ノウハウの意味を簡単に!ビジネスで役立つ使い方・例文から類語の使い分けまでガイド

ノウハウとは「方法に関する知識」のこと

上司

今回のテーマはノウハウだよ。
ノウハウってよく聞きますけど、日本語のはっきりとした意味を僕は知らないです。わからないままなんとなく使ってました。

新人

上司

ノウハウはビジネス会話でもよく使用される単語だよ。しっかり勉強して使いこなせるようになろう!
新人君が意味をちゃんと理解せずに使っていた「ノウハウ」は、「方法に関する知識」という意味のカタカナ語です。「ノウハウ」を持っているかいないかで、ビジネスの結果が大きく変わってくることもあります。

「ノウハウ」について詳しくみてみましょう。

ノウハウの意味を簡単に解説

新人君のようになんとなくで「ノウハウ」を使っていると、表現したいニュアンスと言葉のチョイスが合っているのか不安になりますよね。「ノウハウ」の意味を学習し、自信をもって使用できるようになりましょう。

ノウハウの語源は「know-how」という英語

ノウハウの語源は英語の「know-how」です。「know=知る」と「how=方法」を合体させた言葉で、次のような意味があります。

know-how
【名】
・〔~するための〕専門知識、専門技能、実務知識、コツ
・〔生活していくための〕世渡りのコツ、処世術

英語を直訳すると「方法を知る」ですが、具体的にはこのような意味で使われているのですね。

カタカナ語のノウハウって?

カタカナ語の「ノウハウ」は次のような意味をもつ言葉です。

ノウハウ
・物事を行うために使える方法や知識の蓄積
・技術的な情報・知識
・技術競争で強みにできる情報・経験
MEMO
基本のやり方や方法をすでに身につけている人が、それらをさらに上手くこなすためのコツや秘訣が「ノウハウ」になります。

ノウハウの言い換え

「ノウハウ」には次のような類語があります。覚えておくとカタカナ語の「ノウハウ」を使いたくないときなどに便利ですよ。

ノウハウの言い換え表現
秘訣
・コツ
・要領
・攻略法
・奥の手
・裏技
・秘策 など

ノウハウの具体例

「ノウハウ」の意味がわかったら、次はどんなものが「ノウハウ」になるのかを考えてみましょう。ビジネスのなかには「ノウハウ」がたくさん隠れていますよ。

・企業の業務マニュアル
独自に開発した新しい技術やマーケティングテクニック
・特許で保護された技術的知識 など

企業が持つコツ、秘策、技術に関する情報などが該当していますね!

知識を得たら行動に移して「ノウハウコレクター」から脱出!

ビジネスでの「ノウハウ」は、持っていると得するビジネスマンの財産です。でも、「ノウハウ」を得るだけで満足していたら何の意味もありません。まさに宝の持ち腐れです。「ノウハウ」をゲットしたら使ってみましょう。

ノウハウコレクターとは?

ノウハウコレクターはネットビジネスで用いられる言葉。たくさんの「ノウハウ」を持っているのに、収益を思うように上げられない状態に陥っている人のことをいいます。

書籍や情報商材などで「ノウハウ」を得てはみたものの、それで満足してしまって実際の行動に移れず、ノウハウコレクターになってしまう人が多いです。

MEMO
ノウハウコレクターになりやすいのは、完璧主義の人や継続力がない人。

ノウハウコレクター脱出のヒント

趣味の一環として無料の情報源から「ノウハウ」を収集しているのなら、ノウハウコレクターでいるのも実害がないかもしれません。しかし、ビジネスに役立てようと時間やお金をかけてノウハウを集めたのなら、ノウハウコレクターでい続けるのは問題ですよね。

ノウハウコレクターを脱出したいときには、次のような方法を試してみてください。

①自分で考える:ノウハウによって期待できる効果を自分で考えたうえで行動する
②ノウハウの入手はひとつずつ:ちゃんと使ってみるまで次のノウハウは入手しない
③成功者から学ぶ:成功者コミュニティなど、成功者が集まる環境に参加してみる

[ビジネス版]ノウハウの使い方・例文

「勉強法のノウハウ」「スポーツのノウハウ」「家事のノウハウ」など、「ノウハウ」はいろいろな分野で使用されている用語です。

ビジネスでも頻繁に用いられるので、例文を通して「ノウハウ」を使ったビジネス会話のイメージを膨らませましょう。

ノウハウを教える

例文

新人

先輩!今月も営業成績トップおめでとうございます!僕にも営業のノウハウを教えてくださいよ。
バカいわないで。新人君だってゆくゆくはライバルになるんだから、ノウハウを教えるなんてもってのほかよ!

先輩

現役の営業マン同士だと、教える側にメリットがなくギブアンドテイクが成立しにくいので、同僚や後輩にノウハウを教えない人が多いです。

ライバルのノウハウを知りたいなら、見て盗む技術を研くことをおすすめします。

ノウハウを身につける

例文

上司

新人君、営業ノウハウを身につけたいなら僕のを教えてあげるよ。その代わり、しっかり結果を出して部署の成績に貢献してくれよ。
部長って現役のとき、成績トップだったんですよね!僕も部長みたいになりたいので、ぜひ教えてください!

新人

成績トップの営業マンも現役を退き管理職になると、今度は部下の売り上げ成績が自身の評価になります。部署の成績を上げるために、積極的に自分が持っているノウハウを部下に教え込んでいく必要が出てきます。

ノウハウを共有する

例文

新人

部長に教えてもらった通りに毎日顧客回りして、お客さんと仲良くなろうとしているんですが、どうもうまくいきません。
僕のノウハウは新人君には合わないみたいだ。困った。現役営業マンのノウハウを共有してもらって、新人君に合うノウハウを探さないとだなぁ。

上司

管理職になり営業に行く機会が少なくなると、営業の勘が鈍ってしまったり、新しいノウハウを編み出す機会を得られなくなったりします。それを補うため、管理職は部下や他部署の営業マンが持つ営業ノウハウを聞き出そうとします。

会社によっては営業成績上位者が営業成績下位者を指導することを義務化し、管理職が監督しているところもあります。

ノウハウを蓄積する

例文

先輩

ただいま戻りました!○○社との大型契約ゲットできました!!
(心の声:おっ!いいところに鴨が葱しょって帰ってきた)先輩君、お疲れ様。今夜は先輩君の武勇伝を聞きたいから一緒に飲みに行こう!

上司

先輩

(心の声:部長、またノウハウを蓄積して、部署に拡散しようとしてるわね。最新のノウハウだけは絶対隠し通さなきゃ!)飲みに行くのはいいですけど、長々仕事の話するのは嫌ですよ。
営業ノウハウは営業マンの財産ですが、溜め込むばかりではビジネスマンとしての成長速度が遅くなってしまいます。

常に新しいノウハウを編む出す努力を怠らず、代わりが用意できて隠す必要がなくなったノウハウは、他者に教えて会社に貢献する、という考え方を持つことが大切です。

ノウハウの類語2つと使い分け

「ノウハウ」には意味が似ているけれど、少しニュアンスが違う類語がいくつかあります。どのような意味なのかや、「ノウハウ」との使い分けなどを合わせて覚えておきましょう。

①:ハウツー

「ハウツー」の意味は「どのように~するか」「やり方」「方法」。物事を行うための基礎・基本になる方法や技術に対して使われることが多いです。

「ノウハウ」は基本の方法が身についている中級者以上向けの知識ですが、「ハウツー」は初心者向けの基本的な知識になります。

②:ナレッジ

「ナレッジ」は役に立つ知識という意味のカタカナ語です。本で読んだり、人から聞いたりして頭に入れた知識のこと。頭に入れただけなので、「ナレッジ」はまだ自分の血肉にはなっていません

「ノウハウ」は「ナレッジ」をもとに、自分で試行錯誤して昇華させた自分なりの「コツ」のことです。
ナレッジナレッジってどんな意味のビジネス用語?使い方からノウハウとの違いまでわかりやすく解説

ノウハウを身につけて仕事のスキルアップを!

「ノウハウ」はビジネスを効率よく進めるために使える、中級者以上向けの知識のこと。

自分で「ノウハウ」を編む出すもよし、ライバルから盗み取るもよし、誰かから教えてもらうもよし。さまざまな方法で得た知識を「ノウハウ」に昇華させて、効率よくスキルアップしましょう!