変革の意味とは?言葉の使い方やビジネスにおける3種類の変革を解説

変革とは『物事を根底から新しく変化させること』

上司

社長からの命令で、人員不足を解消させるために社内制度を大きく変革するそうだ。
確かに近年の人員不足は深刻化していましたからね……。

先輩

新人

変革?改革するのではないんですか?どういう違いがあるんですか?

上記の会話で上司と先輩は『変革』という言葉を使っていますね。「改革」という言葉は日常的に使われるため聞き慣れている人も多いでしょう。しかし『変革』については聞き覚えがあるものの、「改革」とのはっきりとした違いを知らないという人も少なくありません。

そこでこの記事では『変革』の正しい意味や使い方、英語表記とともに「改革」との明確な違いもご説明します。意味をしっかりと理解していってくださいね。

変革の意味をチェック

変革とは『物事を根底から新しく変化させること』を意味します。根底から変化させるということは、先の会話文のような「社内制度の基本的な部分から見直し新しく変える」ということです。

変革の最大の特徴は『すべてを一新すること』といえます。前述の社内制度の例も、基礎から制度を作り変えるわけです。もしも「組織を変革する」となれば、組織のメンバーをすべて入れ替えることになります。

つまり「制度の一部を変更する」場合で変革という言葉は使用されないということです。このニュアンスをしっかりと覚えておきましょう。

変革の語源は?

変革の「変」は「変える」というそのままの意味を持っています。また「革」は「前のものを取り払って様子を変える」「改める」という意味です。2つの漢字は「物事を変える」ことを意味しており、似た意味の文字が重なって『変革』という熟語ができました。

ビジネスにおける変革はおもに3種類ある

企業をより長く存続させるためには、時代の変化とともに大きな変革が必要です。このビジネスにおける変革はおもに3種類あります。

◾️変化に適応する変革:経済不況や自然災害などの緊急事態のみならず、常日頃から少子高齢化やマーケットの縮小などの長期的な問題にも適応していく

◾️再生するための変革:時代の変化に適応できず業績が悪化して経営不振に陥ってしまった結果、事業を再生させるために社内変革していく

◾️変化を創出する変革:「時代がどう変化していくのか」などを予測して、それに備えて事前に変革を図る

先の2つの変革は事態が変化してから行なう変革であるのに対して、3つ目は予測的に行動する変革です。どれが正解というものありませんが、その時々で企業を存続させるための決断が必要だといえるでしょう。

新人

ビジネスにおける変革といっても3つの種類があるんですね!どれもそのタイミングによって必要ですね。

変革の英語表記

変革にはおもに5つのの英語表記があります。例文とともにご紹介しましょう。

    【change】
    Our company enters for the big change period.
    我が社は大きな変革期に入っている。

    【reform】
    We’ll tackle those reforms.
    私たちはそれの変革に挑戦する。

    【revolution】
    Evolution rather than revolution!
    急激な変革より徐々の改革を!

    【transformation】
    We are now obliged to make a third transformation.
    今、三度目の変革を迫られています。

変革と改革の違い

ここで、変革とよく似た言葉である「改革」について解説します。冒頭の会話文でもあったように、変革と改革の違いをよくわかっていない人も少なくありません。

改革とは「基礎はそのままで改めて変えること」です。つまり変革と改革の違いとは「どのくらいを新しく変化させるか」だといえます。

わかりやすく「家」で例えると、家を解体し新しく建て替えるのが『変革』で、キッチンだけをリフォームするのなら「改革」と考えられます。どちらも作り直すことが前提ですが、すべてなのか部分的なのかで言葉が異なります

変革の使い方・例文

それでは実際にはどのような使われ方をするのでしょうか。変革という言葉の使い方を例文でご説明します。

例文1

先輩

業界全体の需要が低迷していることから見ても、我が社は大変革が必要かもしれませんね。
そうだね、大変革には時間がかかるけども時代を生き抜いていくためには取り組むべき問題だね。

上司

例文2

上司

日本の教育制度は大きな変革期を迎えているようだね。
そのようですね、インターネットを活用した授業や生徒一人ひとりに学習用PCを配布するなど、従来の教育制度とはまったく違う方法になりつつありますよね。

新人

時代を生き残るために変革しよう

変革という言葉はおもにビジネスシーンで使用されることが多い熟語です。『物事を根底から新しく作り直す』ことを意味しています。類似語として「改革」がありますがまったく別の言葉です。すべてを作り替えるなら『変革』、基盤はそのままに一部を作り替えるなら「改革」と覚えておきましょう

またビジネスにおける変革が3種類あることをご説明しましたが、時代を生き抜いていくためには変化を受け入れなければなりません。どこかのタイミングで会社を変革させ、時代に合わせた企業として生き残っていきましょう。