中高年でも経理なら転職しやすい?その理由と4つのポイント

中高年になると、一般的には若い頃よりも転職がしにくくなる傾向です。しかし、経理の場合、そんな一般論が当てはまらず40代、50代からでも転職を成功させている人がいます。中高年からでも転職先で輝ける経理の魅力と、中高年で転職する場合の成功のポイントを紹介します。

経理の求人って、意外と年齢高めのものも多いんですね。

そう、中高年の求人も多くて転職しやすいのは経理の特徴のひとつなんだ!

中高年も転職できる経理の仕事とは

笑う中年男性

経理はキャリアを積み重ねやすく、転職でもその実績や身につけてきたスキルを発揮しやすい職種です。そのため、中高年からの転職でも経理の実績やスキルがあれば成功しやすいといわれています。

また、むしろ中高年だからこそ果たせる立場もあり、一般的には転職が厳しいとされる40代、50代の人たちでも一定の需要があるようです。

経験が役立つ専門職

経理の仕事は、事務職の中でも比較的専門性が高く、キャリアとスキルの積み重ねがしやすい職種です。企業では必ず行なう業務であり、どの企業でもほとんど同じ方法を用いるため、1つの会社で得た経験が活かしやすいというメリットもあります。

そのため、経験豊富な中高年はその経験を活かすことで、転職しやすくすることができるのです。

キャリアアップ転職にも向いている

経理は、簿記のルールを覚えることから始めて、決算や開示資料、税務、財務とより難易度の高い業務へとステップアップできる仕事です。こうした豊富な経験を活かせば、年収やポストのアップを狙いやすくキャリアアップを狙った転職にも向いています。

中高年の転職でも管理職のポストを目指した転職で更なるステップアップや年収アップも夢ではありません。

年長者の落ち着きや信頼性も活かせる

経理は会社のお金を扱う責任ある仕事です。また、社員の給料などの個人情報に触れることもあります。

そのため、経理では強い責任感や冷静さ、間違いなく職務を遂行する落ち着きも必要です。中高年ならば、若い人よりも年長者としての落ち着きある態度で、転職先でも信頼を得やすいかも知れません。

中高年だからこその良さは多いんですね!

もちろん、良いことばかりではないから、転職を成功させるにはしっかりと対策する必要はあるけどね。

中高年が経理職で転職するための4つのポイント

ビジネス的会合

中高年が経理の転職を考えるなら、これまでに得たスキルを活かして、上手に転職先を見つけることが大切です。まずは自分の経験を掘り下げてみて、転職成功につながりそうなスキルや実績を見つけましょう。

経理経験は決算までが望ましい

中高年の転職では、ポテンシャル採用はほとんどなく、実務経験の習熟度を重視される傾向があります。経理で採用されたいなら、できれば転職前に仕訳や売掛金管理だけでなく決算までは積極的に関わっておきたいところです。さらに予算や売掛金回収などの経験があれば、さらに有利になります。

マネジメント経験を持っている方が望ましい

中高年の経理では、できればマネジメント経験も欲しいところです。リーダーや新人教育などの経験があれば、管理職としてもポイントアップにつながります。こうした経験をアピールする際は、年数や部署の人数など詳しくまとめておきましょう。

管理職求人も視野に入れる

中高年の中途採用では、最初から入社後のポストを用意した上で求人が行なわれることも増えてきます。40代や50代なら、課長職、マネージャーや役職候補としての採用などの求人も多いものです。そのため、40代から転職を考えるなら、求人を探す際には即戦力のスタッフではなく管理職の求人も視野に入れておきましょう。

転職エージェントは特化型を利用する

中高年の転職では企業側も応募者も、それぞれに求めるものが定まっていることが多いものです。企業としてはマネージャーを任せたい、財務のスペシャリストが欲しいといった業務を決めた上で求人を出しますし、応募者も○○の仕事をしたいといった希望がはっきりしています。

そのため、求人を探すには一般的な転職サイトではなく、ピンポイントに自分に合う求人の多い特化型サイトを使いましょう。また、コンサルタントがその人に合う求人を提案してくれる転職エージェントもおすすめです。

ジャスネットキャリアは経理や財務の特化型エージェントですね。年齢層は広めで、公認会計士・税理士の転職情報まであるんだなぁ。

ジャスネットキャリアはこちらから

MSジャパンは40代以上の利用者が多い特化型エージェントだね。管理部門特化型だから、経理だけでなく人事などの案件もあるんだ。

MSジャパンはこちらから

中高年が経理職で転職する時の注意点

中高年からの転職は、求人の有無や自分のスキルが通用するかどうかなど、慎重に判断することが必要です。経理に絞って探す場合にも、自分のスキルレベルで受け入れる企業がどれくらいあるのか、自分のしたい業務の求人があるのかチェックする必要があります。

経験が少ない・未経験はかなりの難関に

中高年の中途採用は即戦力か管理職ポストが多くなります。経験が少ない人や未経験での転職は難しく、未経験から育てようとする企業の求人では自分よりも若い世代に負けてしまう可能性が高いでしょう。

ただし、経理は未経験でも、マネジメント経験が豊富なら管理職として採用されることもあります。

数打ちゃ当たるは通用しない

中高年からの転職では、企業側も求める技能や人材を絞って求人を出しています。そのため、企業の希望にマッチしない場合には落とされることも多くなるでしょう。求人応募は漠然と数を重ねても無駄になるため、ピンポイントに自分を求める企業を絞って行なう方が効率的です。

ビズリーチは管理職などの求人が多いハイクラス転職サイトだよ。企業やヘッドハンターからのスカウトを受けることができるんだ。
企業からのスカウトを待つ方法なら、自分を必要としている企業が分かりやすいかも・・・。

ビズリーチはこちらから

中高年は経験を活かしたピンポイントな転職を

いろいろな年代のチーム

中高年の転職を成功させるなら、自分の実績や経験、スキルを活かせる求人を探すことが大切です。経理の実績があるなら、その実績を欲しがっている企業を見つけましょう。転職エージェントやスカウトサービスなども活用すると効率的です。

実務未経験は厳しくなりますが、マネジメント経験があれば管理職として採用される可能性もあります。