クラウドファンディングの意味とは?種類とメリット・デメリットを紹介

クラウドファンディングとは『インターネットを通じた資金調達の方法』

新人

最近よく耳にするクラウドファンディングってなんですか?
ふるさと納税でも見かけることが多くなったよね。

上司

聞いたことはあっても、具体的にどういうことをやっているのかまで知らない人が多いのかもしれないですね。

先輩

なんとなく耳にしたことがある『クラウドファンディング』ですが、詳しい意味は知らないという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、言葉の意味や具体的な使い方などを詳しく解説しますので参考にしてくださいね。

クラウドファンディングの意味をチェック

クラウドファンディングとは、インターネットを通じて自分自身のやりたいことや夢などを発信し、それに賛同してくれた個人や企業などから融資を受けられる画期的な資金調達の方法です。名前の語源は、「群衆」(crowd)と「資金調達」(funding)が組み合わさってできた言葉だといわれています。

自分で事業を立ち上げる場合には膨大な資金が必要ですが、資金調達の手段は限られています。従来は、銀行などから融資を受けたりビジネスローンを組む方法が一般的でしたが、現代ではクラウドファンディングも有効な資金調達手段の1つとして知られています

出資者側からみても、自分が応援したいことに少額から支援できることなどから、大きな注目を集めています。

4種類に分けられるクラウドファンディング

クラウドファンディングは大きく4つの種類に分けられます

・寄付型:クラウドファンディングで集めた資金は全額寄付に充てて、出資者にリターンはない
・融資型:出資者は、利子という形でリターンを受け取る
・投資型:出資者は、プロジェクトの利益のなかから配当金という形でリターンを受け取る
・購入型:出資者は、サービスやモノなどの特典という形でリターンを受け取る
クラウドファンディングサービスを提供するサイトは数多くありますが、そのサイトによってどの種類を使用しているのかが異なるため、自分が希望する種類があるかチェックしておくことをおすすめします。

クラウドファンディングのメリット

クラウドファンディングを利用するメリットは、資金調達をしながら宣伝活動が行える点です。インターネットを使用することで、不特定多数の人に自分が始める活動のPRができます。

また、クラウドファンディングでは「どんなことをやりたいのか」などを明確に発信し、出資者に賛同してもらうことで「自分のファン」を作ることも可能です。そして出資者とのメッセージのなかで、自分では気づかなかった新しいニーズの探究もできます。

クラウドファンディングのデメリット

革命的なクラウドファンディングにもデメリットがあります。それは、もしもプロジェクトを始動したものの計画が頓挫した場合、プロジェクトの実行者は出資者に対して返金などの対応をしなければならない点です。

これは当たり前のようにも聞こえますが、プロジェクトの内容によっては巨額のお金が動いているため、返金作業も容易ではありません。

また、実行者が返金ができない場合には、出資者は何も返してもらえない可能性もあるわけです。トラブルを避けるためにも、多額の支援をする出資者は、あらかじめ実行者に対してプロジェクトの見通しなどを質問しておき、疑問点をなくしておくことをおすすめします。

上司

デメリットはあるものの、大きなメリットの方があることがわかったかな?

クラウドファンディングの英語は『crowdfunding』

クラウドファンディングは英語で『crowdfunding』と表記し、日本語と同じ意味で使用されます。具体的には、次のような使われ方です。

例文1
He raised $1 million by crowdfunding.
彼はクラウドファンディングで100万ドルを調達しました。
例文2
・I decide financing by crowdfunding to launch a new business.
新規事業を立ち上げるためにクラウドファンディングで資金調達を決意する。
例文3
・The crowdfunding is the wonderful system that anyone can easily raise a fund.
クラウドファンディングは誰でも簡単に資金調達できる素敵なシステムだよ。

クラウドファンディングとファンドレイジングの違い

似たような言葉で「ファンドレイジング」という言葉がありますね。ファンドレイジングとは、日本語に直訳すると「資金調達」です。

両者の違いですが、クラウドファンディングは前述の通り、インターネットを使って資金調達する方法の1つでした。そのため「ファンドレイジングをするための方法の1つがクラウドファンディング」と言い換えることができます。

クラウドファンディングの使い方・例文

次に、クラウドファンディングという言葉をどう使うのか、例文をあげてご紹介します。皆さんも言葉の使い方を理解して、ビジネスシーンで活用してみましょう。

例文1

先輩

子どもたちにもっと本をたくさん読んでもらうための書籍代として、100万円を目標にクラウドファンディングで資金調達しようと思っているんだ。
例文2
よし!僕も思いついたアイディアをクラウドファンディングで発信して支援者を集めるぞ〜。

新人

クラウドファンディングを理解し活用しよう

今回ご紹介してきたように、クラウドファンディングはインターネットを活用した資金調達の方法です。そのため、類似語であるファンドレイジングと重ねて使用すると重複に捉えられてしまうため注意してください。正しい意味を理解してから、適切なタイミングで使いましょう。