「on behalf of」の意味は?使い方や間違えやすい用法、類似表現も解説

新人

on behalf of?halfは半分ですよね。なにかが半分になるって意味でしょうか?
知ってる単語だけで適当に解釈するの、やめた方がいいよ。全然違うから!

先輩

on behalf ofはオフィシャルな場でも日常会話でも、頻繁に使われることが多いフレーズです。意味や使い方を知っていると、非常に便利。用法や文例、類似の表現について、まとめて解説します。

「on behalf of 」は「~の代わりに」の意味

「behalf」は味方、支持などを意味する単語です。前置詞との組み合わせで、使い勝手のよいフレーズになります。

on behalf of
~の代わりに/~を代表して

スピーチやビジネスメールでも使える表現

on behalf ofは、日常会話はもちろん、スピーチや契約書、ビジネスメールなど、オフィシャルな場でも使われることが多いフレーズです。具体的な使用例は以下の通り。

例文1
I’d like to say thank you on behalf of my family.
家族を代表してお礼を申し上げます。
例文2
I will answer on behalf of my colleague.
同僚に代わってお答えします。

間違えやすい用法に注意

on behalf ofの「of」の後には人やグループ、組織などが入ります。通常、物や行為に対しては使いませんので、注意しましょう。

また、混同しやすい言い回しにin behalf ofがあります。こちらは「~のために」の意味。前置詞が変わるだけで紛らわしいので、気を付けて!

例文
She worked hard in behalf of her children.
彼女は子どもたちのために懸命に働いた。

日常会話ではシンプルに「for」と表現されることが多いので、on behalf ofに比べると使用頻度は高くありません。

類似表現や言いかえは?

ここからはon behalf ofの類似表現とその使用例をご紹介します。

instead of

「~の代わりに」の意味で使えるフレーズ。on behalf ofが人や組織を対象になるのに対し、こちらは「of」の後ろに物や行為に対して使用します。

例文
She read a book at home instead of going out with her friend.
彼女は友達と出かける代わりに自宅で本を読んだ。

in place of

これも「~の代わりに」を意味するフレーズ。カジュアルな日常会話で使用します。「of」の後は人・物いずれもOK

例文
I spread cream cheese on bread in place of butter.
私はパンにはバターの代わりにクリームチーズを塗る。

as a representative of

「~を代表して」というフレーズです。スピーチなどで使われるフォーマルな表現で、日常会話の使用は少ないかも。

例文
He gave a speech at the conference as a representative of the laboratory.
彼は研究所を代表して会議で講演を行った。

おまけ:話題のZoomアカウント作成時にも登場

新型コロナウィルス流行下のリモートワーク推進で、利用の拡大したのがWeb会議ツール。中でもZoomは一気にユーザーを増やしました。

このZoomアカウントを新規作成する際に「Are you signing up on behalf of a school?」との質問が表示されることがあります。「どういう意味?」と戸惑う人が多かったとか。

これは「学校の代表者として登録していますか?」という意味。Zoomはオンライン授業のための利用者が多いため、教育機関向けにこうした質問が設定されています。学校の代表者であれば「Yes」そうでなければ「No」を選択すればOKです。

今後、海外発のサービスやWebサイトを利用する機会が増えると、on behalf ofに遭遇することも増えるかもしれませんね。

ぜひ覚えておきたい便利な表現

on behalf of日常のさまざまなシーンで使える便利なフレーズです。仕事で海外との接点がある人はもちろん、海外発のWebサービスなどに興味がある人は、覚えておくとよいでしょう。