「社長様」とは?間違いとも限らない?手紙やメールの宛名の正しい書き方も解説!

「社長様」は基本的に間違い

ちょっと!メールの宛名が変なことになってるよ!この間教えたばかりでしょ
すみません、普段そう呼んでるのでつい…

(普段、「社長様」って呼んでるってこと…!?)

「社長様をはじめ…」「社長様のおっしゃる通り…」といったように、会話の中で「社長」に「様」をつけている人がいるかもしれません。

「社長様」は基本的には間違い。「社長」は役職名ですが、敬称を含んでいるので単体で使用します。「会長」「専務」「部長」等も同様です。

ノリやヨイショで「社長様」と使う分には問題ないでしょう。呼ばれた方も悪い気はしないと思いますが、言葉使いに厳しい人には注意されるかも。

もちろん、宛名や文章の中でも「社長様」は使いません。

「社長様」は日本では間違いだけど…

「社長様」は日本では間違いです。しかし、韓国では「社長様」と表現するのが一般的

外部の人間に対して、自社の社長を呼ぶ場合であっても「様」を付けます。

インターナショナルな時代なので、韓国系の企業と交流することもあるでしょう。その際にこのことを頭に入れておくと相互理解が深まるかもしれません。

「様」は名前の後に

「社長様」は間違いですが、宛名では役職名と名前を分けて名前の後に「様」をつけます。

株式会社●●●

社長 〇山〇太郎 様

「株式会社●●●● 〇山〇太郎 社長」でも問題ありませんが、宛名の場合は役職名と名前を分けて書くのが一般的とされています。

正しい宛名の書き方

ついでに、その他の宛名の書き方もおさらいしておきましょう。

・個人宛て⇒様

・会社・団体宛て⇒御中

・返信用封筒の自分宛て⇒行

返信用封筒を同封する際、宛名の自分の名前に敬称はつけません。逆に返信用封筒を受け取った際は宛名(相手の名前)の「行」を訂正して「様」にします。

その他、「各位」や「殿」の使い方についてはこちらをご参照ください。

「御中」の意味・使い方は?封筒・メールでのマナーや類語、英語表現を解説!

失礼になる可能性も

敬う気持ちが勝って、つい「社長様」と呼んでしまうことがあるかもしれません。かえって失礼になってしまう可能性があることも頭にいれておきましょう。