Tipsとはどんな意味?読み方は?使い方と例文、類語や英語も紹介

Tipsとは「ちょっとしたコツ」という意味

新人

横文字!?僕、英語が大の苦手なので今回は教えてもらっても理解できる自信がありません。
まぁまぁ、そう及び腰にならないで。Tipsは、覚えておくと得するワードだから頑張ろう!

上司

新人

得できるんですか?それなら、ちょっと頑張ってみようかな~。

Tipsは「ちょっとしたコツ」という意味のワードです。

「横文字だから苦手」っと、新人君のように無条件で敬遠したくなる人もいるかもしれませんね。でも、勉強するとちょっと得できるかもしれませんよ。

Tipsを身につけて、社会人としてレベルアップしましょう!

Tipsの意味は?読み方は?

Tipsには、複数の読み方があり「チップス」「チップ」「ティップス」のどれかがカタカナ表記に使われます。

Tipsの核になる意味は、覚えておくと役立つちょっとしたコツやテクニック。

知らなくてもどうにかなるので、別に困りはしないけれど、知っているとちょっと楽になるのがTipsです。

Tipsは、使用するシチュエーションによってニュアンスが異なる意味になります。

ビジネスにおけるTips
問題解決に役に立つちょっとしたヒントやアドバイス
ITにおけるTips
コンピュータやソフトウェアを操作する際に役立つ裏技やテクニック
投資信託におけるTIPS
物価連動国債(ぶっかれんどうこくさい:物価指数の動きに合わせて元本が変化する国債)のこと。「Treasury Inflation-Protected Securities」の略で「TIPS」

文脈に応じて適したニュアンスを選べるように、分野ごとのTipsの意味をおさえておきましょう。

Tipsの使い方・例文

「ちょっとしたコツ」を意味するTipsは、職場での会話ではどのようにして用いるのか気になりますね。

一般的なビジネスとIT、それぞれのTipsの使い方を例文でイメージしてみましょう。

例文1

部下

テレワークって意外に難しいですね。もっと効率的な方法を探さないと無駄が多くてダメです。
知り合いの社長がTipsを教えてくれたよ。彼の会社は従来からテレワークを取り入れているから、独自のTipsをもっているんだ。

上司

例文2

新人

新しいソフトウェアになったら、作業に時間がかかるようになってしまいました。前のソフトウェアならTipsが使えたから、手っ取り早く進められたのに・・・。
こっちのソフトウェアを活かせるTipsもちゃんとあるわよ。私のTips集を貸してあげるわ。

先輩

Tipsの類語

Tipsの意味はわかっていても、社風によっては横文字を会話に差し込むのは難しいという場合もありますよね。

そんなときに使えるTipsの類語も覚えておきましょう。

Tipsの類語
・助言
・ヒント
・コツ
・アドバイス

Tipsの類語は、普段よく使用するなじみの言葉が並んでいますね。類語とセットで頭に入れておくと、Tipsの意味も忘れにくくなりますよ!

Tipsは英語だと?意味は?

Tipsの語源は英単語のtip。tipは次のような意味です。

tip
・先、先端、頂上、頂点
・先端につけるもの
・内密の情報
有益なヒント、助言
・チップ、心付け

日本語の一種としてTipsを使うときは「ちょっとしたコツ」がひとつでも2つでもTipsといいます。

しかし、英語の場合は、単数と複数で単語の形を変えなければなりません。tipの場合、複数形はtipsになります。

また、日本語のTipsは「先、先端」や「チップ、心付け」という意味では使用しません。

MEMO
tip on:内報、助言、ヒント、秘訣
tips for:~へのアドバイス
tips and tricks:ヒントとコツ

Tipsを上手に使ってビジネスを効率的に進めよう!

Tipsは、複数の意味をもつ言葉です。ビジネスでは「ちょっとしたコツ」というニュアンスで使うのが一般的なので覚えておきましょう。

知らなくても別にできないことはないけれど、知っていればもっと効率的に物事を進められるのがTips

Tipsのあるなしで作業効率が大きく変わってくる場合もありますよ。Tipsをうまく活用して、ビジネスを効率よく進めていきましょう!