「お目にかかる」の意味とは?敬語として正しい?類語や英語表現・「お目にかかれる」の使い方も解説

「お目にかかる」は会うの敬語(謙譲語)

「お目にかかる」は硬い表現ですが、私たちがよく知っている”会う”の敬語表現で、へりくだる意味を持つ謙譲語として使用可能です。

相手を立てる際に使用する尊敬語ではないため、その点も覚えておいてください。「お目にかかる」は謙譲語であるため、目上の人や上司、クライアントに対して使うことが可能です。

「お目にかかる」はそれほど使用頻度の高くない言葉ですが、知識として蓄えておくことは大切です。同じニュアンスを持ちながらも、より使いやすい類語も知っておきましょう。

「お目にかかる」の類語
・お会いする
・拝見する
・お目見えする

「お目にかかる」の意味や漢字

「お目にかかる」は謙譲語であり、”会う”の敬語として使えることがわかりましたが、意味や漢字について、もう少し詳しく見ていきましょう。

お目にかかるは「お会いする」と同じ意味

「お目にかかる」は簡単に説明すると「お会いする」と言う意味になります。”目にかかる”とは目に留まった、見かけることを表しています。

直接会ったとき以外に、街中などで見かけた場合にも使用できます。

「お目にかかる」はどこまで漢字で表記すべき?

「お目にかかる」を会話で使う分には問題ありませんが、メールなど文章の中で使用するとなるとどこまで漢字で表記すべきか悩むこともあります。

「お目にかかる」の”かかる”は「掛かる」とも書くことができますが、一般的には”目”だけを漢字に変換した「お目にかかる」の使用で問題ありません

文章で使用する際、漢字に変換できるものはすべて変えることが正しい使用法とは限りません。その言葉によって最適な方法を確認しておきましょう。

「お目にかかる」の使い方

「お目にかかる」は目上の人や上司、クライアントなどに対して使用可能ですが、使う機会がそれほど多くないだけに、誤用する可能性もあります。

「担当者にはお目にかかりましたか?」と言う文章をクライアントに投げかけた場合、これは相手を下げた表現になり、失礼にあたります。「お目にかかる」は自分が目上の誰かに会った場合にのみ使える言葉であるため、自分ではない誰かが人に会ったかどうかを尋ねる際に使用することは不適切です。

この場合は、クライアントに対して

「担当者にはお会いになられましたか?」

と言うのが適切な表現となるため注意しましょう。

「お目にかかる」を使用した例文

「お目にかかる」は誤用すると相手を下げてしまうことにもなりかねません。そのため例文を確認し、どのように使うことが正しいのかを確認することが大切です。

・お目にかかることができ光栄です

初めまして。お目にかかることができ光栄です。
〇〇様と二度もお目にかかることができ光栄です。

目上の人やクライアントにお会いする際に使うことができます。初対面の場合はもちろん、再会する場合にも使用可能です。

・お目にかかることを楽しみにしております

〇〇様とお目にかかることを楽しみにしております。

まだ直接お会いしたことのない相手に対して使用可能です。へりくだった丁寧な表現です。

・お目にかかりました

先日、お目にかかりました。Aと申します。

「お目にかかりました」はお会いしたことがあることを相手に伝える際に便利です。

懇親会で〇〇社長にお目にかかりました。

「お目にかかりました」は言い回しによって、こちらが一方的に見かけた、目にした場合にも使用可能です。

「お目にかかる」と「お目にかかれる」との使い分け

「お目にかかる」に似た表現として「お目にかかれる」もあります。微妙にニュアンスが違うため、ビジネスシーンで使い分けられるよう確認しましょう。

「お目にかかれる」の意味

「お目にかかれる」は尊敬・自発・受身・可能の助動詞である「れる」が使用された表現です。

「お目にかかれる」となることで、「お目にかかる」よりも丁寧な表現として使用可能です。

「お目にかかれる」の例文

「お目にかかれる」を使用した例文を確認しましょう。

・お目にかかれることをとても楽しみにしております。
・お目にかかれる日が来ることを楽しみにしております。

「お目にかかれる」を使うことで、相手に対して尊敬の気持ちを強く表すことができます。

「お目にかかる」の類語

「お目にかかる」は目上の人や上司、クライアントに使用可能な言葉ですが、硬い表現であるため、実際に使う機会はそれほど多くないでしょう。

「お目にかかる」と同じニュアンスを持つ類語を確認し、シチュエーションによって使い分けしましょう。

お会いする

・お会いすることができ、うれしく思います。
・お会いすることを楽しみにしております。

「お会いする」は「お目にかかる」よりもカジュアルな表現として使用可能な類語です。

「お会いする」も「お目にかかる」と同じように”会う”の謙譲語となるため、目上の人や上司、クライアントに対してへりくだった表現として使用できます。

拝見する

・先日、お顔を拝見しました。
・〇〇でお姿を拝見しました。

「拝見」は”見る”の謙譲語です。

「企画書を拝見しました」など、文書やメールを確認した場合に使うことが一般的です。

「お目にかかる」に似たニュアンスで使う際は、「お顔」や「お姿」を加え、直接会っていないが見かけたと言う意味で使いましょう。

お目見えする

・新製品が初めてお目見えする。
・新たな商品がお目見えする時期はいつごろでしょうか。

「お目見えする」は人やモノが登場することを意味しています。「お目にかかる」よりも、硬い表現として使用されます。

「お目にかかる」の英語表現

「お目にかかる」に似た英語表現も知識として蓄えておきましょう!

「お目にかかる」は簡単に言えば”会う”ことになるため、英語でも”会う(seeやmeet)”を使って表現できます。

・Nice to meet you! I am glad that we could meet each other.
⇒初めまして。お会い(お目にかかる)できてうれしいです。
・It is an honour to meet you one more time.
⇒A様と二度もお会い(お目にかかる)することができ光栄です。
・I am looking forward to meet you.
⇒お会い(お目にかかる)できることをとても楽しみにしております。

「お目にかかる」は目上の人に対して使おう!

「お目にかかる」は硬い表現であるため、使う機会はそれほど多くないかもしれません。しかし、ビジネスの場では使うべきシチュエーションがいつ訪れるかわかりません。

「お目にかかる」は目上の人に対して使用できるフレーズのため、誤用して失礼にならないよう、正しく使える準備をしておきましょう。