「精査」の意味とは?「調査」との違いは?使い方、類語、英語表現など詳しく解説!

「精査」とは「詳しく調べる」という意味

精査」「検査」「調査」…似たような言葉がたくさんあって違いがわかりません

でも…まぁいっか、調べるの面倒だし

ちゃんと精査しなさい!

先方に渡す資料はよく精査しておくように

このように上司に言われて「精査って何よ?」と頭を悩ませたことがあるかもしれません。

ですが、「精査」の意味は簡単。「詳しく調べる」です。「精」は「精密」や「精巧」など「細かい」という意味を持つ文字。

『だったら、最初から「よく調べといて」って言ってよ。悩んでる時間で何度も「精査」できたわ!』と憤慨する気持ちも分かります。ですが、「精査」は意外とよく使われる表現なので、これを機会にマスターしておきましょう。

「精査」の使い方・例文

「精査」の具体的な使い方を例文を通して確認していきましょう。

「精査」を使った例文

・問題の原因を精査する

・政府は影響を精査中と発表

・こちらで精査した後、ご連絡させていただきます

精査中のため、少々お待ちください

・ご精査のほどよろしくお願いします

「精査」は少々お堅い表現なので、日常生活で使う機会はあまりないかもしれません。ですが、ビジネスシーンでは度々登場するワード。

「精査」の2文字で「詳しく調べること」を表現できるので、文章を簡潔にしたいとき、文字数が限られている見出しや記事のタイトルに使う場合に適しています。

「ご精査」として目上の人に「精査」をお願いする際にも使用可能。

「精査」の類語

「精査」の類語表現についても確認していきましょう。

「精査」の類語

・調査(ちょうさ)

・検査(けんさ)

・審査(しんさ)

・査収(さしゅう)

要は全て「調べる」なのですが、微妙に違います。「調べること」はどの分野、業界でも重要なことなので、それに伴う表現も覚えておきましょう。

「調査」は「調べて物事を明らかにすること」。「調査」より、「細かく・詳細に」を強調した表現が「精査」。

他の表現にも言えますが、「調査」だからといって「細かく」調べないわけではありません。あくまでも表現の違い。「調査」にも「細かく調べる」という意味合いは含まれています。

『前回は「精査」してくれとあったから細かく調べたけど、今回は「調査」だからそれなりでいいか』ではありません。

「検査」は「悪いところがないか調べること」。健康診断では「要検査」「要詳細検査(要精査)」と使い分けられています。

・要検査⇒悪いところが見つかったけど、一時的なものかもしれないからもう一度チェック

・要詳細検査(要精査)⇒悪い所があるか判断できなかったので、別の方法でもう一度

「審査」は「詳しく調べて優劣・合否・採否等を決めること」。採用試験やオーディションなどで使われますね。

「査収」とは「よく調べて受け取る」という意味です。書類やメールの受け渡しの際に使われます。

「査収」について詳しくはこちら。

「ご査収」とは?上司や取引先への使い方(例文つき)・英語表現など気になる情報を総まとめ

「精査」の英語表現

「精査」は英語ではどのように表現できるのでしょうか。

「精査」を英語で

Please carefully examine the documents

⇒書類の精査をお願いします

書類等の「精査」は「carefully examine」で表現できます。簡単に「check the details」でも伝わります。また、事件や状況の「審査」は「closely investigate」。

ビジネスや政治で「精査」は登場する

「精査」はビジネスや政治の話題でよく目にする表現。経済新聞やビジネス雑誌などで目にすることも多いはず。これを機会に使いこなせるようになりましょう。