ドラスティックの意味とは?言い換え表現や類語、ビジネスで役立つ使い方・例文を徹底ガイド

キャリアガイド_バナー①

ドラスティックは「徹底的な」「思い切った」のこと!

先輩

ここ数か月売り上げが落ちているので、今回はちょっと路線を変えた商品開発をしてみました。
おー、ずいぶんドラスティックな案だね。でも面白い。サンプル品の出来上がりを楽しみにしてるよ。

上司

先輩

任せてください!かならず業績アップにつなげてみせます!

ドラスティックはなんとなくドメスティックに似ているので、ネガティブなイメージをもっている人も少なくありません。しかし、『徹底的』や『思い切った』の意味があり、ビジネスシーンでもたびたび使われます。そのため、会話で登場しても正しく理解できるようしっかり覚えていってください。

ドラスティックとは?

カナカナ語をそれほど使わない会社ではあまり耳にすることがないかもしれませんが、語源が英語であるため大手企業となると当然のように登場する言葉です。それではどんな意味をもつ言葉なのでしょうか。英語と日本語で意味合いは違ってくるのでしょうか?まずは使い方も併せて基本を学ぶことにしましょう。

ドラスティックの語源は英語の「drastic」

カタカナ語のドラスティックは英語の『drastic』が語源で、次のように複数の意味をもっています。

■徹底的な
■思い切った
■過激な
■極端な
■(薬の効果が)劇的な など

また、薬に関しては『drastic』だけで『劇薬』の意味もあります

日本語におけるドラスティックの意味

日本語においてのドラスティックは、根本的な土台の部分から覆すような大きな変化があったときのみ使われています。『徹底的な』『思い切った』以外にもこんな表現をすることもできます。

ドラスティックの意味
・過激な
・強烈な
・根本的な
・抜本的な

ビジネスではどう使われる?

強烈な変化が起こった際に使われるドラスティックですが、ビジネスではポジティブな変化を表すのが一般的です。

これまでの状況から180度転換するほどの変化がもたらされるとき。簡単にいうと白が黒になるほどの変化ですね。

たとえば、医薬品メーカーが医薬品の製造をやめ、研究のノウハウを活かして化粧品メーカーに生まれ変わり大躍進した。このようなポジティブで大きな変化を形容する言葉がドラスティックになのです。

[ビジネス版]ドラスティックの使い方・例文

会話の中では、主に「ドラスティックな~~」「ドラスティックに~~」といった使い方をします。そこで使用例をいくつか紹介しますので、あなた自身が使っている場面を想像しながら読んでみてください。

例文1
今回の事業再部編成は、会社にとってまさにドラスティックな改革だったといえるだろう。
例文2
〇〇県は今年知事が変わってからドラスティックに変化していることが明らかにわかる。
例文3

私って、たとえ付き合いが長い友達でも、「もう私とは合わない」と思ったらドラスティックに切っちゃうのよね。

ドラスティックの類語との違いを確認

世の中にはドラスティックと混同して覚えられている言葉がいくつかあります。今後あなたが正しく使えるように、代表的な言葉との違いをまとめてみました

ドラスティックとドメスティック

冒頭でもチラッと触れましたが、ドメスティックバイオレンスでおなじみの『ドメスティック』という言葉がありますよね。このカタカナ語のドメスティックは、『家庭的な、家庭の』や『国内の、国税の』を指す言葉で、響きが似ているドラスティックとはまったく異なる意味合いで使われます。

そして、ドメスティックバイオレンスは『家庭内の暴力』の意味ですので、ドラスティックバイオレンスとすると『徹底的な暴力』と解釈することもできるでしょう。しかし、『ドラスティックバイオレンス』と使うのは間違いですので覚えておいてくださいね。

また、ドメスティックについては以下の記事でわかりやすく解説していますので、併せて読んでみてください。
ドメスティックの意味や対義語とは?ビジネスや家庭に関する話題で登場する用語をチェック

ドラスティックとドラマティック

ドラスティックに似た言葉で、もう一つ『ドラマティック』があります。ドラマティックは『劇のように感動的、印象的』といった意味があり、主に人の感情、感覚の変化に使われます。

また、ドラマティックには『劇的』の意味もあります。物事が変化するときに使うといった点では同じですが、使う場面は異なるので混同しないようにしましょう。

[番外編]こんなところにもドラスティックが使われている

ここまでは主にビジネス用語としての『ドラスティック』について解説してきましたが、実は意外なところにもドラスティックが使われていることがあるんです。そんな意外な『ドラスティック』をいくつか紹介しておきますね。

THE YELLOW MONKEYの楽曲「ドラスティックホリデー」

THE YELLOW MONKEYの楽曲の中に『DRASTIC HOLIDAY(ドラスティックホリデー)』があります。

歌詞を読むと、ある女性と情熱的なひと時を過ごしている状況が見えるよう。

また、ファンクラブ限定で『THE YELLOW MONKEY SUPER FC PARTY 2017-DRASTIC HOLIDAY-』というイベントが開催されました。これは『いつもとは少し違った休日を過ごしたい』という意味が込められています。

このことからも、ドラスティックホリデー『劇的な状況の変化』を表す言葉だということが想像できますね。

accessの楽曲「ドラスティックマーメイド」

accessというアーティストの9thシングル『DRASTIC MAERMAID(ドラスティックマーメード)』には、歌詞の中にこんな言葉があります。

『恋するために生まれ変わる 君が今 惑わせる』
『夏に揺らめいた悲しい恋の終わりを すべて波に捨てて違う自分取り戻したいの?』

このセリフを投げかけている相手の大きな状況の変化を表していますね

メガネの通販ショップ「ドラスティッククレイジー」

クレイジーは『頭が狂っている』『熱狂する』『素晴らしい』『最高の』などの意味をもつ言葉です。

そして、ドラスティッククレイジー(drastic crazy)のブランドコンセプトは、『MADE IN 0778』。MADE IN JAPANは日本製を意味しますが、それと同じ考え方です。『0778』は、福井県鯖江市の市外局番。つまり、『鯖江製』に『徹底する』という意味をもつブランド名なんです。素晴らしい製品がたくさんラインナップされていますが、なんともクレイジーなブランドですよね。

ビジネス会話で「ドラスティック」が登場するかも!

職場で何か変化が起きそうなとき、もしくは起こったときにドラスティックが登場したなら、それはポジティブな変化です。もしかしたらこれからたくさんの『ドラスティック』が登場するかもしれません。そんなときは正しい意味を理解しながら上手に会話で使いこなしてください。