ブランクとは?仕事やバイトで使うときの意味は?IT・スポーツ・実験における使い方もご紹介

ブランクとは「途切れている期間」のこと

上司

今回取り扱うワードは、ブランクだよ!
日本語でも、普通にブランクって使っていますけど…。ほかの表現に言い換えることはできるのかなぁ?

新人

上司

新人君は、ブランクの意味を深く考えたことがなかったんだね。
ブランクは、「途切れている期間」という意味のカタカナ語。

日本語に浸透しているブランクは、ビジネスと深い関わりがあるビジネス用語です。ブランクについて、くわしく勉強しましょう!

ブランクの意味を解説

ブランクは、英語の「blank」から来ている言葉です。しかし、日本語のブランクと英語の「blank」は、意味が少し異なっています。日本語と英語で、どう意味が変わるのか、確認しましょう。

英語のブランク(blank)はどんな意味?

英語の「blank」は、次のような意味をもつ言葉です。

blank
・空白、空欄
・白紙の、空白の
・無記名の
・空虚な、からっぽの
・無表情な、ぼんやりした
主な意味は「空白」や「白紙」になります。英語の「blank」は、「隠す」「削除する」など、動詞として使われることもあります。

日本語のブランクとは?

ビジネスでブランクを使う場合、「仕事などが途切れている期間」の意味で使用するケースがほとんどです。

そのほかにも、日本語のブランクには、英語と同じように「空白」「空欄」という意味があります。

日本語と英語のブランクの違い

日本語と英語のブランクで、「空白、空欄」という意味は、共通しています。

しかし、「仕事などが途切れている期間、途切れている状態」という意味は、英語の「blank」にはありません

英語で「仕事などが途切れている期間、状態」を意味したいときには「gap」を用います。まったく別の単語を使用するので、注意しましょう。

[分野別]ブランクの意味をさらにくわしく

ブランクには、よく使われる分野がいくつかあります。分野別に、ブランクの意味をさらにくわしくみてみましょう。

ブランクの意味①:仕事・バイト

バイトやパートの求人情報では、「ブランクOK」というワードがよく用いられます。「ブランクOK」と記載があれば、社会人としての経験に途切れがあっても、応募OKという意味です。

無職の期間があったり、その業界からフェードアウトしていたり、仕事に空白期間があるということです。

いったん仕事のキャリアが途切れたあと、「ブランクOK」の求人に応募した経験がある方も多いのではないですか?

ブランクの意味②:IT分野

IT分野でのブランクは、「空白」や「空っぽ」のこと。ブランクは、Webの空白ページやハードディスクの容量などに使われます。

ビジネスでエクセルを使用する方は、「COUNTBLANK関数」をイメージしたかもしれませんね。「COUNTBLANK関数」は、シート上の空白セルを数える関数です。

ブランクの意味③:スポーツ

スポーツでのブランクは、選手の故障に関する話題で使われるケースが代表的ですよね。この場合のブランクは、怪我や病気などが原因で、選手が競技に参加できなかった期間を意味。

また、ブランクは、いったん競技から引退したあと、時間を置いて再びその競技を始めるときにも使用されます。こちらは、競技をしていなかった期間がブランクです。

ブランクの意味④:実験

実験の分野では、操作ブランク試験やブランクテストという言葉が使われています。

操作ブランク試験は、本実験で使用する試料のかわりに、蒸留水などを用いて分析操作を行うこと。使用する試料容器や分析試薬、分析機器が汚染されていないか確認するために実施します。

ブランクテストは、特定の条件が、実験対象に与える効果を調べる実験。特定の条件が、「あるもの」と「ないもの」を用意し、そのほかはまったく同様の条件で実験を行います。結果を比較して、効果が特定の条件によるものなのか確かめるのが目的です。

注意
操作ブランク試験を、ブランクテストというケースもあるようです。どちらの意味か迷うときには、発言者に確認してください。

「空白」を意味するブランクの類語

「空白」という意味のブランクには、「マージン」と「スペース」という類語があります。しかし、「マージン」「スペース」は、ブランクが意味する「空白」と、完全にイコールではありません。

使い分けできるように、類語の意味もこの機会に覚えておきましょう。

マージン

マージンは、すべての空白に使える言葉ではありません。「余白」を意味しており、印刷の分野でよく用いられます。

印刷物をみると、ページの周囲が空白になっていますよね。ページを囲むこの空白部分が、マージンです。

マージンについて、くわしくは下記の記事で紹介しています。こちらもぜひ読んでみてください。
マージンとはどんな意味のビジネス用語?英語・類語・使い方・関連用語をわかりやすく解説

スペース

パソコンなどで文章を書くときに、文字の間に挟む空白をスペースといいます。特に、全角より小さいものを、スペースと呼ぶのが一般的。

そのほかにも、スペースは、「空間・場所」「印刷物の割りあてられた紙面」という意味で、使われる場合もあります。

ビジネスで役立つ!ブランクの使い方・例文

ブランクの意味は、「仕事などが途切れている期間」と「空白、空欄」の2つ。それぞれ、ビジネスシーンでは、どのように使われるのでしょうか?

ブランクの使い方を、例文でイメージしてみましょう。

「仕事などが途切れている期間」の例文

ママさん求職者

子育てでブランクがあるんですが、そろそろ働こうと思っています。何から始めたらいいでしょうか?
再就職を考えているなら、ブランクをどう過ごすかが大切ですよ。何か、自分磨きをしていますか?

キャリアアドバイザー

ママさん求職者

資格をいくつか取りました。前職と同じ業界なら、それほどブランクを感じさせないで働けると思います。
すばらしい!それなら、ブランクの影響で思うように仕事ができない、なんてことはなさそうですね!

キャリアアドバイザー

「空白、空欄」の例文

先輩

新人君。頼んでいた会議資料、ブランクが多すぎるわよ。画像を入れて、ブランクをごまかせなかったの?
いえ、あえてブランクを作り、メモ帳がわりにしてもらおうと考えました。

新人

それぞれの例文で使われているブランクの意味は確認できましたか?意味が違うので、ブランクが使用されている状況も、まったく異なっていますね。

こんなところにもブランクが!ブランクキー

ブランクキーとは、鍵穴に合わせたギザギザをつけるなど、必要な加工をする前の鍵のこと。

自動車や自宅の玄関用、倉庫、キャビネット、南京錠など、さまざまな鍵に対応する、ブランクキーがあります。ブランクキーは、数千種類もあるそうですよ。

仕事や求人に関する話題で登場する「ブランク」

ブランクは、求人情報で目にすることが多いワードですよね。しかし、ブランクが使われるのは、求職関係だけではありませんよ。

配置転換で、昔の部署に戻ったときにも、「ブランクを埋められるように、頑張ります」のように、使用するケースがあります。ブランクを使うシチュエーションは、ほかにもいろいろありそうですね。

もちろん、「空白、空欄」という意味で、ブランクを用いることもあります。ブランクの意味を確認し、状況に合わせて使いこなせるようになりましょう!