明朗快活とはどんな意味?語源や使い方・類義語を例文とともに紹介

明朗快活とは『明るく朗らかで元気のある性格』

新人

先輩っていつも元気で明るい性格で、周囲をパッと明るくしてくれて素敵です!
え〜?そう?褒めても何も出ないわよ!

先輩

上司

そうだね、君の長所は明朗快活なところだといえるね。

上の会話でもわかるように『明朗快活(めいろうかいかつ)』とは人に対して使われる四字熟語です。明朗快活な人が周囲に1人でもいると、全体の雰囲気をパッと明るくしてくれます。

この記事では、明朗快活の正しい意味や使い方などを解説します。あわせて明朗快活を意味する英単語や、類義語の「明朗闊達」との違いもご紹介しますのでこの機会にぜひ覚えていってくださいね。

明朗快活の意味をチェック

冒頭でも述べたとおり、明朗快活とは『明るく朗らかで元気のある性格』や『くよくよとせず、明るく活気がある様』を表します。物事に使われるのではなく、人の性格を表現するときに使われるのが特徴です。

明朗快活の語源は?

明朗快活の語源についてご説明します。

「明朗」とは「明るく朗らかな様子」や「嘘やごまかしがない様」という意味です。また「快活」は「朗らかで元気がある様子」を意味しています。この2つの熟語が重なって『明朗快活』になりました。

似たような四字熟語として「明朗会計」という言葉がありますが、これは「会計にごまかしがなくはっきりしている様」という意味で、人ではなくお金に対して使われます。
人のみを対象に使用する明朗快活との違いを留意しておきましょう。

明朗快活の対義語

明朗快活の対義語として挙げられるのは「鬱鬱怏怏(うつうつおうおう)」という言葉です。これは「気分が晴れずに不満がある様子」を表しています。

「鬱鬱」は気分が晴れない様、「怏怏」は不平不満がある様を意味していて、まさに明朗快活と真逆の意味として捉えることができますよね。ここで注意していただきたいのは「怏怏」の漢字です。快適の「快」とは異なるためしっかりと覚えておきましょう。

就職・転職活動のときに使われることが多い

明朗快活は明るい性格を表すポジティブな四字熟語のため、就職・転職活動の際に履歴書やエントリーシートなどで使われることが多いです。

もちろんこの四字熟語だけでもどんな性格かを表すことができますが、できれば具体的なエピソードとともに述べた方がより相手に伝わりやすくなります。また「私は明朗快活な性格です」などと自分でいうのではなく、「友人からはよく明朗快活な性格だと言われます」と第三者の意見を取り入れることで、信頼度を高めることができるでしょう。

新人

確かに履歴書などは自分の性格について語ることが多いため、ぴったりな言葉ですね!

明朗快活の英語表記

明朗快活の英語表記には『bright and cheerful』と『cheerful and openhearted』があります。具体的には次のような使われ方です。

【bright and cheerful】

    He is bright and cheerful.
    彼は明朗快活だ。

【cheerful and openhearted】

    She was usually so cheerful and openhearted.
    彼女はいつもとても明るくて気さく明朗快活)でした。

明朗快活と明朗闊達の違い

明朗快活と似た言葉で「明朗闊達(めいろうかったつ)」という四字熟語があります。こちらは「物事にこだわりがなく明るい性格で器が大きいこと」や「おおらかな性格」という意味です。

「明朗」は同じ意味ですが、「闊達」は「小さいことにこだわりがなく、おおらかな性格」を意味しています。明朗闊達も明朗快活と同じように、物事ではなく「人に対して」使用される四字熟語だと覚えておきましょう。

一方、明朗快活とは明るく朗らかで元気のある性格です。対象となる人物の性格「朗らか」なのか「おおらか」なのかを見極めて使い分けてくださいね。

明朗快活の使い方・例文

それでは明朗快活とは、実際にどのように使われるのでしょうか。例文を2つ挙げてご説明します。

例文1

上司

君は明朗快活な性格で面倒見も良いから、新入社員によく好かれているね。
そうですか?なんだか照れてしまいますね。

先輩

例文2

新人

よし!オレも先輩みたいに明朗快活な性格を目指して、来年入社してくる新入社員が働きやすいような空気を作ってあげよう。
それはいい考えだね!でもその前に今の仕事を完璧にしなくちゃだよね。

上司

新人

あ…。そうでした。頑張ります!

明朗快活な人になって楽しく過ごそう

明朗快活な人は周囲を明るく元気にしてくれるだけではなく、自分自身も楽しく過ごせているはずです。これは元々の性格にもよりますが、誰でも気分を明るく元気に過ごすことはできますよね。ぜひ明朗快活な人になって楽しい人生を送ってください。

また明朗闊達との違いも理解して、相手の性格によって使い分けることを意識しておきましょう。