VUCAの意味とは?現代の状況を示す4つのキーワードを解説

VUCAとは『将来の予測が困難な状態』

先輩

VUCAの時代だから、うちの会社もそれに対応した施策を講じていかなければならないわよね。
ブーカ?何ですかそれ?美味しいのか楽しいのか、予測もつかないですね!

新人

先輩

はああ……。我が社はとりあえず身近なVUCAの対応に追われそうだわ。
VUCAはまだまだ聞きなれない用語で、新人くんの反応に同意の人も多いのではないでしょうか?

この記事では、VUCAの意味や使い方、対応方法について解説します。この機会にぜひ理解を深めてください。

VUCAの意味をチェック

VUCAは、ビジネスを取り巻く4つの不安定要素の頭文字で構成された造語で、『ブーカ』と読みます。

将来の予測が困難な状態』という意味で、ビジネス環境が目まぐるしく変わり、将来の予測が困難という今日の状況を表した言葉です。

今日のようなVUCAの時代には、VUCAについて考え、対策を立てることがこれからのビジネスシーンを生き抜くキーポイントといえるでしょう。

ここからはVUCAという言葉が生まれた経緯や、VUCAを構成する4つのキーワードについて説明しましょう。

もともとは軍事用語

VUCAはもともと、1990年代にアメリカで使われていた軍事用語です。アルカイダとの戦争によって、これまでの国対国という図式が崩れ、予測困難な状況に陥った状況はまさしくVUCAだったといえるでしょう。

現代は、経済や企業を取り巻く社会環境が複雑で、将来の予測が困難であり、この状況がVUCAに当てはまります。そのため、2010年以降、ビジネスの現状を表す言葉としてこの用語が使われるようになりました

時代の特性を表す4つのキーワード

VUCAは、次の4つの単語の頭文字です。

Volatility(変動性)
Uncertainty(不確実性)
Complexity(複雑性)
Ambiguity(曖昧性)

これら4つは、現在の混沌とした状況を表すキーワードで、一言で言い表せば『予測不可能な状況』といえるのです。

VUCAの英語は『Volatility、Uncertainty、Complexity、Ambiguity』

前の項目で紹介したように、VUCAは4つの単語の頭文字を合わせた造語です。

・Volatility(変動性)
IT技術の進化により、価値観や顧客ニーズが著しく変化しているのが現状です。新しいサービスを提供しても変動のサイクルが速く、わずか数年で衰退することも珍しくありません。先行きの見通しが困難な状況では、適切な対応が求められています。

・Uncertainty(不確実性)
先が見通せない状況では確かなものはなく、手探りで進んでいくしかありません。終身雇用や年功序列などの雇用の古いシステムは崩れ、不安定要素が拡大しています。震災や疫病など、想定外の出来事が起きやすくなっている今日、明日何が起こるのかもわからない不確実な情勢といえるでしょう。

・Complexity(複雑性)
経済がグローバル化することでビジネスが複雑になり、スムーズな事業展開や問題の解決が難しくなっています。成功事例をもとに再現しようと試みても、複雑に絡んだ要因が実現を妨げます。絡み合った要因を分析し、個別に解決できる能力が求められているのです。

・Ambiguity(曖昧性)
変動が激しく確かなものが存在しない状況で、複雑に絡み合った要因に対処する絶対的な解決策は存在しません。試行錯誤の末にたどり着いた答えも本当に正しいのかは曖昧で、手探りしながら進めていかなければならないのが今日の実情です。

VUCAを使った英文例は次のとおりです。

例文
In an era of VUCA, diversity of human resources is the driving force of business development for the future.
先の見えないspan class=”red”>VUCAの時代には、人材の多様性が企業の未来を切り拓く原動力です。

VUCAの使い方・例文

今日のビジネス界を的確に表す『VUCA』という言葉、実際にはどのように使われているのでしょうか?例文を見てみましょう

例文1

先輩

VUCAの時代は、変化を受け入れた会社だけが生き残れるわ。さまざまな価値観からのアイデアも取り入れていかないと。
よーし!いつも「浮いてる」っていわれる僕がついに活躍できる時代が来たあ!

新人

先輩

う〜ん。それはVUCAとは違う、君個人の問題よね。
例文2

上司

世の中の変化が速くて、会社の変化のスピードがついていけない。こんなVUCAの時代には、我が社も根本的にビジネスモデルを変えていく必要があるな。

[おまけ] VUCA時代に対応する方法とは?

先行きが見えないVUCAの時代で生き残るためには、企業も従業員もこれまでとは違った対応が求められます。明確なビジョンを持ち、素早く行動しながらも、臨機応変に対応できる柔軟さが必要です。

さまざまなアイデアを取り入れながら、新しい領域にチャレンジする思考や行動力も不可欠でしょう。個人やチーム、組織全体が変化に対応する能力を備え、行動に移すことがVUCA時代に対応する秘訣です。

VUCAへの対応力が企業の発展を左右する

VUCAは聞きなれない言葉ですが、今の時代を如実に表しています。VUCAの時代には、変化に対して柔軟に対応できる能力とスピーディに実行に移す行動力を持った企業だけが生き残るといっても過言ではありません。変化に振り回されず、チャンスと捉えて対応することが、企業の発展を左右するでしょう。