「お忙しいところ」とはどんな言葉?会話やメールでの使い方・英語表現を解説(例文つき)

「お忙しいところ」はクッション言葉

「お忙しいところ」は、言葉の前に添えることで使用できる”クッション言葉”です。

クッション言葉とは?
クッション言葉とは「相手にお願いをする」ときや「断りを入れる」ときなど、言葉の前に添えて使います。クッション言葉を使うと直接的な表現が避けられ、丁寧で柔らかな物言いとなるため、相手も受け入れやすくなる効果を持ってます。

「お忙しいところ」はほかの言葉にも言い換えが可能です。「お忙しいところ」ばかり使わないよう類語もしっかりと押さえておきましょう。

「お忙しいところ」の類語(言い換え表現)
・ご多忙

・ご多用

「お忙しいところ」の意味

「お忙しいところ」の意味を確認しましょう。今まで何気なく使っていた人は意味も確認してください。

「お忙しいところ」には2つの意味があります。一つは、忙しい中で何かをしてくれたことに対する感謝やねぎらいの意味。もう一つは、相手に依頼やお願いしたいとの意味を持っています。

「お忙しいところ」の使い方(例文つき)

「お忙しいところ」はクッション言葉であるため、言葉の前に添える使い方が一般的です。感謝やねぎらいの場面、お願いする場面での使い方を見ていきましょう。

「恐縮」を組み合わせた例文

「恐縮」にクッション言葉の「お忙しいところ」を組み合わせた例文です。

「恐縮」は恐れることを意味する言葉ですが、ビジネスシーンでは「恐縮です」というフレーズとしてよく使われます。「恐縮です」は”とても感謝している”ことを表す際や”申し訳ありません”という意味合いで使うことができます。

・「お忙しいところ恐縮ですが~」

お忙しいところ恐縮ですが、ご対応の程よろしくお願いいたします。

「お忙しいところ恐縮ですが~」を使った表現は、ビジネスシーンでもよく使われます。”忙しい中、申し訳ありませんがお願いします”と丁寧に依頼する際に使用できます。

「恐れ入ります」を組み合わせた例文

「恐れ入ります」にクッション言葉「お忙しいところ」を組み合わせた例文です。「恐れ入ります」はビジネスシーンにおいて「恐縮です」とほとんど同じ意味として使われます。「恐れ入ります」は話し言葉の意味合いが強いため、硬い文章では「恐縮です」を使用したほうがベターです。

・「お忙しいところ恐れ入りますがよろしくお願いいたします」

ご確認いただけると幸いです。お忙しいところ恐れ入りますがよろしくお願いいたします

相手に依頼やお願いする際に使うことができます。文章の前に依頼したいことを明記し、最後の締めの文章として使用可能です。

・「お忙しいところ恐れ入りますがご確認のほどよろしくお願いいたします」

書類を添付いたしました。お忙しいところ恐れ入りますがご確認のほどよろしくお願いいたします

相手に内容の確認を促す際に使用できます。クッション言葉として「お忙しいところ」が使われているため、柔らかな表現で相手に依頼することが可能です。

「すみません」を組み合わせた例文

「すみません」にクッション言葉「お忙しいところ」を組み合わせた例文です。「すみません」は相手に謝る以外に、お礼の気持ちを伝えるとき、依頼するときに使うことができます。

・「お忙しいところすみません」

本日はお忙しいところすみません。
お忙しいところすみませんがよろしくお願いいたします。

「お忙しいところすみません」は様々なシチュエーションで使える表現です。

相手が忙しい中、訪問したくれた際に「お忙しいところすみません」と謝罪やお礼の意味として使うことや、「お忙しいところすみませんがよろしくお願いいたします」との文章では、”忙しいと思いますがお願いします”との依頼のフレーズとして使用可能です。

「ありがとう」を組み合わせた例文

感謝の気持ちを表す「ありがとう」にクッション言葉「お忙しいところ」を組み合わせた例文です。

・「お忙しいところありがとうございました」

書類が届きました。お忙しいところありがとうございました。
本日はお忙しいところありがとうございました。

忙しい中、依頼に応じてくれたことに対し感謝する使い方や、訪問してくれたことに感謝を示す使い方ができます。

「お手数」を組み合わせた例文

「お手数」にクッション言葉「お忙しいところ」を組み合わせた例文です。「お手数」は相手に”時間や労力を使わせている”という意味の敬語になります。

・「お忙しいところお手数をおかけしました」

出荷の件、お忙しいところお手数をおかけしました。引き続きよろしくお願いいたします。

ビジネスシーンでも非常によく使われる表現です。”忙しい中、時間や労力を使っていただきありがとうございました”との意味合いになります。

「存じます」を組み合わせた例文

「存じます」にクッション言葉「お忙しいところ」を組み合わせた例文です。「存じます」は「思います」という意味で使える敬語です。へりくだった表現であるため、目上の人や上司、クライアントにも使用できます。

・「お忙しいところとは存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます」

内容をご確認ください。お忙しいところとは存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます

「存じます」を使った例文です。”忙しいとは思いますが確認してください”との意味をへりくだって丁寧に伝えた表現です。

「お忙しいところ」の使用例(メール・会話)

「お忙しいところ」の使い方や例文を確認したうえで、より具体的なメールや会話での使用例を確認しておきましょう。

「お忙しいところ恐縮ですが」を使ったビジネスメール

お世話になっております。

株式会社○○のAです。

ご依頼いただきました資料を添付いたしました。

お忙しいところ大変恐縮ですが、ご確認のほど何卒よろしくお願いいたします。

「お忙しいところ」を使って質問する際の問い合わせメール

いつもお世話になっております。

株式会社○○のAです。

お忙しいところ大変恐縮ではございますが、先日ご相談させていただいた企画について質問がございます

—-

お手数をおかけいたしますが、ご返信をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

「お忙しいところ」を使って返信を促す際のお願いメール

いつもお世話になっております。

株式会社○○のAです。

ご依頼いただきました資料を添付いたしました。

お忙しいところ恐れ入りますが、ご確認のうえ、ご連絡くださいますよう何卒よろしくお願いいたします

「お忙しいところ」を使って電話する際の例文

お忙しいところ、失礼致します。株式会社○○のAです。~の件でお電話させていただきました。

「お忙しいところ」の注意点

「お忙しいところ」は言葉の前に添えることで柔らかな印象が与えられる便利なクッション言葉ですが、使用する際には注意すべき点もあります

使用頻度には気を付ける

「お忙しいところ~」はビジネスシーンでよく使われる言葉です。締めの文章としても使えるため便利ですが、「お忙しいところ」ばかりを使っていてはしつこい印象を与えてしまうため使用頻度には注意しましょう。

急用に対しては使用しない

「お忙しいところ」は、「お早めにご返信ください」や「本日中にご連絡いただけると」など急を要する案件には使用すべきではありません。「お忙しいところ恐れ入りますが」と言いながらも指定日などを設けることは失礼にあたるため行わないようにしましょう。

「お忙しいところ」の類語(言い換え表現)

「お忙しいところ」ばかり使わないよう類語もしっかりと押さえておくことが大切です。「お忙しいところ」は「ご多忙」や「ご多用」に言い換えが可能です。

ご多忙

「ご多忙」はやることが多くて忙しいさまを表す言葉です。敬語として目上の人にも使用できます。

・ご多忙とは存じますが、何卒よろしくお願いいたします。

ご多用

「ご多用」も「ご多忙」と同じ意味で、用事が多い様子を表しています。こちらも敬語として目上の人に使用できます。

・ご多用のところ申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

「お忙しいところ」を英語で表現すると?

「お忙しいところ」は英語で

・despite of your busy schedule

と表現します。

「お忙しいところ」を使用した英語表現もチェックしましょう。

「お忙しいところ恐縮ですが(お忙しいところすみません)」の英語表現

I am sorry to disturb you despite of your busy schedule

英語表現では「お忙しいところ恐縮ですが」も「お忙しいところすみません」も同じ表現を使います

「お忙しいところ恐縮ですが(お忙しいところすみませんが)、よろしくお願いいたします。」の英語表現

I am sorry to disturb you despite of your busy schedule, but please take care of this matter.

英語では「お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします。」も「お忙しいところすみませんが、よろしくお願いいたします。」も同じ表現を使います

「お忙しいところ」は便利な表現だが使用頻度には注意しよう!

「お忙しいところ」は言葉の前に添えるだけで柔らかな印象を与えることができ、直接的な物言いを避ける際に非常に便利です。しかし、便利だからと言って「お忙しいところ」を連続で使用して依頼や断わりを入れすぎないよう相手の立場にたって考えることも必要です。

クッション言葉である「お忙しいところ」は便利な表現であるからこそ使用頻度には注意したいですね!