「くださいませ」は敬語として失礼?男性は使えない?会話や手紙・書き言葉としての使い方を解説!

「くださいませ」は目上の人に対する敬語として失礼ではない!

「くださいませ」は正しい敬語であるため、目上の人に対して使用しても失礼にはあたりません。

「くださいませ」はコールセンターのアナウンスやサービス業などでよく耳にする言葉です。しかし、どんな言葉でも多用すると”くどい印象”を相手に与えることになるため、言い換え表現を知ることで使い分けましょう。

「くださいませ」の類語
・お願いします

「くださいませ」の意味

「くださいませ」は相手に対して要求や依頼する際に使用されますが、「ください」に「ませ」がプラスされることでどのような意味に変わるのか確認しておきましょう。

「くださいませ」の「ませ」の意味とは?

「くださいませ」は相手に対して要求や依頼する丁寧な表現「ください」に助動詞「ます」の命令形である「ませ」がプラスされた言葉です。

「くださいませ」と言うと「ください」よりも物腰柔らかな印象を受けますが、実は「ませ」が加えられることで命令形のフレーズとなっています。

男性は「くださいませ」と言わないほうが良い?

男性の中にも「くださいませ」を好んで使っている人もいるかと思いますが、今後は使用を控えたほうが無難です。

なぜかと言うと、「くださいませ」の「ませ」は女性だけが使用する”女性語”と言われているからです。

女性語とは?
女性語とは、女性が使う特有の言葉や言い回しを指します。語尾に「だわ」「よね」などを加えるなど「ませ」以外にも多くの女性語が存在します。

これまで「くださいませ」を使用していた男性は、今日から言い方を改めましょう。

「くださいませ」の使い方

「くださいませ」は男性が使うとおかしく聞こえるため、ここでは、女性が使用する際の正しい使い方を確認していきます。

「くださいませ」の例文

「くださいませ」の正しい使い方を例文とともに見ていきましょう。「くださいませ」は飲食店などのサービス業やビジネスシーンでも多く使用されています

「くださいませ」を使った使用頻度の高い例文

・少々(しばらく)お待ちくださいませ。
・ごゆっくりお召し上がりくださいませ。
・お気を付けくださいませ。
・またお越しくださいませ。
・お声がけくださいませ。
・お伝えくださいませ。
・ご利用くださいませ。
・お立ち寄りくださいませ。
・確認くださいませ。
・ご覧くださいませ。

サービス業に従事する人やビジネスシーン、電話対応など、口頭でよく使われる「くださいませ」の例文です。これらの言葉は使用頻度が高いため、つい口にしてしまう男性もいるかと思いますが、使わないようにしてくださいね。

「くださいませ」は書き言葉として文章でも使用できる?

「くださいませ」は会話だけではなく、書き言葉としても使用可能です。

書き言葉として使用できる「くださいませ」の例文

・お体をご自愛くださいませ。
・元気でお過ごしくださいませ。

「くださいませ」を書き言葉で使用する際の例文です。手紙などの締めの文章してもよく使われます

ビジネスメールで「くださいませ」は使用できる?

ビジネスパーソンであるみなさんにとって気になるのは、「くださいませ」はビジネスメールで使用できるのかと言う点だと思います。

「くださいませ」は会話で使う機会の多い言葉ですが、ビジネスメールでの使用は控えたほうがよいです。特に社外の人やクライアントに対して使わないように注意してください。

先方に対して要求や依頼をする際には、「くださいませ」と同じニュアンスの意味を持つ言い換え表現を使い対応しましょう。

「くださいませ」の言い換え表現

「くださいませ」を会話で使用するのは問題ありませんが、ビジネスメールでの使用には向いていません。また、女性語であるため、男性は言い換え表現を使うことが求められます

お願いいたします

・ご確認のほどよろしくお願いします。

ビジネスシーンで頻繁に使われる「お願いします」は「くださいませ」の言い換え表現として使うことができます。

「お願いします」に変えることで、男性はもちろん、ビジネスメールでの使用も可能です。

「くださいませ」の英語表現

「くださいませ」の英語表現も確認しておきましょう。

「Please」を使用することで「くださいませ」と同じニュアンスを伝えることができます。

★会話で使える「くださいませ」の英語表現

・Please wait for a moment! ⇒ 少々(しばらく)お待ちくださいませ。
・Please eat as you please! ⇒ ごゆっくりお召し上がりくださいませ。
・Please take care! ⇒ お気を付けくださいませ。
・Please come again! ⇒ またお越しくださいませ。
・Please call! ⇒ お声がけくださいませ。
・Please tell forward! ⇒ お伝えくださいませ。
・Please use it! ⇒ご利用くださいませ。
・Please pass by! ⇒ お立ち寄りくださいませ。
・Please check! ⇒ 確認くださいませ。
・Please take a look! ⇒ ご覧くださいませ。

★書き言葉として使える「くださいませ」の英語表現

・Please take good care of your body! ⇒ お体をご自愛くださいませ。
・Please have a nice stay! ⇒ 元気でお過ごしくださいませ。

「くださいませ」は敬語だが使用する際には注意が必要!

「くださいませ」は目上の人に対して使用可能な敬語です。しかし、女性語であるため男性は使用を避けるべきです。

サービス業など特定の分野で多く使われる言葉ですが、ビジネスメールには向いておらず、クライアントへの使用は避けるなど、注意が必要です。

「くださいませ」と同じニュアンスを伝えたい場合は、男女ともに使用可能でビジネスメールでも使える「お願いします」に言い換えましょう。