「恐れ入ります」と「恐れ入りますが」は意味が違う?正しい使い方と使い分け、類語・例文を紹介

「恐れ入ります」は「感謝」で「恐れ入りますが」は「恐縮」ってこと!

後輩

あ、先輩。この間の資料のチェックしてくれてるんですね?恐れ入ります!
いくらなんでも納期ギリギリまで溜め込み過ぎよ。もう少し計画的に仕事は進めなさい!

先輩

後輩

・・・実はまだ作りかけの資料が残ってます。恐れ入りますが、手伝ってもらえませんか・・・?

「恐れ入ります」と「恐れ入りますが」は、ビジネスシーンでよく使われる言葉です。

「恐れ入ります」は「大変ありがとうございます」の意味で”感謝”を表します。一方の「恐れ入りますが」は「大変申し訳ありません」の意味で”恐縮”を表します。

「恐れ入ります」と「恐れ入りますが」の意味
▶恐れ入ります・・・「大変ありがとうございます」(感謝)

▶恐れ入りますが・・・「大変申し訳ありません」(恐縮)

どちらも気持ちをあらわす言葉で、シチュエーションごとに使い分けが求められます。

「恐れ入ります」と「恐れ入りますが」以外にも、「感謝」と「恐縮」をあらわす言葉がほかにも存在します。

「恐れ入ります」と「恐れ入りますが」の意味と使い分け、類語や言い換え表現について、次からさらに詳しく解説します。

「恐れ入ります」の類語(言い換え表現)
・感謝
・(大変)ありがとうございます
・痛み入ります
「恐れ入りますが」の類語(言い換え表現)
・恐縮
・すみません
・(大変)申し訳ありません
・お手数おかけします

「恐れ入ります」と「恐れ入りますが」の意味

「恐れ入ります」と「恐れ入りますが」は、似ているのに、意味が異なるため、使い分けが必要なフレーズです。次の項では、意味とともに、どのような場面で誰に対して使えるのかを紹介します。

「恐れ入ります」の意味

「恐れ入ります」は「ありがとうございます」の意味をもつ感謝の言葉です。目上からの配慮や気持ちに対しては、「感謝」の意を込めて「恐れ入ります」を使います。

相手の行動や言動に対して使う言葉なので、自分に対しては絶対に使う言葉ではありません。

「恐れ入ります」の例文

ビジネスシーンで使われる「恐れ入ります」の例文をご紹介します。

例文1

受付

遠路はるばるお越しいただき、誠に恐れ入ります
こちらこそわざわざ恐縮です。

クライアント

例文2

担当

このたびは貴重なお時間をいただき、誠に恐れ入ります
実に有意義な時間でした。

クライアント

主に接客応対・取引の際の挨拶として使われ、電話やメールなどでも幅広く使われる便利な言葉です。このほかにも「恐れ入ります」を使えるシーンは多いので、目上相手には積極的に使用しましょう。

・ご連絡いただき、恐れ入ります。
・お忙しいところ恐れ入ります。
・ご尽力くださいまして、誠に恐れ入ります。
・お気遣い、誠に恐れ入ります。
・とんでもございません。誠に恐れ入ります。
など

「感謝」を強調する場合、「誠に」を「恐れ入ります」の前にもってくると効果的です。

「恐れ入りますが」の意味

「恐れ入りますが」は、「感謝」とは異なり、「申し訳ありませんが」の意味になります。

「恐れ入りますが」は、”目上の人にお願いする際の”クッション言葉”として使える表現です。例えば、上司に対してなにかしてもらいたいとき、「してください」では失礼にあたります。申し訳ない気持ちで「お願いします」を表現する場合、「恐れ入りますが」を使いましょう

※「目上へのお願いの仕方」について詳しく知りたい人はこちらの記事もおすすめです!↓↓
「お忙しいところ恐れ入りますが」の意味とは?上司に使える?電話やメールでの使用・類語・英語表現を解説

「恐れ入りますが」の例文

目上に対して、お願いやお断りをする際に使える「恐れ入りますが」の例文をご紹介します。

例文1

先輩

さて、仕事も終わったし、今日は早めに帰るわね。
先輩、誠に恐れ入りますが、今日はこれから先方と約束していることをお忘れではないでしょうか?

後輩

例文2

後輩

用事も終わったし、少し一服してもいいですか?もうお腹すいちゃって。
誠に恐れ入りますが、館内での飲食は禁止されています。

先輩

目上の人や顧客、来客への注意を促す際、なにかをして欲しいときに「恐れ入りますが」が使えます。ビジネスシーンでは、口頭・電話・メールでの案内など、さまざまなケースで使えるので覚えておきましょう。

・誠に恐れ入りますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げ ます。
・恐れ入りますが、添付した資料を確認いただけると幸いです。
・誠に勝手なお願いにて恐れ入りますが、ご検討いただければ幸いです。
・恐れ入りますが、□□していただけますでしょうか?
・恐れ入りますが、A様はいらっしゃいますか?
など

「恐れ入ります」と「恐れ入りますが」の類語

ビジネスシーンでは、口頭の挨拶から電話・メールなど、さまざまな場面で類語が使われています。ここでは、「恐れ入ります」「恐れ入りますが」の言い換え表現をチェックしていきましょう。

「すみません/大変申し訳ありません」

「恐れ入りますが」は、「すみません」と「大変申し訳ありません」に言い換えられます。「謝罪」の意を簡潔にあらわしたいときや、日常会話でも使用できます。

例文1

上司

この書類の文字、ずいぶん薄くて見づらいなあ…。ちょっと書き直してくれる?
しまった、インク切れ!すみませんが、ペンを貸していただけますか・・・?

部下

例文2

先輩

仕事もひと段落ついたし、そろそろ休憩を挟もうかしら?
あのー・・・。僕まだ仕事中なので、大変申し訳ありませんが別の場所で休んでもらえますか?

後輩

「ありがとうございます」

「恐れ入ります」の言い換え表現として「ありがとうございます」が使えます。言葉通り「感謝」を示す言葉なので、上司やクライアントなど、目上の相手に対して使用できます。

例文

上司

さっき、先方に資料渡すの忘れていただろう?私が気づいたからいいものの、気を付けてくれよ。
え?アハハ…。ありがとうございます。

部下

お手数おかけします

相手にお詫びと感謝の気持ちを伝える敬語表現です。「恐れ入りますが」の言い換え表現として、相手に時間や手間を取らせてしまう場面での配慮の言葉として使用できます。

例文

部下

あ、課長!緊急事態発生です!お手数おかけしますが、ご対応を願います!
いきなり呼び出されたから嫌な予感がしたが、そのとおりだったか・・・。

課長

※「お手数おかけします」についてもっとよく知りたい人はこちらの記事もおすすめです!↓↓
「お手数をおかけしますが」の意味とは?目上の人や上司に使える?類語や英語表現もチェック

痛み入ります

「恐れ入ります」の言い換え表現として使用できます。相手に感謝を述べる表現で、目上の人に使っても失礼にあたりません。

例文1

上司

急なトラブル対応を任せて申し訳なかったね。あとは引き継ぐから、今日はもう帰りなさい
はい!お気遣い痛み入ります。

部下

例文2

先輩

・・・とまあ、ここが今回のプランのダメな点よね。もうちょっとスケジュールを管理しておかないと。
なるほど。みなさまの貴重なご意見痛み入ります。

後輩

「恐れ入ります」の英語表現

「恐れ入ります」は日常会話はもちろん、ビジネスシーンにおいてもよく使われる言葉です。

英語で表現しなければならない機会に備えてメールや会話での使い方を事前に確認しておきましょう

「恐れ入ります」の英語表現
「恐れ入ります」は英語で・・・
I’m sorry
Excuse me
I’m grateful
Thank you

と表現できます。

「恐れ入ります」の英語表現を使用した例文はこちらです。

「恐れ入ります」の例文
・Thank you for coming all the way.
⇒遠路はるばるお越しいただき、誠に恐れ入ります
・I’m very grateful for this precious time.
⇒このたびは貴重なお時間をいただき、誠に恐れ入ります
・Thank you for caring.
⇒お気遣い、誠に恐れ入ります

「恐れ入りますが」の英語表現を使用した例文も確認しましょう。

「恐れ入りますが」の例文
・I’m sorry but is Mr. A here?
恐れ入りますが、A様はいらっしゃいますか?
・Excuse me, but I would appreciate it if you could check the attached document.
恐れ入りますが、添付した資料を確認いただけると幸いです。

「感謝」と「恐縮」は別物!「恐れ入ります」と「恐れ入りますが」を正しく使い分けよう!

「恐れ入ります」と「恐れ入りますが」は、それぞれ別の意味をもっています。

「恐れ入ります」と「恐れ入りますが」の意味
▶恐れ入ります・・・「大変ありがとうございます」(感謝)

▶恐れ入りますが・・・「大変申し訳ありません」(恐縮)

表現のちょっとした違いによって相手への気持ちを伝える意味が異なるので、正確に使い分けできるかが重要になります。

みなさんも「恐れ入ります」と「恐れ入りますが」の正しい使い分けを身につけ、目上の人に対する気持ちを正確にあらわしましょう。