ウィットの意味とは?「ウィットに富む」の会話例、ビジネス会話での使い方も紹介

ウィットとは「とんち」のこと!

上司

新人君、ウィットと聞いたら何をイメージする?
頭がいいことを鼻にかけた、キザな人ですね!

新人

上司

確かに、ウィットは皮肉交じりのクールな笑いだから、そういうイメージがついちゃう場合もあるよね。でも、できるビジネスマンはウィットに富んだ人が多いんだよ。今回は、ビジネスに役立つウィットについて勉強してみよう!
ウィットの意味は、簡単にいうと「とんち」。「とんち」とは、無理難題やひっかけ問題に対して、機転の利いた笑いで返すこと。言い返された人もスッと納得して、思わず笑ってしまうような返答になることが多いです。

よく「ウィットに富んだ人」という表現がされることがあります。これは頭の回転が速く、気の利いた切り返しができる人のことをいいます。

ビジネスで成功している人は、「ウィットに富んだ人」が多いです。ウィットの意味や使い方を学び、社会人としてレベルアップしましょう!

ウィットの意味を解説

カタカナ語のウィットは、一休さんのとんちをイメージしてもらえば、どのようなものか意味を想像することができます。英語のウィットも、同じようなことを意味するのでしょうか?

英語のウィット(wit)はどんな意味?

ウィットは英語表記すると「wit」。「wit」には次のような意味があります。

wit
・機知(状況に合わせて臨機応変に反応できる鋭い知恵)
・機転(とっさにいい考えを思いつく能力)
・知力
・とんち
・理解力
・知恵
・とんちが得意な人
・頭がよく、気が利く人
「wit」はもともとは「知る」という意味の英語でした。そこから意味が変化し、現在の「笑いが取れる気の利いた切り返し」という意味の単語になっています。

カタカナ語のウィットとは?

カタカナ語のウィットは、次のような意味をもつ言葉です。

ウィット
・気の利いた会話や文章が作れる才能
・機知(臨機応変に反応できる鋭い知恵)
・機転(とっさにいい考えを思いつく能力)
・とんち
英語の「wit」は、物事を理解する力(理解力・知恵)という意味でも使われますが、カタカナ語のウィットはただ物事を理解する力があるだけでは使用しません

素早く知恵を働かせて物事を理解し、即座にくすりと笑いがとれる反応をする能力がウィットです。

【分野別】ウィットの使い方・会話例

ウィットは会話や文章、状況に臨機応変に対応して、うまい切り返しをすることや、それができる才能を意味するカタカナ語です。

しかし、少し異なる意味合いでウィットが用いられるケースも。次に紹介する例文は、それぞれ異なる使用法でウィットが使われていますよ。どのような使い方をしているか、注意しながら例文を読んでみてください。

ウィットに富む・ウィットに富んだ

例文

新人

部長のウィットに富んだ冗談、最高でしたよ!
ありがとう。思惑通りに、ウィットで会議の殺伐としていた空気が和らいだね。

上司

「ウィットに富む」とは、裏になにか含みのある、クールで鋭さのある切り返しが上手だという意味です。

ウィットを交える

例文

上司

うちの営業部と開発部は、しょっちゅう対立していて困ったもんだ。今日の会議もどうなることかと思ったよ。
でも、部長がウィットを交えて両者の頭を冷やしてくれたので、なんとか会議を進行できましたよ。ありがとうございます。

先輩

「ウィットを交える」とは、切れ味の鋭さのある笑いを真面目な文脈に入れ込むこと。張り詰めた場の雰囲気を和ませるときに使います。ストレートにいうと角が立つ嫌みや批判を、やんわりと伝えることも可能です。

ウィット感がある

例文

新人

また先輩が、ウィット感がある新商品を考案しましたね!
面白いデザインの商品で、新商品会議でも高評価を受けていたよ。先輩君はウィット感があるよね。

上司

「ウィット感がある」は才能があり、オシャレだという意味。「ウィット感がある」は人にも物にも使える表現です。

ウィットの類語

ウィットのように笑いを意味するカタカナ語は、ほかにもいくつかあります。それらの言葉と、ウィットにはどのような違いがあるのでしょうか?ウィットの類語についてみてみましょう。

ユーモア

ウィットとユーモアは、どちらも独特の返しで笑いをとることを意味します。しかし、ウィットとユーモアでは、笑いに込められた気持ちが違ってきます。

ユーモアは笑いで周囲を楽しませる気持ちが込められています。暖かい気持ちの入った笑いがユーモアです。

それに対して、ウィットに込められているのは鋭さ、皮肉、批判。単に明るく笑えるのがユーモアで、機転が利いた鋭い笑いはウィットになります。

エスプリ

エスプリは、ウィットをフランス語で表現するときに使われる単語。ウィットとエスプリの意味はほぼ同じです。

ヒューモー

ヒューモーは巧妙さや不合理さで笑いを取る話術のこと。

ウィットのような鋭さはなくても、笑いがとれる話術ならヒューモーになります。

シャレ

シャレはその場の状況に合っていて、かつ、気の利いた面白い文句のこと。

ウィットは気の利いた面白い切り返しができる才能を意味する場合が多いですが、シャレは笑いを取りにいく文言そのもののことをいいます。

具体例で考えるウィット

ウィットに富む人は、ビジネスでどのような会話をしているのでしょうか?ウィットの意味がわかったら、次はウィットに富んだ会話のやり方が気になってきますよね。

ウィットに富んでいない会話

新人

わざわざ弊社に出向いていただいたのに、打ち合わせに遅れてしまって申し訳ありません。
いえいえ。大丈夫なので気にしないでください。

取引先

ウィットに富んだ会話

新人

わざわざ弊社に出向いていただいたのに、打ち合わせに遅れてしまって申し訳ありません。
いえいえ。お陰で御社の美しい女性スタッフさんから、お茶を出してもらうという名誉にあずかることができましたよ!

取引先

このように、ストレートに大丈夫ですといわれても、遅刻してしまった側は気にしてしまいます。相手に恐縮されっぱなしでは、こちらもなかなかビジネスの話に入りにくいですよね。

そんなときには、ウィットを使って、膠着した状況を破壊しましょう!少しクスッと笑えるようなセリフを交えるだけで、その場の空気を和らげることができます。おまけに、角を立てずに自分の不満も表明できるのがウィットの便利なところです。

ウィットに富んだジョークでビジネスをスムーズに進めよう!

ウィットは緊迫した状況に笑いを吹き込み、場の雰囲気を和ませることができる才能です。

ビジネスでは、無理難題を押しつけられたり、失礼な対応をされたりすることもありますよね。それらを全部受け入れていたら自分がパンクしてしまいます。かといって、正面切って相手と衝突ばかりしていたら、まとまるビジネスもすべてダメになって仕事になりません。

ウィットを身につけると、このような仕事上のピンチを上手く回避することができますよ。ウィットをビジネスに役立てていきましょう!