コンスタントの意味とは?関連語からビジネスシーンでの使い方まで徹底解説!

コンスタントは「一定に」

コンスタントは日常でもビジネスシーンでもよく使う言葉。特にビジネスシーンでは耳にする機会が多いので、ぜひとも意味を知っておきましょう。コンスタントは「一定に」ということ。今回はコンスタントの意味や関連語、使い方などを解説していきます。

コンスタントの意味

コンスタントの意味は「一定に」であると述べましたが、「一定の」の後には何がくるでしょうか。「一定の間隔で」、「一定のスピードで」、「一定のリズムで」などがきます。一定の間隔で物事が行われたら「絶え間なく」続くことになりますよね。コンスタントには「物事が一定に行われる」、「絶え間なく続く」という意味があります。

コンスタントはラテン語由来の英語

コンスタントは英語の「constant」からきています。constantは元をたどればラテン語由来の言葉。ラテン語の「constans」が時代やその他言語を経て英単語のconstantになりました。

ラテン語はヨーロッパ言語に大きな影響を及ぼした古くは古代ローマ帝国で使われていた言語ですね。ラテン語のconstansが英語のconstantになり、日本語のコンスタントになったと考えると感慨深いものがあります。まさにコンスタントな歴史の流れと言えるのではないでしょうか。

コンスタントの関連語

コンスタントの関連語を見ていきましょう。IT用語やオーディオ用語として使われているものもあります。

フレデリック・コンスタント

スイスの機械時計ブランド。比較的リーズナブルな価格ながらも本格的でデザイン性にも優れていると人気を集めています。「ハートビート」や「スリムライン」などの人気シリーズあり。

コンスタントプール

Java仮想マシンにおいて定数やシンボルを保存する領域をコンスタントプールと言います。

コンスタントゲイン

オーディオのフェードイン、フェードアウトを一定の間隔で行ってくれるもの。途切れやノイズの解消に役立ちます。

コンスタンティヌス大帝

初めてキリスト教を公認したローマ帝国の皇帝。「Constantinus」の名前にはconstantが入っていますね。サンタクロースのモデルで投獄されていた聖ニコラウスを勅令によって釈放したことでも知られています。

コンスタントの使い方

コンスタントは便利な言葉なので使いこなせると日常会話でもビジネスシーンでも便利ですよね。実際に使いこなせるように使い方を学んでいきましょう

使い方例文

使い方を例文を使って解説していきます。

コンスタントなスピードで車を走らせる

一定の速さで車を走らせるという意味ですね。60km/hになったり80km/h、100km/hになったりせずに常に60km/hなら60kmで走り続けるということ。

コンスタントに顧客に連絡する

一定の間隔で顧客に電話やメールをするという意味。毎月なら毎月、2か月ごとなら2か月ごとというように定期的に連絡を入れるということ。

コンスタントに売り上げを伸ばす

安定して収益を上げていくいう意味ですね。グラフにしたら右肩上がりになっている状態。

ビジネスシーンで使う際の注意点

コンスタントをビジネスシーンで使用する際は、あいまいにならないように注意しましょう。「コンスタントに報告入れて」と言われたらどのくらいの間隔で報告しなければいけないと思うでしょうか。人によって毎日だったり3日に1回だったりと様々でしょう。両者で認識を同じにしておく必要があります。

コンスタントを使いこなそう

コンスタントの意味や使い方は分かっていただけたでしょうか。コンスタントを使いこなせてこそ一流のビジネスパーソン。日々の仕事もコンスタントにこなしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください