アサップ(ASAP)とは?どんな意味のビジネス用語?英語・日本語の使い方をわかりやすくガイド

アサップとは「なるべく早く」のこと!

上司

新人君。アサップで頼んでいた会議の資料作成どこまで進んでるかな?
えっ!?あさって(明後日)にすればいいんですよね?まだ何も手をつけていませんよ。

新人

上司

あさってじゃなくてアサップだよ。なるべく早くお願いねっていう意味だったんだ。
「アサップ」は「なるべく早く」という意味のカタカナ語です。使うときに少々注意が必要な言葉でもあるので、しっかり確認してみましょう。

アサップの意味をチェック

「なるべく早く」という意味のアサップですが、英語での会話やビジネスメールではどんな使い方ができるのでしょうか?また、日本語では他にどんな表現に言い換えできるのか、こちらも気になるところです。英語と日本語の意味をそれぞれ確認してみましょう。

アサップの英語は「ASAP」

「アサップ」は英語表記すると「ASAP」や「asap」、「A.S.A.P.」となります。「as soon as possible」の略語で、次のような意味があります。英文のビジネスメールで使われることもあります。

ASAP
できる限り速やかに、可能な限り早く
例文①
I will send you the file ASAP.
和訳:なるべく早くファイルを送ります。
例文②
Please return my call ASAP.
和訳:できるだけ早く私の電話に折り返してください。

アサップを日本語に言い換えると?

カタカナ語の「アサップ」は使いにくいというときもありますよね。そんなときには次のような言葉に言い換えることができます。

アサップの言い換え表現
なるべく早く
・できるだけ急いで
・なる早で
・(大)至急
・早急に など

アサップの読み方

「アサップ」は「エイサップ」ということもあります。

英語の「ASAP」の場合は、「エイエスエイピー」や「エイセァップ」と発音することもあるようです。

[ビジネス版]アサップの使い方・例文

ビジネスでの「アサップ」の使い方を例文でみてみましょう。シチュエーションをイメージしながら読んでみてください。

例文①

上司

八王子にオープン予定の新店舗スタッフ募集のハローワーク求人を出しておいてくれ。アサップで頼むよ!
わかりました。アサップですね!すぐに求人情報を出しておきます。

先輩

例文②

先輩

お客様駐車場の装置が故障してるわ。アサップで来てもらえるように管理会社に連絡してちょうだい。
悪天候のためにあちこちで交通事故が発生していて、管理会社の到着がだいぶ遅れそうです。アサップは無理みたいです。

新人

例文③

先輩

イベントのオープニングが前倒しになりそうだわ。次の演目をスムーズに始められるように、アサップで準備しておいてね。
はい!お客さんを待たせないようにアサップで頑張ります!

新人

アサップは目上の人・取引先に使っても問題ナシ?

カタカナ語の略語はかっこいいイメージで、使ってみたくなりますよね。でも、目上の人や取引先の人に使っても大丈夫なのでしょうか?みてみましょう。

カジュアルな略語として位置づける

「アサップ」はカジュアルな略語に位置づけされているカタカナ語で、すぐにしてほしいことを相手に頼むときに使うケースが多いです。

「アサップでお願い」をざっくり訳すと「なる早でやってね。頼むよ!」っていう感じになります。軽いうえに、上から目線の命令口調と思われかねないので、目上の人や取引先には使わない方が無難です。

先輩

「アサップ」を使って大丈夫かどうかは相手との関係性によるわね。

「◯日までにお願いいたします」が無難

「アサップ」が使われた場合、「なるべく早く」といわれているわけですが、「なるべく早く」の感覚は人それぞれ異なりますよね。頼んだ人は「今すぐやって」といったつもりでも、いわれた相手は「今やってる仕事が終わったら取りかかろう」と思うかもしれません。

期日のある仕事を頼む場合には「アサップ」ではなく、「◯日までにお願いいたします」としっかり期日を切って頼む方が確実です。

まだある!ビジネスで登場する略語

「ASAP」のほかにも、ビジネスシーンでよく使われる略語があります。略語をかっこよく使えるようにみてみましょう。

TGIF

「TGIF」は「Thank God It’s Friday」の略語です。アメリカで主に使われているスラングで、「God」の代わりに「Goodness」を使い、「God」の乱用を避ける人もいるそうです。

「Thank God It’s Friday」は「今日が金曜日であることを神に感謝します」や、「あぁありがたい、金曜日だ!」などの意味になります。日本語でいうところの「花金」ですね。

上司

あくまでスラングだから、正式なビジネスシーンで使うのは避けよう。同僚同士の雑談で使うのがおすすめだよ。

MTG

「MTG」は「meeting」の略語。「会議」、「打ち合わせ」のことですね。

話し言葉の中で「MTG」ということはあまり多くなく、メールや予定表などに文字で書くときに使うことの方が多いようです。「MTG」と書いて、「ミーティング」と普通に読むのはOK。

どこの業界でも「MTG」は使われますが、社風によってはあまり好まれないこともあります。自分の勤める会社で「MTG」が使われているか、様子見をしてから使用することをおすすめします。

先輩

「MTG」はマスコミやIT業界、海外と取引している企業で好まれやすい言葉。役所などは使わないことが多いわ。

FYI

「FYI」は「for your information」の略語。「ご報告まで。」や「ご参考まで。」という意味。基本的にはメールやネットワーク上などで使われる言葉で、件名のところに「FYI:~~」のように使うことも多いです。

相手に伝えておいた方がいいと判断した情報を、とりあえず伝達するときに使います。その情報を使うかどうかは相手次第。返信不要という意図も含まれています。

上司

「FYI」はカジュアルな言葉だよ。目上の相手や社外の人には使わない方が無難だ。

アサップは勘違い禁物のビジネス用語

「アサップ」は急いで仕事を頼みたいときに使われるビジネス用語です。もし、冒頭の新人君のように「あさって(明後日)」のことだと勘違いしていたら・・・えらいことになりますよね。

勘違いしないように、しっかり意味を覚えておきましょう!