克己心とはどんな意味?読み方、使い方例文、類語、英語も解説!

克己心とはどんな言葉?

上司

この漢字、読めるかな?
かつみこころさん?

新人

上司

克己心は人名じゃないよ。

克己(かつみ)さんや心(こころ)さんという名前の人もいますよね。

でも、克己心と表記した場合は、ストイックに日々を過ごしたい人にピッタリな熟語になります。

克己心について学び、効率よく自分を鍛えてみましょう!

克己心の意味とは「欲望をおさえる精神力」

「克」には、力を尽くして勝つという意味合いがあります。「己」は自分自身を表す漢字です。

要するに、克己心とは自分自身に打ち勝つ心のことで、次のようなニュアンスになります。

克己心
自分の欲望をおさえる精神力

自分の目標達成を妨げる「あれしたい」「これしたい」という欲望や怠け心に打ち勝つ強い心が克己心です。

克己心の読み方は「こっきしん」

克己心は「こっきしん」と読みます

「克服(こくふく)」や「克明(こくめい)」の「克」と同じ漢字なので「こくきしん」と読んでしまう人もいますが、これは誤読です。冒頭の新人君のように「克」を「かつ」と読むのも誤り。

読み間違いしないように注意しましょう。

克己心の語源・由来

克己心は、古代中国の思想家・孔子(こうし)の教えをまとめた「論語(ろんご)」に由来する言葉です。

孔子は、弟子に「仁(他者を思いやる気持ち)とは何か?」と尋ねられたとき「克己復礼」と答えたと伝えられています。

「克己復礼」は「己のわがままに打ち勝って礼儀を守ること」という意味

この「克己復礼」が、克己心の語源といわれています。

克己心の使い方・例文

克己心は「高い・低い」ではなく「強い・弱い」で表現する言葉です。ほかにも、克己心が「ある・ない」や「養う・鍛える」などの言い回しもよく使われます。

例文1

上司

彼は強い克己心とたぐいまれな努力を武器に、アルバイトから大企業の社長まで上り詰めた。
例文2

先輩

剣道の鍛錬で育んだ克己心があるので、私はちょっとやそっとの逆境でくじけたりしませんよ。
例文3

新人

僕は克己心が弱いので、大きな目標を立てるのは向かないと思います。
じゃあ、ちょっと頑張れば達成できるような、小さな目標を積み重ねる階段方式で挑戦してみたらいいんじゃない?

先輩

克己心の類語は「自制心」

自制心は、自分の欲望や怒りなどをうまくおさえる精神力のこと。

「無駄遣いだけど欲しい!」「怒っちゃいけないのはわかっているけどぶちぎれたい!」など。爆発寸前の気持ちを鎮めて、欲求が再度沸き上がらないように制する心の働きを自制心といいます

自制心は「制御する」「鎮める」という意味合い。克己心は「打ち勝つ」イメージ。ニュアンスに若干の違いはありますが、基本的には同じ意味の言葉として使っても問題ありません。

克己心の英語表現は「self-control」

克己心を英語で表現するときには「self-control」を使います。

単語の確認をしましょう。

self:自分
control:制御

「self-control」で自分を制御するという意味になります。「self-control」は、自制心も表すことが可能です。

克己心は座右の銘にも使える

座右の銘で克己心を用いる場合「自分の欲望に打ち勝つ強い気持ちで、よりいい結果を目指す」というような意味合いになります。

自分自身のモットーとして掲げ、心の支えにしたり、自己紹介のフレーズに使用したり。克己心はいろいろ使えるので覚えておいて損はありません。

また、克己心に関連する名言も世の中には多数あるので、興味があったら調べてみてください。

克己心を意識して、目標達成までうまく自分を導いていきましょう