「順次」の意味とは?「随時」との違いは?使い方や類語、英語表現など詳しく解説!

「順次」とは「順に」という意味

順次」といったら…おとぼけ芸能人かホラー漫画家かな

字が違うし…それに人の名前じゃないわよ

順次発送いたします

通販や郵便を利用する際によく目にするメッセージですよね。これは送る品の準備ができ次第、順に発送していくという意味です。

「順次」とは「順に」という意味です。日常からビジネスシーンまで幅広く使うワードではないでしょうか。

また、人の名前としても使われています。ちょっと上の年代の人に多いイメージ。ちなみにテキトーな言動が売りのタレント、高田純次さん、グロテスクな描写を得意とする鬼才漫画家、伊藤潤二さんも「じゅんじ」ではありますが漢字が違います。

「順次」の使い方・例文

「順次」の使い方を例文で確認していきましょう。

「順次」を使った例文

順次対応していくので少々お待ちください

・無料配布を順次廃止していくことが決定した

順次公開していくのでお楽しみに

順次進行は簡単だから習得するようにね

「順次」は少々フォーマルな表現なので、日常会話で使うと違和感があるかもしれません。「順に回していって」というところを「順次回していって」というと「順次さん」がしゃしゃり出てくるかも…というのは冗談ですが、普通に「順番」を使った方が無難です。

書き言葉で使われることが多く、ビジネスシーンでも会話で使う際は聞き取られないことがあるかもしれません。人や状況を見て「順番」や他の表現を使いましょう。

音楽用語で、隣り合った音階の音へ移動することを「順次進行」といいます。比較的簡単でポピュラー音楽ではよく使われているようです。

「順次」の類語

「順次」の言い換え表現にはどのようなものがあるのでしょうか。いくつか紹介していきます。

「順次」の類語(言い換え表現)

・逐次(ちくじ)

・逐一(ちくいち)

・随時(ずいじ)など

「逐次」はあまり聞かない表現ですが、「順次」と同じく「順を追って」という意味があります。

また、「逐次」と似た表現の「逐一」は比較的よく使うのではないでしょうか。

順次報告してください

逐一報告してください

「逐次」と違い、「逐一」は「順次」とは少々意味が異なります。「逐一」も「順を追って」という意味を持ちますが、「漏らさず全部」という意味合いが強い表現。「逐一報告」は最初から最後まで、何から何まですべて報告するということです。

「随時」は「順次」と語感こそ似ていますが、まったく意味の違う言葉。「随時」の意味は「いつでも」。「随時報告」は時々報告してください、という意味になります。

「順次」の英語表現

「順次」を英語に訳す際には中学校で習うあの表現が使えます。

「順次」を英語で表現

We will update you as soon as we can

⇒情報が入り次第、順次お伝えしていきます

「as soon as(するとすぐに)」は「順次」の持つニュアンスを正しく表現できていると思います。また、発送に関しては、「first come first served(先着順)」がよく使われます。

類語表現も一緒に

「順次」はよく目にする表現であり、意味も難しくはないので、「逐一」や「随時」などの似た言葉も一緒に覚えておくといいでしょう。