「差し出がましい」の意味とは?使い方や類語、英語表現などを詳しく解説!

「差し出がましい」は「出過ぎた言動」

差し出がましいとは思いましたが、先輩の代わりに今月のチーム目標を考えておきました

それは助かるよ!

裏目標として「先輩のダイエットを応援しよう!」も

それは…差し出がましいかな

「差し出がましい(さしでがましい)」には「出過ぎた言動」という意味があります。余計な口出しや、立場を超えた行いなど。

人に対して使うと悪口でしかありませんが、ビジネスシーンでは「クッション言葉」としてよく使われています。

「クッション言葉」とは、相手に何か伝える際に一言添えて印象を和らげるための言葉のことです

「差し出がましい」の使い方・例文

「差し出がましい」の使い方を例文で見ていきましょう。

「差し出がましい」を使った例文

・他部署の私が意見するのは差し出がましいことですが、チーム内の報告・連絡・相談はもっと密にした方がいいと思います

 

差し出がましいことを申し上げますが、このデータには誤りがあるようなのでもう一度見直ししていただけないでしょうか

 

差し出がましく存じましたが、OBの立場として意見させていただきました

 

差し出がましいことをしてしまいまして、大変申し訳ありません

 

差し出がましいことはなるべくしないように

何か意見やお願いごとを相手に伝えたい際に、ストレートにいわずにクッション言葉として「差し出がましい」を入れます。こうすることで柔らかな印象に。いいにくいことがある際に便利な言葉です。

謝罪や注意する際にも使えるので、ビジネスシーンでは重宝しますね。

「差し出がましい」の類語

「差し出がましい」を言い換え表現にはどのようなものがあるのでしょうか。いくつか紹介していきます。

「差し出がましい」の類語(言い換え表現)

・おこがましい

・厚かましい(あつかましい)

・僭越(せんえつ) など

これらもクッション言葉として「おこがましいですが」「厚かましいこととは存じますが」のように使用することができます。

「僭越」は目上の人や公の場などよりフォーマルな表現をしたい際に使える言葉。「僭越ながら」と続けます。

「僭越」を使った例文

僭越ながら私が同行させていただくことになりました

 

僭越ながらご挨拶させていただきます

「差し出がましい」の英語表現

日本語のようにへりくだった表現はあまりしませんが、「dare to」を使うことで婉曲な表現にすることができます。

「dare to」を使った英語例文

・I dare to say you

差し出がましいようですがいわせていただきます

「差し出がましい」は様々なシーンで使える便利な言葉

「差し出がましい」は悪口のようで、意見やお願い、謝罪など様々なシーンで使えるビジネスに役立つフレーズ。これさえ知っておけば、角を立てることなくいいたいことを主張することができますね。