返信の仕方は?

「ご一報ください」とクライアントから言われた場合の返信対応についてもしっかりおさえておきましょう。

「ご一報ください」の依頼に対しては電話やメールでの返信がベター

「ご一報ください」と相手からお願いされた場合、一番大事なことは、その結果がわかった段階でなるべく早く報告することです。そのため、連絡は電話やメールでの返信が多くなると予想されます。

急を要することに関しては、電話での連絡がベターといえるでしょう。電話をして相手が不在であった場合は、メールで報告しておくと親切です。

その際は、メールの冒頭で

「先ほどお電話を差し上げましたがご不在でしたのでメールにて失礼をいたします」

など、電話をしたが不在であったことを伝えるよう文章として書き残しておきましょう。

※「お電話」の使い方が気になった人はこちら!下記記事に詳しく書かれています!↓↓
〇関連記事:「お電話」は敬語?電話対応の際に使用可能な例文や英語表現を確認

ビジネスシーンで使える「ご一報ください」の類語

「ご一報ください」は”連絡ください”との意味を持つフレーズですが、それと似た意味を持つ類語が存在します。

ご連絡ください

・大変恐縮ですが、明日までにご連絡ください。
・ご連絡くださいますようお願いいたします。

「ご連絡ください」はビジネスシーンでも非常によく使われるフレーズです。命令口調ととられないよう、クッション言葉やより丁寧に表現して伝えることが大切です。

お知らせください

・ご多忙中とは存じますが、お知らせください。
・お知らせくださいますようお願い申し上げます。

「お知らせください」も「ご一報ください」の言い換え表現として使用可能です。こちらも命令口調ととられないよう、目上の人や上司、クライアントに対してはクッション言葉やより丁寧に表現して伝える必要があります。

ご報告ください

・お手数ですが、研究結果をご報告ください。
・ご報告くださいますようお願い申し上げます。

「ご報告ください」も「ご一報ください」と似た意味を持ちますが、「報告」には終了した内容や経過を伝えるとの意味合いが強いため、シチュエーションに合わせた使い方が求められます。

「ご一報ください」の英語表現

「ご一報ください」の英語表現も確認しておきましょう。

「ご一報ください」は英語で

Please reply to me.

と表現できます。いくつか例文を挙げてご紹介します。

・It is a nuissance, but please repky to me.
⇒お手数ですが、ご一報ください。
・I am sorry, but please reply to me.
⇒恐れ入りますが、ご一報ください。
・I am giving you some trouble, but please reply to me.
⇒ご面倒おかけいたしますが、ご一報ください。
・Could you please reply to me?
⇒お手数ですが、ご一報いただけないでしょうか。

「ご一報ください」を正しく使おう!

「ご一報ください」は知らせてほしい、連絡してほしいとの要望を相手に伝えられる言葉です。敬語表現であるため、親しい間柄の人に対してはそのまま使用しても問題ありません。

しかし、「~ください」は人によって命令口調ととらえられることもあるため、クッション言葉を使用したり、「ご一報くださいますようお願いいたします」など、より丁寧な表現によってリスクを回避することも忘れないでくださいね!