インプレッションとは?インスタやTwitterにおける意味って?一緒に覚えたい用語も解説

インプレッションとは「印象」のこと!

上司

Webサイトに広告を出してはみたものの、ちゃんとお客さんにみてもらえてるのか、心配だなぁ。
インプレッションを確認すればいいじゃないですか!

新人

上司

お客さんに広告をみてどう思ったか印象を聞きに行けたら苦労しないよ。・・・え、違う?
インプレッションは、「印象」や「感銘」という意味のカタカナ語です。インプレッションは、ビジネス会話だけでなく、プライベートにも登場する用語なので、耳にしたことがある方も多いのでは?

ビジネスでは、インプレッションが「広告がみられた回数」という意味のマーケティング用語として使われることも多いです。

インプレッションの意味をくわしく勉強し、ビジネスパーソンとして知識を深めましょう!

インプレッションの意味を解説

インプレッションは、使用されるシチュエーションによって意味が大きく変わってきます。もともとの意味はどのようなものなのでしょうか?英語と日本語で違いがあるのか、順番にみていきましょう。

英語のインプレッション(impression)はどんな意味?

インプレッションは英語表記すると「impression」。「impression」には次のような意味があります。

impression
印象、感銘
・感じ、気持ち、感想
・効果、影響
・捺印
・刻印、跡、痕跡
「impression」は、核に「心に残った印象」という意味をもつ言葉。物事が人にどうみえるか、どう感じられるか、人に与える印象が「impression」です。

「impression」を分解すると、im(中に)+press(押す、押しつける)+ion(こと、もの)となり、「押しつけるもの」という意味が隠れています。捺印などの意味は、ここからきているんですね。

カタカナ語のインプレッションとは?

カタカナ語のインプレッションは、次のような意味をもつ言葉です。

インプレッション
・印象
・感銘
基本的には英語と同じように「人に与える印象」や「感銘」といった意味があります。しかし、カタカナ語のインプレッションには、「impression」にあった「捺印」や「刻印」などの意味がありません。

Web・マーケティング分野でのインプレッションとは

Web・マーケティング分野でのインプレッションは、「広告が人々の目に触れること」「ウェブページに広告が表示される回数」という意味になります。SNSでもよく用いられるため、それぞれ何を意味するのか解説します。

インスタでのインプレッション

インスタでのインプレッションは、「投稿が表示された回数」のことで、「Instagramインサイト」で確認できます。1日あたりのインプレッションには、オーガニックアクティビティ、広告アクティビティ双方の表示回数が反映されます1

MEMO
Instagramインサイト:ビジネスアカウントで使える分析機能
オーガニックアクティビティ:検索エンジンの検索結果の中から、広告枠の表示を除いた一般枠からの表示
広告アクティビティ:インスタで自分が閲覧した広告を、再度表示させることができる個人ユーザー向け機能

Twitterでのインプレッション

Twitterでのインプレッションは、ユーザーの端末に「広告が表示された回数」のこと2。インプレッション数ということもあります。

インプレッション数や、その数の変化は、「ツイートアクティビティ管理画面」で確認できます。

新人

自分で投稿した広告を自分で表示させると、自分の行動もインプレッションに反映されます。気になってのぞきすぎると広告効果の分析がしにくくなるので注意してください。

仕事で役立つ!インプレッションの使い方・例文

インプレッションには、基本の意味となる「印象」「感銘」のほか、「広告が表示された回数」という使い方があります。

次に、それぞれのインプレッションの使い方を例文で紹介します。意味の違いを考えながら読んでみてください。

印象・感銘の例文

新人

僕の企画書どうですか?企画会議でどんな評価を受けるか、質疑応答がしっかりできるか不安で・・・。
僕は君の企画書に強いインプレッションを感じたよ。悪くない内容だから、自信を持って提案してきなさい!

上司

広告が表示された回数の例文

先輩

宣伝効果を上げたいけど、いま以上の広告費を出すのは難しいわ。どうしたらいいかしら?
インプレッションを調べて、広告費の無駄がないか検証してみましょう!

新人

ビジネスマンが知っておきたい「インプレッション◯◯」の意味

「インプレッション◯◯」という形で使われる用語もいくつかあります。マーケティングで使われる言葉なので、覚えておくと役立ちますよ!

インプレッション収益

Googleアドセンスで、インプレッション収益という言葉が登場します。広告の表示回数1,000回を達成したときに得ることができる収益の、見積金額のこと3。次の式で計算します。

インプレッション収益 =(見積もり収益額/広告が表示された回数)×1000

新人

インプレッション収益はあくまで見積なので、実際に得られる収益ではありません。

インプレッションシェア

Google広告で、インプレッションシェアという言葉に触れることがあります。自分が出した広告で得たインプレッション数を、表示候補に上がった広告のインプレッション数の合計で割ったもの4。次の式で求めることができます。

インプレッションシェア = 自分の広告の表示回数 / 広告が表示可能だった合計回数

新人

インプレッションシェアで、自社の広告と他者の広告の表示回数を比べることができます。

何が違うの?インプレッションの類語

Web・マーケティング分野でのインプレッションには、類語がいくつもあります。

広告効果の分析に使われる単語で、似たような使い方をする用語が多いですが、それぞれが意味しているのは別の事柄です。

インプレッションとリーチの違い

リーチとは、広告や投稿が端末に表示された人の数のこと。インターネットを使用している全ユーザーのうち、何%がその広告・投稿をみたか、その割合をリーチということもあります。

インプレッションは広告・投稿が表示された回数なので、人数をカウントしているリーチとは異なります。

インプレッションとエンゲージメントの違い

エンゲージメントは、消費者と企業・ブランドなどの絆のこと。消費者がどのくらいその企業・ブランドなどに愛着を持っているか、積極的に関わろうとしているかを意味するカタカナ語です。

Web業界の場合、端末に広告や投稿が表示された全ユーザーのうち、何らかのアクションを起こしたユーザーの人数を意味することが多いです。

エンゲージメントにおけるアクションとは、Facebookなら「いいね!」「広告のシェア」「コメント」など5。Twitterなら「リツイート数」「いいねの数」「動画の再生数」など6。SNSによって定義している項目は変わってきます。

インプレッションで自分の広告をより効果が出るものに変えよう!

インプレッションは、「印象」という意味のある言葉ですが、マーケティング用語としては特有の使い方が浸透しています。広告がどのくらいユーザーの目に触れる機会があったかを教えてくれるものです。

インプレッションを活用して、あなたの広告から無駄を省き、よりいい広告に変えていきましょう!

  1. 参考:Instagramでインサイトを見る|Instagram
  2. 参考:ツイートアクティビティ管理画面|Twitter
  3. 参考:インプレッション収益(RPM)|AdSenseヘルプ
  4. 参考:インプレッション シェアについて|Google広告ヘルプ
  5. 参考:投稿のエンゲージメント|Facebook Business 広告ヘルプセンター
  6. 参考:ツイートアクティビティ管理画面|Twitter