転職に失敗したらどうする?原因とリカバリー方法をチェック

転職の失敗は人生に大きなダメージを与えることもあります。そうならないためには、失敗する前にリスク対策することが大切です。ただし、転職では想定外のことも多く、どれだけ十分に対策をしていても失敗することがあります。その場合でも失敗した時点で正しいリカバリー方法を選ぶことで良い方向へ進むことは可能です。失敗しないための対策と失敗した時の対策を知り、自分の希望に合う仕事をつかみ取りましょう。

転職の失敗例をチェックしてみよう

転職で失敗している人はわりと多く、転職先で再び悩んでいる人も多いものです。前の職場や仕事に不満や不安を持って新天地に夢と希望を求めたのに、そこで再び不満や不安を抱えることとなる…。こうした失敗がなぜ起こったのか、失敗した人たちの声から探ってみましょう。

前職の不満は解消したものの…

転職することで前職で感じていた不満は消えたものの、また別の不満が出てくることもあります。その不満が前職よりも大きいものであれば、失敗したと感じてしまうでしょう。

同業他社でのステップアップは難しい業界だったので
思い切って異業種(技術職)に転職し8ヶ月になります。

給与面、休日などの待遇面も改善されて満足しているのですが肝心の仕事に全くついていけません。
参照元:教えてgoo

給料、待遇面は良くなったのに、ステップアップを望んでいた肝心の仕事が難しすぎたという本末転倒な結果に。仕事ができなければこれ以上のスキルアップも難しく、そのうち給料も下がる可能性だってありそうです。

即戦力として成果を求められすぎ・・・

中途採用となる転職者は、即戦力として期待されがちです。期待されることでやる気を刺激されることもありますが、期待され過ぎると反対に精神的に追い詰められてつらくなってしまうこともあります。

私自身も知らない分野はこれから学んでいくつもりですが
いつのまにか経験豊富となり、研修内容も省かれそうです。

もちろん面接時は自分のありのままを伝えております。

この過剰な期待にはかなりプレッシャーです
このプレッシャーはどうしたら乗り越えられますか?

参照元:yahoo知恵袋

中途採用で入ってきた人に対して現場の関心は高く、時には誤った人物像が噂で語られることもあります。期待されるのは悪いことではありませんが、実際以上になると辛くなりそうです。

成し遂げることの楽しさを感じ、仕事にもそれなりの自信を持て始めていました。

そんな中、前職が経営不振なことも有り、現職に転職をし今に至りますが、
現状は、仕事内容に全くついていけず、空回りな毎日で精神的にもつらくなり、悩んでおります。

参照元:教えてgoo

悩みが深く長く続くようだと、人によっては鬱になり仕事ができなくなることもあります。

新しい職場や仕事になじめない・・・

転職は心機一転新しい環境や仕事内容を得るチャンスですが、それが合わないと毎日をつらいものです。誰でも慣れるまでに多少の時間がかかりますが、そもそも相性が悪く、いつまでもなじめないこともあります。

会社や人が悪い等ではなく、仕事内容や雰囲気、職種がとにかく自分と合っていないです。
苦痛と感じています。

参照元:yahoo知恵袋

次の仕事が見つからない・・・

転職先で悩むどころか、次の仕事が見つからないという人もいます。辞めてから転職活動を始めた場合、無職期間が続くと物心両面でつらくなりそうです。スキルや経験に合わない職種ばかりにチャレンジしたり、転職活動のやり方を間違えたりすると、苦戦することが多くなります。

ハローワークや求人誌を見てると、最近は先に履歴書を送る会社ばかりです。
いいな、と思う所に履歴書を送っているのですが面接すらしてもらえません。

参照元:教えてgoo

ハローワークはもちろん悪い選択ではありませんが、履歴書の添削や面接対策などのマンツーマンサポートが受けにくく、企業からのオファーをもらうこともできません。

転職の失敗の定義

転職や就職では成功と失敗の差があいまいなこともあります。他人からは羨ましい、良い会社に入ったなどと見えていても、自分で満足できないなら失敗と言えるでしょう。条件や環境、待遇が良くても、本人が失敗したと感じたら失敗です。ただし理想と現実の違い、すべて満足できる転職先というのもなかなかありません。そのため失敗か否か考える場合、感じた不満が自分で納得できる範囲かどうかの判断も必要です。

転職に失敗した原因を認識しよう

バナナの皮を踏む

転職失敗の原因にはさまざまなことがあります。実際に失敗した人の声を見ても、一人ひとりの悩みは違いました。新しい不満が見つかった、職場になじめないなど色々なものがありますが、その悩みが起こったそもそもの原因を追及してみましょう。その原因は転職活動の前から始まっているかも知れません。

目標のない転職は失敗しやすい

転職で失敗する原因の一つには、目標がないことがあります。前職に飽きた、なんとなく転職したいな、というあいまいな気持ちのままで実際に行動に起こしてしまうと、転職先とのミスマッチが起こりやすくなります。また強い希望や目標がないため、不満や挫折に耐える根気も跳ね除けるパワーも起こらず、くよくよと悩み続けるのです。

エージェント主導の転職は失敗しやすい

転職エージェントや人材サービスで相談しながらの転職は流行っていますが、使い方を間違えると転職の失敗を招きます。転職エージェントなどではまだ明確に転職するか決めていない人の相談にも乗ってくれます。ところがその場で転職を勧められたり、高い評価をもらったりしたことでその気になってしまい、そのまま転職を決めてしまうと危険です。

エージェント側も転職者を入社させることが仕事なので、転職の良い面を訴えてきますし、そそのかすような担当者もいます。まだ目的や条件も煮詰める前なのに、言われるがままに転職先を決めてしまうとミスマッチも起こりやすく「こんなはずではなかった」ということになるでしょう。

覚悟のない転職は失敗しやすい

転職は心機一転、リスタートできるチャンスです。人はどうしても飽きや慣れを感じるものなので、転職の持つフレッシュなイメージは魅力的に映ります。しかし、一方で転職には大きなリスクと苦労もつきものです。そういった負の面への理解や大変さへの覚悟がないままで転職するとちょっとした躓きでも失敗と感じやすくなります。

マッチング不足の転職は失敗しやすい

転職先が決まらない時や切羽詰まった転職の場合、焦って次の仕事を決める人がいます。ところが、慌てて決めてしまうと自分と企業が本当にマッチしているか分からず、入社してから違和感や不満を感じることが多くなります。

調査不足の転職は失敗しやすい

転職できるかどうかの調査も行わずに退職して、転職活動をスタートさせるとそもそも転職先が見つからないこともあります。業種や職種によっては正社員の採用自体が少ないケースや季節によって求人数に増減があって谷間の時期に転職活動しなければいけないケースなど、情報不足では様々なリスクを負う可能性があります。

「新職場になじめない」は受け身すぎるから?

転職者が職場になじむまである程度は時間がかかるのも仕方のないことです。しかし、いつまでもなじめないのは自分に問題があってのことかも知れません。仕事に対して積極的でなくいつも受け身になっているのでは、新しい同僚たちも仲間に入れようと思えないものです。

・転職に不安がある時は
キャリアカウンセリング協会では、カウンセラーによる無料/有料のキャリア相談を行っています。人材サービス会社のように求人の紹介はしませんが、その分強引に転職を勧められることもなく転職相談だけを十分に行うことができます。

キャリア相談を検討したい人はチェック

転職に失敗したかも?と思ったら対策を考えよう

分析するビジネスマン

転職に失敗したと感じたら、くよくよ悩むのではなく失敗のリカバリー方法を検討してみましょう。失敗した場合でもそこから挽回できることもあります。また、実は失敗したのではなく一時的に悩みや不満が出ているだけの場合もあるものです。

つまらない仕事でもじっくりやってみる

転職先では最初は新人のような扱いを受けることもあります。つまらないことやカンタンすぎる仕事を任させることもあるでしょう。しかし仕事や職場に慣れて徐々に難しい仕事を任せてもらえるようになれば、楽しく感じるように変わることもあります。

自分の定めた目標を満たす職場なら、最初はつまらなくても覚悟を決めて頑張ることも必要です。

信頼関係はゆっくりと築いてみる

人間関係も最初からうまくは行かないのが当たり前です。早く仲間として認められたい気持ちを抑えて焦らずに、信頼関係を築いていきましょう。馴れ馴れしくするのはいけませんが、自分から積極的に仕事やコミュニケーションを求める姿勢は必要です。

すぐに転職活動を始める

自分の希望する環境と違っていた、明らかにミスマッチだった場合には、時間を無駄にせずすぐに転職活動を始めるのも正解です。辛い職場を切り上げることで精神的にも回復できるでしょう。短期間の転職は次の転職先でチェックされますが、面接で聞かれた場合は失敗したと素直に言っても問題ありません。その失敗で学んだことを明快に伝えることができれば、面接官の心証も良くなります。

すぐに転職するなら丁寧な対応の転職エージェントがおすすめ

短期での転職は書類選考の段階で落とされる恐れもあります。そんな時には、紹介時に相手企業へこうした事情まで加味して売り込んでくれる転職エージェントがおすすめです。転職サイトなどから求人を選ぶより採用までのスピードも速く、早めに転職したい場合にも助かります。

・スプリング転職エージェント
人材サービス大手のアデコグループの転職エージェントです。企業と求職者の架け橋として丁寧なマッチングを行います。企業の人事と直接やり取りをすることで求職者へは受かるポイントを、企業へは求職者の熱意を伝えます。

スプリング転職エージェントはこちらからチェック

失敗したくない人はココに注意しよう

転職で失敗しないためには、転職活動前後に注意が必要です。じっくり時間をかけて準備をし、前向きな転職をすることで良い出会いが増えて、選択ミスを抑えられます。

転職には時間をかけて

今の職場がいやだと思うと、焦って転職してしまうことが多いものです。急いでも良い出会いはありませんから、腰を据えて計画的に進めましょう。活動だけでなく準備にも時間をかける必要があります。一般的には転職活動は3か月程度、そのうち2週間~1か月程度は準備期間です。

業界や職種によっては求人自体がかなり少ないこともあるので、退職する前に最低でも求人情報だけはチェックしましょう。

後ろ向きな転職はそもそも必要性を考えて

今の職場への不満や不安などが原因で転職したい場合には、まずはその原因の解消ができないか考えてみる必要があります。不満などの後ろ向きな転職理由は目標のない転職へと続きます。もし不満があるなら解消へ全力を尽くし、ダメだった時に改めて転職を考える方が良いでしょう。

ダメでも採用面接で「こうした対策を講じたが不満は解消できなかった」と自分のアクティブさを伝えることができます。

転職前に目的と将来像をはっきりさせて

転職の原因はともかく、転職でかなえたい目的や目標、自分が将来どうありたいかを明確にしておくことは大切です。目的のない転職は条件の絞り込みや企業選びで迷いが出やすく、転職後もちょっとしたことで不満が生じやすくなります。仕事や職場に求めることを書き出し、重視するものやそれほど重視しないものに分けることで自分の希望条件を絞れます。これをもとに転職先を選ぶことでミスマッチを防ぎ、大きな不満が出にくくなります。

次の仕事に必要なスキルや資格を身につけてから

転職者は即戦力として期待されるものです。特に期待されやすい経験者は十分なスキルと経験の棚卸を行い、転職活動だけでなく入社後にも備えましょう。自分のできることや経験のあることを明確にすることで次の仕事で何をどのように活かせるかが分かり、面接官や同僚とも情報共有しやすくなります。

未経験転職を目指すなら、次の転職先で使える資格の取得を目指しても良いでしょう。

転職の失敗は次のアクションへの踏み台にして

そびえるビルに向かうビジネスマン

転職の失敗は多くの人が経験していることです。十分な準備によってリスクを抑えることは可能ですが、100%うまく行く保証はありません。

しかし、もし失敗してもそこからリカバリーすることもできますし、経験を活かして次の失敗を防ぐこともできます。リスク回避のための準備は当然必要ですが、失敗しても次の行動への足掛かりと考えて、過度に失敗を恐れずに前へ進むことも大切です。