経理の転職に向いている転職サイトとエージェント3選!上手な使い方も紹介

転職サイトは、自分が就きたい仕事内容に応じて探すのが一番。サイトそれぞれの特徴を掴み、経理の転職に適したサイトを見つけましょう。

また、転職サイトよりきめ細かなサービスがある転職エージェントもおすすめです。経理の求人を探すのにピッタリでノウハウも豊富なサイトやエージェントと、サービスの使い方も併せてチェックしておきましょう。

経理で仕事を探したいけど…。とりあえずテキトーに大手の転職サイトに登録してみるか!

「テキトーに」って…。転職サイトは自分に合うものを選んで利用した方がいいよ。

え~!転職サイトなんて、どれも同じようなものじゃないんですか~?

転職サイトにはいくつかの種類があるんだ。

「とりあえず大手」というのも間違いではないけど、「経理の仕事をしたい」と決まっているなら経理の転職が得意なサイトも見ないともったいないな。

経理の転職を成功させるには転職サイトが重要!

パソコンを打つ手

経理で転職を考えている人は、自分の希望する仕事内容やキャリアパスが期待できる求人を探すことが大切です。経理はキャリアアップやマネジメント職に就くことも可能な職種なので、転職をキャリア形成に活かして活躍の場を広げましょう

キャリアを考えて上手に転職するなら、転職サイトを厳選することが大切です。転職サイトにはいくつかのタイプに分かれており、それぞれに求人の種類や傾向が違うため、自分が欲しい情報や応募したい企業のタイプによって選ぶ必要があります。

経理特化型の転職サイト

経理特化型の転職サイトは、経理の求人だけを扱っているサイトです。まさに経理のための求人情報やノウハウが集まっており、自分に不要な求人情報や的外れなスカウトがないメリットがあります。

大手総合転職サイト

大手総合転職サイトは、経理だけでなく他の職種の求人も扱うサイトです。規模が大きいため、幅広く多くの業種やさまざまな規模の企業から求人が集まります。

有名な企業が運営していることで信頼も厚いため、大企業や老舗企業の経理求人に出会えるチャンスもありそうです。

転職エージェントもおすすめ

転職エージェントは、転職サイトとは少し違ったシステムを持つ転職サービスです。転職のアドバイスや書類作成・面接指導などを、直接担当者から受けることができます。

転職サイトとは違い、自分で求人を探すこともなく、担当者がその人に合った求人を探して提案してくれます。忙しい人や急いで転職したい人に便利なサービスです。

経理の転職でおすすめの転職サイト3選

経理の転職を目指すのにピッタリのおすすめ転職サイトを3つ、厳選しました。経理特化型や総合的な求人が見られるサイト、ハイクラスの経理求人があるサイトなど、それぞれのサイトごとに違った特徴があるため、自分に合うものを選んで活用しましょう。

経理転職ナビ

「経理転職ナビ」は、転職サポートサービスの「ワークポート」が運営している転職サイトです。一般的にはあまりなじみがないかも知れませんが、経理・財務系に特化した求人検索サイトとなっています。

日々の伝票処理から管理会計・開示業務・マネジメント業務まで、幅広い業務内容の求人があり、与えられるポストのバリエーションも広い求人内容が魅力です。

実務経験が少なくてもOKな求人もあって、まだ経験の浅い僕にも安心して使えそう!

経理転職ナビはこちらから

DODA

DODAは、経理に限らず総合的な求人情報を扱っている大手転職サイトです。トップページから転職エージェントやスカウトサービスへも申し込みできるようになっています。求人数が多く、幅広い業種と職種の総合求人サイトですが、経理、財務の求人も多めです。

一度に求人検索もエージェントとスカウトサービスの登録もできるな…。

やれやれ(急に欲張り出したけど、大丈夫かな…)

DODAはこちらから

経理転職.com

経理転職.comは、JACリクルートメント運営の経理・財務職の求人を扱う転職サイトです。グローバル企業からベンチャー企業まで幅広い企業のラインナップを持ち、ミドルマネジメントクラスや業界スペシャリスト、エグゼクティブクラスまで、経理・財務のハイクラス求人を数多く扱っています。

一部上場企業の経理マネージャーやトップ企業の財務課長候補か。憧れちゃうな~!

経理転職.comはこちらから

経理の転職でおすすめの転職エージェント3選

経理の転職では転職サイトだけでなく、転職エージェントの利用もおすすめです。転職サイト同様に、特化型やハイクラスなど、それぞれの得意分野があります。

MS-Japan

MS-Japanは、経理・管理部門の転職に特化した転職エージェントです。20代から50代まで幅広い世代に対応できる求人を持っています。また、企業の経理・財務だけでなく、会計事務所や税理士の転職も利用可能です。

管理部門特化型だから、人事や総務などの求人まであるんだ。経理に特化しつつも、広い視野でチャンスを探せそう。

MS-Japanはこちらから

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、非公開案件を含む求人数が多い総合的な転職エージェントです。大手や老舗企業にもパイプがあり、人気企業の経理求人に出会えるチャンスもあります。リクナビNEXTなど、同系列の求人・転職サービスもあり、併用することも可能です。

どんな仕事を探していても、とりあえず登録しておこうという人も多いエージェントだよ!

リクルートエージェントはこちらから

ジャスネットキャリア

ジャスネットキャリアは会計・経理に特化した転職エージェントです。公認会計士が創業したこともあって、公認会計士や税理士の求人も多く扱っています。ジャスネットキャリアで扱う求人は99%が非公開案件です。

また、経理系資格講座や経理の仕事内容紹介などの動画コンテンツを無料で利用できます。

転職関係以外にも会計・経理に特化した様々な人材サービスを手掛けていて、現場から常に新しく濃い情報が得られる点も人気の秘密のようだね。

ジャスネットキャリアはこちらから

経理の転職を成功させる上手な転職サイトとエージェントの使い方

スマホとパソコンを駆使

経理の転職を成功させるためには、転職サイトもエージェントも上手に使い分けることが大切です。それぞれの利点を活かすことで、転職準備から情報収集、企業へのアプローチなどを成功させましょう。経理の求人は大量採用や通年採用が少ないため、常に情報網を張ってタイミングを逃さないことも大切になります。

転職時期を決めていないなら転職サイトから

転職時期を決めていない場合には、まずは閲覧だけでも使える転職サイトに登録してみると良いでしょう。転職に良い時期を計ったり自分の目指す仕事内容の求人数や年収のリサーチにも使えます。

忙しい人・急いで転職したい人はエージェントで

時間がなくて求人探しが難しい人や転職を急いでいる人は転職エージェントが向いています。面談に行けない人には電話相談できるエージェントもあります。転職エージェントなら、自分のキャリアや希望を担当者に伝えると求人の絞り込みや企業へのアプローチ、条件の交渉まで代わりに行ってもらえます。

いくつか平行して利用することも可能

転職サイトやエージェントは、複数同時に登録しておき、平行して使うこともできます。違った特徴のものを利用することで、それぞれの良い部分を活用しやすくなるでしょう。

■転職サイトとエージェントを併用

転職サイトと転職エージェントを併用すると、それぞれ違った求人の範囲から探すことができ、情報の取りこぼしを少なくすることができそうです。転職エージェントでは紹介されなかった求人の中に自分の希望の求人があるかも知れないので、自分の目で求人検索を行うことも大切です。

■転職サイトを複数併用

自分のペースで進めたい人、できるだけたくさんの求人を見たい人は、複数の違った転職サイトを併用すると便利です。総合的な転職サイトと経理特化型サイトといった具合に、タイプの違うものを併用すると求人の取りこぼしが減らせます。

■転職エージェントを複数併用

転職エージェントの併用も、転職サイト同様に総合的な職種を扱うエージェントと特化型を選ぶと良いでしょう。提案される応募先にも幅ができて、より有利な転職を目指せそうです。

ただし、転職エージェントを併用する際、同じ企業に2つ以上のエージェントから申し込みをするのはNGです。企業側は戸惑ってしまいますし、企業からエージェントに伝わればエージェントからの信頼を失います。

転職は、ルールとマナーを守ってしようね。この他にもいくつかの注意点があるよ!

転職サイトやエージェントを使う時の注意

転職サイトやエージェントは便利ですが、使い方に注意しないと思うような転職ができなかったりアプローチが邪魔に感じたりすることもあります。適切な使い方をして、良い関係を維持しましょう。

スカウトや紹介は十分に考慮して返事を

転職サイトのスカウトや転職エージェントからの紹介は、常にその人にピッタリのものばかり、というわけではありません。時には、全く経理とは関係ない的外れのスカウトが来たり、自分に合わなそうな業務内容を紹介されることもあります。

そのため、マッチングミスを防ぐには自分の意志や希望をはっきりさせておくことが大切です。エージェントの担当者からは強くお勧めされることもありますが、一時の気分で応募したり、断りにくいからと言って面接を受けたりしないように。

相性の悪いコンサルタントは変更を

転職エージェントで担当になるコンサルタントとの相性によっては転職が苦痛になることもあります。高圧的な態度やバカにしたような発言を受けたというケースも中にはあるようです。そこまでではなくても、性格的に合わない場合には変更してもらって、自分が相談しやすい、話しやすい担当者を見つけましょう。

担当者のチェンジはよくあることなので、丁重に変更の依頼をすれば後ろめたく思う必要もありません。

でも、やっぱり言いにくいなぁ。

変更依頼はメールで大丈夫だよ。もし、それでも無理なら、転職エージェントを変える方法もあるね。そのためにもエージェントの併用は有効なんだ。

スカウトメールの受け取りは別アドレスか別フォルダに

転職サイトや設定条件によっては、サイトやエージェントから届くメールが大量になることもあります。転職活動が長引くと、スカウトメールが煩わしく感じやすくもなります。

こうした不快感を回避するために、転職関連のメールを受け取るなら一般のメールとは別のアドレスやフォルダに届くようにしましょう。情報の見逃しも大量メールの不快感も減らせます。転職関連のメールには新たにフリーアドレスを登録しておくのも便利です。

Gmailでは、一つのアカウントで複数のメールアドレスを利用することができます。

設定の「アカウントとインポート」→「他のメールアドレスを追加」

エイリアス操作画面1

別画面の「メールアドレス」を入力します。

エイリアス操作画面2

「追加アドレス」は既存のアドレスに「+○○」と好きな文字を「+」でつないで作ります。

これなら、複数のサイトに登録しても、1サイト1アドレス作れそう。DODA専用は自分のアドレス+「doda」にしようかな。

転職活動中は連絡を密に

転職サイトやエージェントは、アクセスや連絡を頻繁に行っている人を優先する傾向があります。こうしたサービスでは、求人とのマッチングを機械的に行っていることもあり、アクセスが少ないと機械的に後回しにされることもあるようです。チャンスを逃さないように、連絡は密に取っておきましょう。

転職サイトやエージェントも仕事だから、アクセスや連絡を頻繁に行うようなやる気のある人を見つけて入社させたいんだね。

経理の転職には転職サイトとエージェントを使いこなして

join us

経理で転職を成功させるなら、自分の欲しい求人や情報が手に入る転職サイトや転職エージェントを活用しましょう。自分に合ったところを選ぶことができれば、よりスムーズに希望の求人が見つかりそうです。総合的な求人を扱う大手サイトや経理特化型サイトなどを併用したり、転職サイトとエージェントを併用するのがおすすめです。