ラインマネージャーの意味とは?役割と求められる資質を解説

ラインマネージャーとは『ライン組織の意思決定権者』

新人

先輩!ラインマネージャーが組織を改革するって本当ですか?
組織を改革するのではなく、役割分担を明確にして指導をきめ細やかにしたいみたいよ。

先輩

新人

なるほど!もっと職場の雰囲気がよくなるかもしれないですね。

ラインマネージャーと聞くと、ライン工のマネージャーを思い浮かべるかもしれませんがライン工とは関係がありません。今回は、ラインマネージャーの意味だけでなく、資質や役割についても解説します。

ラインマネージャーの意味をチェック

ラインマネージャーを直訳すると、ライン組織のマネージャーという意味です。ライン組織とは、最上位から最下位まで単一の線で結ばれた組織形態のことをいいます。

例えば、社長・部長・課長・係長・一般社員という並びはライン組織です。役職のついた管理職のことをラインマネージャーと呼びます。

ラインマネージャーの役割とは?

ラインマネージャーはファーストラインマネージャーとセカンドラインマネージャーに分かれており、それぞれ役割が異なります。ファーストラインマネージャーとは主に課長・係長など現場に近い管理者のことをいい、部下の指導や管理、現場の意思決定が求められます。

セカンドマネージャーとは部長や社長が担う管理職のことで、組織全体のマネージメントやファーストマネージャーの管理・育成などが求められます。一般的にファーストマネージャーより、セカンドマネージャーの方が上位になります。

ラインマネージャーに求められる資質

ラインマネージャーに求められる資質を3点にまとめました

・業務および人材管理能力
ラインマネージャーは、組織や現場の目標値を達成するために業務管理をしなくてはなりません。また、組織をまとめ上げるためには人材管理能力も必要です。

業務管理と人材管理は相互に影響を及ぼし合うものです。業務管理が失敗に終わって目標を達成できないと部下の信頼を損ね、人材管理が難しくなります。組織がまとまらないと目標達成が困難となり、業務管理能力が疑われます。

・コミュニケーション能力
ラインマネージャーは上司や部下と密にかかわります。上司や部下の個性を把握するためにも、コミュニケーション能力が高くなくてはなりません。また、上司からの指示を部下に伝える際には、右から左に指示を伝えるのではなく、意見をわかりやすくかみ砕き、部下の個性に合わせた指示を与えることが大切です。

・助言できるスキルの有無
ラインマネージャーは、部下を指導する役割も担っています。そのため専門的なスキルを持ち、助言できるスキルを持っていることが重要です。専門的なスキルがあれば部下を指導するときに効率的に部下を指導できるだけでなく、信頼を勝ち取ることができます。

ラインマネージャーにおすすめの資格

ラインマネージャーが持っておくべきおすすめの資格を紹介します。

・人事系ラインマネージャー資格

「HPMP検定試験」
正式名称は「ヒューマン パフォーマンス マネジメント プロフェッショナル検定試験」といい、資格を取得すれば労務環境問題のコンプライアンス管理や人事・総務の必須スキルなどの知識を得られます。

試験内容は、ラインマネジメント編と人事スタッフ編にわかれます。

ラインマネジメント編では、人材マネジメント・生産性アップパフォーマンスマネジメント・人材価値を高めるマネジメントについて、人材スタッフ編では人事戦略のあり方や人事制度への理解を深め、人事評価の運用についてを学ぶことができます。

・経営系ラインマネージャー資格

「中小企業診断士」
経営コンサルタントとして有名なビジネス資格です。経営学から財務・中小企業経営についての知識が必要で、組織を動かすセカンドマネージャーにとって、ぜひとも学んでおきたい内容がたくさんあります。

新人

ラインマネージャーは、重大な責任を持つポジションなんだね!

ラインマネージャーの英語は『line manager』

ラインマネージャーを英語にすると『line manager』です。『line』とは網・縄・糸などの物理的な意味のほかに、線と線を繋ぐという意味もあります。『manager』とは支配人・管理者・経営者・部長などの管理職という意味のほかに、スポーツのマネージャーという意味もあります。

英語による例文を下記に紹介します。

例文
The line manager will guide you.
ラインマネージャーがしっかり指導してくれる。)

ラインマネージャーとプロジェクトマネージャーの違い

ラインマネージャーはプロジェクトマネージャーを管理します。一方、プロジェクトマネージャーの業務はラインマネージャーより細部にわたり、プロジェクトプレイヤーをフォローする役割を持っています。

プロジェクトの企画から人材の選定まで、プロジェクトが円滑に進むよう管理するのが主な仕事です。

なお、プロジェクトマネージャーという用語はIT業界でよく聞かれますが、建設業界の場合は施工管理士がプロジェクトマネージャーに当てはまるケースがほとんどです。

ラインマネージャーの使い方・例文

ラインマネージャーは、ビジネスにおいて広く使われる言葉です。実際にどのように使用されるか、例文を見ていきましょう

例文1

上司

ラインマネージャー就任おめでとう!
ありがとうございます。ラインマネージャー研修は来週からですか?

先輩

上司

そうだね。来週の初めから研修が始まるよ。
例文2

上司

現場から不満が出ているな。ラインマネージャーの教育指導方法を改めないと。

[おまけ]ラインマネージャーに必要な研修とは?

ラインマネージャーとしての研修は社内独自の研修以外にも、外部の管理職研修を受けることがおすすめです。主な研修内容を5点にまとめました

・コンプライアンス、ハラスメント研修
・リーダーのためのコーチング研修
・業務改善、目標管理研修
・リスクマネジメント研修
・メンタルヘルス研修

ラインマネージャーはプレイヤーを指導する立場となります。そのため、部下の管理・教育・フォローが主な研修内容です。

ラインマネージャーは組織の要

ラインマネージャーは、ライン組織において重要なポジションであり、采配によっては組織を大きく変える重要な存在です。

組織を成長させ、部下から信頼を得られれば評価も上がりやすいポジションと言えます。やりがいのあるラインマネージャーというポジションに挑戦できるチャンスをつかみましょう。