オブジェクション=異論・反論!分かりやすく使い方を解説

オブジェクションとは、「異論」や「反論」という意味

「オブジェクション(objection)」は「異論」や「反論」という意味のカタカナ語です。洋画が好きな方は法廷シーンで弁護士や検事が立ち上がり、声高に「オブジェクション!」と発言するシーンを観たことがあるかもしれませんね。このシーンで役者は「反対!」や「意義あり!」と主張しているわけです。

この記事では「オブジェクション」の意味や使い方を詳しく紹介していきます。ぜひ読んでみてください。

オブジェクション意味とは

「オブジェクション(objection)」の意味は「異論・反論」。「objection」はob-ject-tionに分解することができます。

「ob」はもともとラテン語。英語の「toward(その方向へ)」と同じ意味です。

「ject」は中期フランス語の「jeter」 が由来。英語の「 to throw(投げる)」の意味で、「jeter」はラテン語の「iacere(投げる)」から来ています。

「tion」の由来はラテン語の「-ionem」です。単語の終わりにくっついて名詞に変える働きをします。意味は「こと」。

「ob-ject-tion」は「その方向へ」+「投げる」+「こと」。投げ込まれるもの→投げ込まれる意見→異論というように意味が組み立てられています。

テレビ番組のネタにもなっているオブジェクション

「オブジェクション」は2016年秋のTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」でネタにされています。主役の新垣結衣(役名:森山みくり)さんと星野源(役名:津崎 平匡)さんの

星野「後ろ向きな選択だっていいじゃないか。恥ずかしい逃げ方だったとしても、生き抜くことの方が大事で、その点においては、異論も反論も認めない」

新垣「逃げるのは恥だけど役に立つ。そうですね。逃げても生き抜きましょう。オブジェクションしている場合じゃありません」

という掛け合いで「異論!反論!オブジェクション」という文言が出てきます。この「異論!反論!オブジェクション」の元ネタは、TBSの「NEWS23」で筑紫哲也さんが司会だった時代のワンコーナー、「異論!反論!OBJECTION」です。

「異論!反論!OBJECTION」は街の人に時事ニュースに対する率直な意見を聞くコーナー。筑紫哲也さんは2008年に亡くなり、コーナーも終わってしまったので、世代で反応が分かれるかなり古いネタですね。

オブジェクションの分かりやすい使い方

「オブジェクション」の意味はつかめましたか?この見出しでは「オブジェクション」の使い方を例文で紹介します。

例①

A:今年の学園祭の出し物、中古品を集めた蚤の市はどうでしょうか?大学教授からも寄付を募れば、辞書や学術本など学生に役立つ商品も集められると思います。

B:オブジェクション!商品は自分たちで探せって、教授の物置部屋掃除させられるにきまってるよ!

例②

A:星がきれいだよ。今日は庭にテーブルを出して外で晩ご飯食べよう。
B:オブジェクションだ。ご近所から丸見えになるから恥ずかしいよ!

例③

A:今度の休みは大きなショッピングモールに買い物に行こうか?
B:オブジェクション!買い物の気分じゃない。

A:じゃあ、ドライブして海見に行く?
B:オブジェクション!この前行ったばっかりだからつまらない。

A:それなら、山に登って運動不足解消する?
B:オブジェクション!虫が多いから山は嫌だ。

A:オブジェクション!オブジェクション!ばっかり言ってないで、反対するなら案出してよ!

オブジェクションの関連語

「オブジェクション」の関連語に「オブジェクションハンドリング(Objection handling)」というものがあります。「Objection handling」を直訳すると「反論対応」。「想定問答」や「誘導尋問」みたいな会話の進め方のことで、アメリカのビジネスでよく用いられる手法です。

オブジェクションハンドリングのやり方

「オブジェクションハンドリング」は、相手に対してまず「質問」をして、何らかの答えを引き出します。その答えが自分の欲しい答えでない場合は反論し、最初の答えとは方向性が違う答えを引き出します。自分の欲しい答えでない時には再び反論し、また違う答えを引き出す・・・を欲しい答えが相手から出てくるまで延々繰り返します。

相手の答えが自分の欲しい答えと一致したら賛同して終了。ポイントは決して自分から欲しい答えは言わず、相手に自分から言わせることです。

オブジェクションの対義語

「オブジェクション」にカタカナ語の対義語はありません。「賛成」が対義語になります。ビジネスシーンで使える「賛成」の敬語・丁寧語をみていきましょう。

賛成するときの基本の言葉使い

丁寧に賛成する言い方はいくつもあります。相手や状況にふさわしい言い方を選ぶことが大切です。

○ごもっともです
相手に賛成するしかない時に使います。「ごもっともです。ただ、私どもとしましてはなんちゃらかんちゃら~」と一旦同意を示した後、穏やかに反論する使い方もあり。

○まさに、おっしゃる通りでございます
反論のしようがなく、完全に白旗を上げて同意するときに使います。

○仰せの通りです
目上の人の命令や、取引先、お客様の意見に賛同するときに使います。

○さようでございます
かしこまった席で使う同意の言葉。ビジネスや日常生活で使うと、「冷たい言い方」と相手に受け止められてしまうこともあるので注意。

○異存はございません反論も不平不満もなく賛成するときの言い方です。

○お腹立ちも無理のないことでございます
怒っている相手に、「あなたが怒っている理由を私はしかと受け止めています」と、相手の怒りの理由に同意する言い方。

注意!「大丈夫」は敬語表現ではありません

「大丈夫」は「構いません」「問題ないですよ」というニュアンスを含む、日常でよく使う言葉。「異存はございません」に意味が似ているので、ビジネスで使っている方もいそうですね。

でも、「大丈夫」は敬語表現ではないので、目上の相手に使うのはNGです。同意の意味で目上の相手に「大丈夫」を使いたくなったときには、「問題ありません」「問題ございません」などを使うことをおすすめします。

日本人には使いにくい?オブジェクション

ここまで「オブジェクション」の意味や使い方を読んできて、アメリカの弁護士みたいに「オブジェクション!」とかっこよく使えたらいいな~と思った方もいるかもしれませんね。

でも、ちょっと待ってください。

家族や友人同士など、気心が知れた親しい間柄ならともかく、日本でそこそこの付き合いの相手に「反対!」と直球で主張するのは人間関係に角が立ちますよね。そのため、「オブジェクション」は相手の心情をおもんぱかることを美徳とする日本人にとって、使いにくいカタカナ語・英語かもしれませんね。