原点回帰とはどんな意味?人生や仕事に役立つ名言にもなる?使い方、類語、英語も解説!

原点回帰とはどんな言葉?

新人

原点回帰ですか?よくわからないですけど、難しそうな四字熟語ですねぇ。
いやいや。原点回帰はそんなに難しくはないんだ。むしろイメージしやすい意味だから、一度勉強したら忘れないと思うよ。

上司

新人

それを聞いて気が楽になりました。解説お願いします!

原点回帰は一見難しそうにみえますが、実はわかりやすい意味をもっていて、名言やスローガンにもよく用いられる言葉です。

ためになる話を聞いていても、熟語の意味が理解できなかったらもったいないですよね。

ビジネスで使用される原点回帰について学び、社会人にふさわしい国語力を身につけましょう!

原点回帰の意味とは「初めに戻ること」

原点回帰は、何かの目標に向かっていたのに壁にぶつかり、進めなくなってしまったときなどにピッタリな言葉です。

次のような意味になります。

原点回帰
ものごとの基本や一番初めに戻ること

注意してもらいたいのは、一番初めに戻るといってもスタート時に戻ってすべてをゼロにするというわけではない点です。

くわしいニュアンスを原点回帰の語源からみてみましょう。

原点回帰の語源・由来

原点回帰は「原点」と「回帰」に分けて考えると、言葉の成り立ちを理解できます。

「原点」=ものごとを考えるときの出発点や基準になるポイント

「回帰」=ひと回りして、もとのところに戻る

つまり、原点回帰は、ぐるりとひと回りしていろいろ経験をしたり知識を蓄えたりしてスタート地点に戻ってくるというニュアンス。

原点回帰は、完全にゼロに戻るわけではないことが読み取れますね。

原点回帰の読み方は「げんてんかいき」

原点回帰の読み方は「げんてんかいき」です。

戻ってくるという意味の「かえる」には「帰る」のほかに「返る」や「還る」があります。しかし「原点回返」や「原点回還」とは表記しないので注意しましょう。

原点回帰の使い方・例文

ビジネスでの原点回帰は、初心に返り基本に忠実になるという意味で用いられるのが一般的です。

原点回帰の使い方を例文でイメージしてみましょう。

例文1

新人

先輩の助言で原点回帰したら、今までとは違った視点でものごとをみることができました。
例文2

先輩

私たちの部署のスローガンは「今こそ原点回帰!」です。
例文3

上司

勤続20周年を迎えた人生の節目に、原点回帰の姿勢を改めて意識したよ。
部長みたいなベテランがここに来て原点回帰し、仕事を見つめ直したらどんな発見があるんでしょうね。

先輩

原点回帰の類語

原点回帰の類語になる四字熟語はありません。しかし、四字熟語にこだわらなければ、次のような言い方で原点回帰と同じ意味合いを表せます。

原点回帰の類語
・初心に立ち戻る
・初心忘るべからず
・初めの心意気
・新人の心意気

文字通りの意味でわかりやすい言葉ばかりです。話している相手に原点回帰のニュアンスが伝わっていないときには、これらの表現に言い換えてあげましょう。

原点回帰の英語表現

原点回帰を英語で表現するときには「return to starting point」といえばOK。

単語を確認してみましょう。

return to:~に帰る
starting:開始
point:点

「return to starting point」で「開始点に帰る」となります。原点回帰と同じニュアンスですね。

仕事や人生で迷ったら原点回帰しよう!

一心不乱に突き進んでいると、本来の目的からずれてしまったり「方針転換が必要なのでは?」と感じたりする瞬間もありますよね。

そんなときは基本に立ち返って、じっくり考える時間を作ってみましょう。

原点回帰することで、見落としていた何かをみつけられるかもしれませんよ。