『無垢』の意味とは?金属・木材での『無垢』って?類語・英語・対義語・使い方も紹介

『無垢』とは『汚れがなく純真』という意味

先輩

あなた、その情報完全に信じてたのね。ちょっと考えればウソだってわかるでしょ。
え?そうなんですか?これっぽっちも疑いませんでしたよっ!

新人

先輩

意外と無垢な人だったのね。

『無垢』とは、『垢が無い』こと。『垢』は、「お風呂に入って垢を落とす」の『垢』。ほかにも『水垢』『垢すり』など、『垢』はなんらかの汚れを表す言葉で、『無垢』は、そういった汚れがないことを指しています。

また、『〇無垢』『無垢〇』といった言葉もいろいろとあるため、それぞれを正しく解釈するためにも『無垢』の意味はきっちり覚えておきたいものです。

ここでは、類語・英語・対義語のほか、会話での使い方についてもわかりやすく解説していきます。

『無垢』には4つの意味がある

大まかには『汚れが無い』ことを指す『無垢』ですが、もう少し細かく分類すると、次の4つの意味をもつ言葉といえます。ちなみに、読み方は『むく』です。

『無垢』の意味

①汚れがなく純真なこと
②金や銀に混じりけがないこと
③仏門において、煩悩の汚れを離れ、清浄であること
④布地が無地で全体が同色であること

②~④の意味は、一部の分野でのみ使われますが、①は、一般生活の中でもビジネスシーンでも使われる意味です。

なお、『純真なこと』を『うぶ』と表現する場合もあります。

厳密には、『うぶ』とは『初々しく、世間に慣れていないさま』の意味なので、混同しないようにしましょう。

『無垢材』の種類は?

『無垢材』と聞くと、フローリングによく使用されている木材が頭に浮かぶ人が多いでしょう。この木材の『無垢』とは、天然の木を切り出して1枚の板に加工したものを指します。

一方で、『無垢』ではないフローリング材は『合板(ごうばん)』です。これは、複数枚の木材の板を接着剤で張り合わせて作っており、『無垢材』よりも安価なのが特徴です。

また、『無垢材』は木材だけでなく、『金属』を指す場合もあり、『金属無垢材』とも呼ばれています。わかりやすい『金属無垢材』は『24金』でしょう。

アクセサリーで『18金』というのもよく目にすると思いますが、この場合、金の含有度は75%。つまり『純真で混じりけが無い』とはいえないわけです。

『白無垢』とは?

『無垢』の4つの意味のひとつに、『布地が無地で全体が同色であること』がありますが、『白無垢』は、白一色であるという意味になります。

しかし、日本においては、『表地も裏地も白一色で仕立て上げられた和服』を指し、一般的には神前式のときに着る、和装の婚礼衣装のことをいいます。

昔の『白無垢』はデザインも素朴で真っ白な仕上がりだけど、現代では一番上に羽織る『打掛』と呼ばれるものを白にし、下の着物や襟に色見を差し込み華やかに仕上げている衣裳もたくさんあるわよ。

『無垢』の使い方・例文

『無垢』には、細かく分類すると4つの意味があり、使われる分野もさまざまです。そのため、会話での登場の仕方もいろいろあります。

例文

彼は無垢な人間だから、冗談で言っても信じちゃうよ。気をつけてね。

■リフォームのご依頼のあったお客様から、「フローリングは無垢にしてほしい」と依頼があった。
■ここの金属は無垢にしたいところだが、予算の都合上18金にするしかない。
■このワンピースは無垢の生地で作ることにした。

例文の『無垢』の意味がよくわからなかった人は、もう一度【『無垢』には4つの意味がある】の項目に戻ってみてね。

『無垢』の類語・対義語

『無垢』をほかの言葉で表したい場合はこんな言葉が使えます。

無垢の類語(性格・性質編)

・心が綺麗
・汚れていない
・純粋
・清純 など 

無垢の類語(素材編)

・余計なものがない
・濁りがない
・よごれていない
・清浄 など

『無垢』の対義語は、『汚れて無い』の反対の言葉で、『不純(ふじゅん)』『煩悩(ぼんのう)』『邪心(じゃしん)』『不浄(ふじょう)』があげられます。

【不純】
純真ではないこと。

 

【煩悩】
心身を悩まし、心をかき乱したり汚したりする精神的な作用。

 

【邪心】
悪い心。

 

【不浄】
清浄ではないこと。汚れていること。

『無垢』の英語表現

『無垢』を英語で表したい場合、次の単語が使われます。

【pure】
純粋な。澄んだ。汚れのない。混じりけがない。

 

【innocent】
率直な。無邪気な。純真な。潔白な。

なお、素材が『無垢』である場合には『中まで同じ物質の』を意味する『solid』を使う場合もあります

各分野の『無垢』の意味を理解しよう

住宅関連や、金属素材の話をしているときに、『無垢』を『純真である』と解釈すると話が通じないことがあります。大まかには同じ意味にはなりますが、それぞれの分野での解釈は異なるので、正しい意味をきちんと覚えて使いこなしてください。